ムコダインという薬では後鼻漏が治らないって本当?

後鼻漏になるとムコダインという薬をもらう人が多いと思います。
私も後鼻漏で悩んでいた時期は、どの病院へいってももらっていました。

しかし、ムコダインをどれだけ飲み続けても治らなかったです。
あなたもムコダインを飲み続けている割には、治らないという状況ではありませんか?

後鼻漏を完治するためにはこのままムコダインを飲み続けているだけではなく、ほかの方法も試したほうが
いいと思います。ここからは、後鼻漏の正しい治療法についてお話していきます。

ムコダインが後鼻漏に効果がない理由

病院で後鼻漏と診断されると、ほとんどの人はムコダインなどの去痰剤を処方されます。
でも、効果を実感できている人はあまりいません。

私も後鼻漏で悩んでいた時に、ムコダインをよく処方されていました。
でも飲んでも痰が絡みにくくなるくらいで鼻水の量が減ったり、口臭や頭痛などがなくなることはありませんでした。
私は後鼻漏の鼻水が1日中降りてくるから、目の前のことに集中できなくて、何をするにも時間がかかっていました。

後鼻漏になる前と同じ時間に起きているはずなのに、いつも出掛ける時間になっても朝の火事が終わっていなかったり、
ルーティンワークをしているだけなのに、いつもよりも時間がかかってしまいました。
最初は後鼻漏が関係していると思っていなかったので、どうしてか不思議でした。

でも、後鼻漏について自分でしらべているうちに「鼻水が気になって集中力が低下する」ということを知って、納得
したのです。

ムコダインは痰をきれやすくするから、喉に流れてくる鼻水も柔らかくして喉に絡まなくする効果が期待できます。
私もムコダインを飲んでいるときは鼻水が絡むのが減って、集中力が少し戻っていました。
でも、ムコダインを飲むのを辞めるとすぐに症状が元に戻るから、「一生飲み続けないといけないのかな?」と不安
でした。

ムコダインは長期的に飲まないほうがいい理由

ムコダインは後鼻漏で悩んでいる人によく処方される薬ですが、長期的には飲み続けないほうがいいです。
私は後鼻漏の症状なのか、ムコダインの副作用なのかよくわかりませんが、食欲不振になりました。

ムコダインの副作用を調べてみると、赤ちゃんからお年寄りまで飲める安全性の高い薬でした。
でもどんなに安全性が高くても副作用はあります。
ムコダインの副作用は下痢、腹痛、皮膚発疹、肝機能障害、食欲低下などです。

後鼻漏の症状にも下痢、腹痛、食欲低下はあるので、後鼻漏の症状を悪化させるような副作用ですね。
後鼻漏は鼻の奥の副鼻腔炎から鼻水が1日中流れてくるから、常に吐き出すか飲み込まないといけなくなります。
外出中は吐き出すことができない場合がほとんどだから、大半の人は飲み込んでしまいます。

ネバネバで細菌が繁殖している鼻水をずっと飲み続けていたら胃もたれを起こして、胃の働きが鈍くなります。
そうすると、胃の膨満感が出るから食欲がわかなくなるのです。
私も後鼻漏のとき食事の量がどんどん減っていって、痩せてしまいました。

しかも、後鼻漏で鼻詰まりがひどくて呼吸がしづらいから、酸素量も減って体の機能はかなり低下していたと思います。
体力もなかったし、気力もなくて、毎日夕方には疲れ切っていました。

ムコダインを飲んではいけない人

ムコダインは安全性の高い薬ですが、飲んでいけない人がいます。
それは、持病を持っている人です。

ムコダインは副作用で肝臓や心臓に負担をかけます。
だから肝障害、心障がいの人は飲んではいけません。ほかには、妊娠をしている人ですね。
こうした人はムコダインを飲まないほうがいいし、妊娠を希望している人も飲まないほうがいいです。

後鼻漏の治療が長引くことが多いのにムコダインを飲んでいる間、妊娠できないのは女性にとって困りますよね?
そこで、妊娠している人にも影響がない方法で治療をしましょう。

ムコダインを飲まない後鼻漏の治療方法

ムコダインは妊娠を希望している人や妊娠中の人は飲まないほうがいい薬。
長期的に治療する必要があるのに、これでは困りますよね?

そこで、ムコダインに頼らない方法で後鼻漏を治療できないか調べてみると漢方がありました。
漢方で後鼻漏の鼻水と胃もたれ、食欲低下が治ったという人の体験談があったのです。

「漢方の考え方では後鼻漏などの鼻の病気は胃腸が弱っているから起こるから、後鼻漏を治療するためには、
胃腸の働きをよくすることが効果的といわれている。胃を健康にする漢方をもらったら、1か月ですっかり
よくなった」

「漢方で後鼻漏を治療するといいと聞いて、さっそくやってみることに。通販でツムラの漢方を買ったら2か月
かからないくらいで後鼻漏を完治できた。今でも飲み続けてるけど、冬が本格化しても症状が悪くならない」

このように漢方で効果を実感している人が多かったです。
でも飲み続けないと症状が治らないから、完治したとは言えないと思います。
薬を飲み続けていると、治療をずっと続けていることになるので、精神的な負担がありますよね。

しかし、漢方は漢方で妊娠中の人は「医師に相談しながら必要最低限の量を飲む」という決まりがあります。
中には飲んでもいいものもありますが、医師への相談・報告は必須なので安心はできません。

漢方には痰を柔らかくする効果が期待できるものはありませんので、ムコダインと同じような効果は期待できません。
症状を抑えるか、痰を柔らかくするか、薬ではどちらかの効果しか得られません。

なた豆茶で後鼻漏を完治した私の話

ムコダインも後鼻漏を完治する効果がないし、漢方もダメとなるとどうやって治療すればいいのか
わからなくなってしまいますよね?

そこで、私の体験談を参考にしてもらいたいです。
私は後鼻漏をなた豆茶というお茶で完治しました。
なた豆茶は鹿児島県産のお茶で、排膿作用と抗炎症作用が期待できます。

後鼻漏は鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまることで発症するから、その原因となっている鼻水を取り除くことが必須。
なた豆茶に含まれている排膿作用が期待できるカナバニンは、まさにこの効果なので後鼻漏治療に向いていますよね。
また、細菌が繁殖している鼻水が喉や胃に流れてくるせいで炎症を起こしてしまいます。

なた豆茶に含まれている抗炎症作用が期待できるコンカナバリンAで、こうした炎症を緩和しやすくなります。

私はなた豆茶を飲み始めてから鼻詰まりが解消して、喉のヒリヒリ感がなくなりました。
しかも、治り方が気持ち良くてじわじわ治ってくるのではなく、たまっていた鼻水が塊でドバーっと出てくるのです。
一気に症状が激変する感じで、スカッとしますよ。

ムコダインの体験談には「痰が減った気がする」とか「鼻水が絡まなくなった」というものがほとんどでした。
でも、なた豆茶の体験談をみてみると「後鼻漏が完治した」「久しぶりに鼻呼吸した」など、もっと効果があった
と思われるものが多かったです。

ムコダインは後鼻漏で流れてくる鼻水を、飲み込みやすくする効果しか期待できません。
でもなた豆茶は後鼻漏の完治まで期待することができます。
期待できる効果がぜんぜん違うので、1か月間試してみてください。

去痰剤にはさまざまな種類がある

去痰剤はムコダインが有名ですが、ほかにもさまざまな種類があります。
ここからは、去痰剤の種類を紹介していきます。

気道粘液溶解薬はビソルボン、気道分泌細胞正常化薬はクリアナール、スペリア、気道狡猾薬はムコソルバンなど
があります。ムコダインは気道粘液修復薬です。
どれも似たような効果で痰を柔らかくして、切りやすくします。

痰を柔らかくしてくれるから飲み込みやすくするだけで、後鼻漏の治療をする効果は期待できません。
ですので、ムコダインで痰の症状を抑えつつ、なた豆茶で治療するのがいいと思います。

後鼻漏は原因の副鼻腔炎を薬で治せば完治するの?

風邪をこじらせたり、花粉症で急性副鼻腔炎になってしまう人は多いです。
鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまい、鼻詰まりが起こる病気です。

そして、この急性副鼻腔炎が悪化すると慢性副鼻腔炎になって、後鼻漏になります。
後鼻漏はネバネバした鼻水が喉に流れるとても不快な症状です。

薬が効果がないといわれているのですが、原因となっている副鼻腔炎を治せば治ります。
完治まで時間がかかっている人が多いですが、完治できる症状なので安心してください。

後鼻漏は病気ではない

後鼻漏は知名度が高くなってきたので、知っている人がどんどん増えてきています。
しかし、誤解している人もいるので、ここで詳しくおさらいしておきましょう。

後鼻漏とは病気ではありません。
慢性副鼻腔炎などで、鼻の奥にたまっていた鼻水が喉に流れる症状のことをいいます。

健康な人でも鼻水が喉に流れるものですが、後鼻漏の場合は副鼻腔にたまっていた鼻水なので細菌が繁殖して
います。細菌まみれの鼻水が1日中流れてくると、喉は炎症を起こしてしまいます。
慢性副鼻腔炎で副鼻腔にも炎症が起きていて、喉にも炎症が起こるので、鼻とのど両方が痛むことに。

呼吸器の調子がここまで悪くなると、吸える酸素量も減るから全身のはたらきが弱くなってしまいます。
特に脳に酸素がいかなくなるから、集中力も思考力も低下してしまいます。
車の運転をしていて事故を起こしそうになったり、大事な忘れ物をしてしまったりと生活に支障が出てしまいます。

慢性副鼻腔炎になる原因まとめ

慢性副鼻腔炎になる原因は、個人差があって一概にはいえません。
私の場合は風邪をこじらせたことで、急性副鼻腔炎になったことが原因でした。

慢性副鼻腔炎の原因について調べてみると、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌に感染する
ことでなります。気管支喘息でなる場合もあるし、アレルギー性鼻炎である場合もあります。
原因がはっきりしていない人も多いと思いますが、はっきりしていなくても問題ありません。

その理由は、後鼻漏になると原因を解決しようとしても薬が効かないからです。
後鼻漏になるほど悪化してしまうと、慢性副鼻腔炎の薬は効きません。

慢性副鼻腔炎に効く薬は抗生物質と去痰剤といわれています。
実際にこの薬で完治する人もいるのですが、後鼻漏にまでなっているとなかなか完治しません。
ですので、薬以外の方法で治療したほうがいいでしょう。

慢性副鼻腔炎を治療するために必要なこと

慢性副鼻腔炎を治療するために必要なのは、副鼻腔にたまっている鼻水を排出することが最優先です。
処方薬や市販薬には、鼻水を排出する効果が期待できるものはありません。

ですので、薬以外で鼻水を排出する方法を試してみましょう。
体を温める、デトックス効果が期待できる食べ物を食べる、体のコリをほぐすなどの対策をしてください。
体を温めるのは厚着をすることと温かい飲み物を飲むこと、両方すると効果的です。

デトックス効果が期待できる食べ物は食物繊維が豊富で、酵素を含んでいるもの。
食物繊維と酵素は、野菜や果物に多く含まれています。アボカド、ラズベリー、きんかん、大根、じゃがいもなど。
また、女性は納豆を食べたほうがいいですね。

食物繊維が豊富でビタミン類も含まれていて、さらに大豆イソフラボンという成分は女性ホルモンのバランスを整える
効果が期待できます。

私は生理中に後鼻漏の症状でイライラして、まともに生活できない状態でした。
仕事にも集中できないし、家事もはかどらないし、人付き合いも悪くなっていました。
いつもだったらぜんぜんイライラしないちょっとしたことで、キレそうになるのです。

職場のトイレに入ったらとても込んでたとか、飲み物を飲もうと思ったら水筒が空だったとか、スマホをチェック
したら5通くらいLINEが来ていて返信が大変だったとか。
なんでこれだけのことでキレそうになってるのか、自分でもわかりませんでした。

体の働きをよくするのは食べ物をバランスよく食べることで、慢性副鼻腔炎を治療する効果が期待できます。

後鼻漏を治すのに効果が期待できる食品はほかにもある

後鼻漏を治すのに効果が期待できる食品は、野菜や果物以外にもあります。
例えば、なた豆茶というお茶です。

なた豆茶は排膿作用、抗炎症作用、腎機能活性化などの効果が期待できます。
私はなた豆茶を飲み始めてから、特に痛みもかゆみもなく後鼻漏の症状が治りました。
鼻水が出る量が少なくなっていたのではなく、かたまりでドバーっと一気に出てすっきり治りました。

鼻水がかたまりで出ていたときはびっくりしましたが、とてもすっきりしました。
プルプルのゼリーのようなくすんだ黄色のかたまりで、一気に出てきました。
後鼻漏の症状で悩んでいる人の中には「ゼリーみたいな鼻水が出てきた!」とびっくりした人もいるようです。

でも、こうした鼻水が出てきたということはそれだけ後鼻漏の症状が治りかけてきたということです。
なた豆茶を飲み始めてからこうした鼻水のかたまりが出てきたら、効果が出ているということです。

慢性副鼻腔炎はホットシャワーでケアできるのか

薬が効果がない場合、食べ物で治すことになります。
でも「食事を変えるだけで効果があるのかな?」と不安になりますよね?

そういう場合は、ホットシャワーなどの吸入器を使いたくなると思います。
しかし吸入器を使いたくなっても、使わないほうがいいと思います。

私は吸入器を使ったことがあるのですが、ホットシャワーをした直後は鼻詰まりが解消してスーッとします。
とても気分がよくなるし、後鼻漏の鼻水も下りてきません。

しかし、30分もたつと元の症状が再開してしまいます。
ホットシャワーは蒸気で鼻やのどの粘膜の働きをよくします。
蒸気は蒸発しやすいから、30分くらいしか効果が続かないのです。

でも、食べ物で慢性副鼻腔炎や後鼻漏を治療する場合は、食べ物を体の中で消化・吸収します。
体の内側から働きかけると効果が出始めるのに時間がかかりますが、効果がなくなるのにも時間がかかります。
体の外側から働きかけると効果が出始めるのは早いですが、効果がなくなるのは早いことが多いです。

マスクやマフラーなどなら効果が長続きしますが、ホットシャワーやスプレー、点鼻薬などは効果が長続きしません。

慢性副鼻腔炎の原因がわからない場合

慢性副鼻腔炎の原因がわからない場合は、耳鼻科で検査をする必要があります。
でも検査をしなくても効果があるわけじゃないし、原因がわからなくても治療はできます。

慢性副鼻腔炎の原因はレントゲンを撮って検査をすることで、はっきりします。
また、専門医が鼻腔をのぞき込んで状態を観るという検査もあります。

ただ、この検査でも見落としがある可能性があるし、検査して原因をはっきりさせることよりもなた豆茶などの
かんたんにできる治療法を試したほうがいいと思います。
私は毎年花粉症を繰り返していたことと、風邪をこじらせたことが原因でした。

でも、後鼻漏の原因や慢性副鼻腔炎の原因がはっきりしていない人でもなた豆茶で完治した人はいます。
原因を考えるよりも、効果が期待できる対策をはじめてみてください。

私はデトックス効果が期待できる方法を、どんどん試したほうがいいと思います。

ちなみに少し前までデトックス効果が期待できるといわれていた半身浴は、デトックスにあまり効果がないそうです。
それよりも全身浴を15分したほうが体温が上がって、免疫力も高くなるし、血行が良くなってデトックス効果が期待
できるといわれています。

こんなふうに健康に対する常識はどんどん変わるので、こまめにチェックして後鼻漏によさそうなことを試して
みてください。私は全身浴やなた豆茶、ほかには肩こり解消ストレッチなどを試して、後鼻漏の完治を目指して
ましょう。

のどの痛みがつらいときは後鼻漏の薬で治せる?

後鼻漏は鼻の症状だから、喉には影響がないと思っている人もいると思います。
しかし、実際には後鼻漏で喉にひどい炎症ができてしまう人もいます。

私の友達は後鼻漏で喉に炎症ができて、声が出なくなってしまいました。
1日で声が出るようになったのですが、丸1日声が出ないのはつらいと思います。

そんなときは、薬ですぐに治してしまいたいものですが、後鼻漏の場合は薬ではよくなりません。
その代わり、即効性がある方法がいくつかあるから、そちらを試してみましょう。

後鼻漏ののどの痛みは薬では治らない理由

ふつうに風邪を引いた場合は、喉の痛み止めを飲めば症状はよくなります。
でも後鼻漏の場合は、そういうわけにはいきません。

後鼻漏で喉が痛い人には2種類のパターンがあります。

パターン1は、鼻と喉の境目である上咽頭に炎症ができて、そこから膿が発生し、急性副鼻腔炎になった場合。
急性副鼻腔炎が慢性化して、後鼻漏の症状が出てきてしまったのです。
この場合は、最大の原因が上咽頭炎なのですが、この場合でも喉の痛み止めは効きません。

上咽頭に後鼻漏のネバネバになって細菌が繁殖した鼻水が1日中流れてしまうので、炎症に刺激になります。
細菌が繁殖しまくっている鼻水は流れにくいから、上咽頭にへばりつくことも。
上咽頭炎で喉が乾燥している場合は、上咽頭にへばりついたまま乾燥してかさぶたのようになってしまいます。

炎症が起きているところに細菌まみれの鼻水がへばりついて乾燥するので、炎症はますます悪化。
その結果、上咽頭炎は薬だけでは治りません。

そして、パターン2は後鼻漏になったことで上咽頭炎になること。
鼻詰まりや副鼻腔に炎症ができて、鼻水が副鼻腔にたまるようになってしまうとこのパターンになります。
ネバネバの細菌が繁殖した鼻水がつねに上咽頭に流れてくるから、炎症を起こしてしまうのです。

この場合ものどの痛み止めは、効果がないですね。

上咽頭炎に効果がある市販薬はない

病院で処方される薬では、後鼻漏に効果が期待できるものはありません。
鼻水が喉の奥に流れてきてしまうのが原因なので、痛み止めや咳止めでは効果がないのです。

鼻水は健康な人でも喉の奥に1日中流れ続けるものなので、これを止めてしまうと鼻やのどが乾燥したり、呼吸器の
調子がおかしくなってしまいます。ですので、喉の炎症をどうにかするしかありません。
処方薬で効果があるものはないですが、市販薬はどうなのか調べてみました。

すると、「のどの痛みが和らいだ」と好評の「ぺラックt錠」でも口コミに「後鼻漏ののどの症状が治った」という
ものはありませんでした。ほかにはアズレンという喉の炎症を抑える成分が配合されている「パープルショット」
にも後鼻漏に関する口コミはなし。

処方薬、市販薬以外にはうがい薬もあります。
浅田飴AZうがい薬という薬にもアズレンが配合されていて、口コミでは好評でした。
でも後鼻漏に関する口コミはなかったし、優しい効き目なので後鼻漏に効果が出ないのではと心配です。

最近ネットで話題なのは森川健康堂のプロポリススプレーです。
はちみつに含まれている殺菌作用が高いプロポリスを喉に着けることができるスプレーですね。
口コミでは「これを1回やっただけで声が出るようになった」など効果が高いと好評です。

「どんなに喉が痛いときでもこれを1回スプレーして一晩寝たら治る」という口コミもあって、劇的な効果を
実感している人が多いみたいですね。でも後鼻漏は鼻水が寝ているときも出続けるから、効果があまり期待
できません。

自分でできる方法をまずはためしてみて

市販薬やうがい薬には後鼻漏に効果が期待できるものがありませんでした。
ですので、薬以外の方法を考えてみましょう。

例えば、ハーブティーですね。
のど飴にもよく使われていて、清涼感のあるミントティーをホットで飲むと清涼感を得ることと加湿・加温が
一緒にできてのどがとても気持ちよくなります。

後鼻漏でネバネバの鼻水を1日中飲み込み続けていると、口の中が不快になってしまいます。
ミントの清涼感でスッキリできて、鼻と喉にいい加湿・加温をするとさらに効果が期待できます。
ハーブはラベンダー、ジャスミン、ローズヒップなどでも効果が期待できますよ。

ハーブティーに抵抗がある場合はハーブを使ったのど飴をなめましょう。
のど飴をなめるとのどの痛みが治まるだけではなく、唾液が出てくるから炎症を起こしている部分の保護にも
なります。

寝るときはマスクをするのが必須

後鼻漏で喉が痛いときは、マスクをして寝るのが必須です。
後鼻漏で悩んでいる人は、ほとんどが口をあけて寝るからです。

後鼻漏になっている人は鼻詰まりがひどいので、起きているときでも口呼吸になります。
寝ているときは起きているときよりも呼吸がしにくいので、当然口呼吸に。
大きく口をあけて寝ている人もいるのでマスクをしないと喉が乾燥して、炎症が悪化してしまいます。

ですので、寝るときはマスクをするのを忘れないようにしてください。
また暖房の風は、顔に直接当たらないように風向を調節してくださいね。

私は8年前から後鼻漏だったのですが、毎年冬になると症状が劇的にひどくなっていました。
鼻水がネバネバしすぎて、喉の奥に降りてくると流れないのです。
そのまま息が詰まりそうになることもあって、意識的に嘔吐するとやっと出てきます。

なんどかどんなに吐き出そうとしても出てこなくて、パニックになったことがあります。
「このまま鼻水で窒息して死ぬんじゃないか」と不安になることがあったのです。
後鼻漏で悩んでいる人は多かれ、少なかれこういう体験をしていると思います。

自分の鼻水で息がつまるなんて、とても嫌だし、それで死にそうになっているのはもっと嫌ですよね?
ハーブティーを飲んでから寝て、マスクをするのを忘れないようにすれば症状は改善しやすくなります。

ある人の体験談には「寝るときにマスクをしてマフラーをまいたら、後鼻漏っぽい症状が治った」と
書かれていました。それだけ効果があるので、試してみてください。

なた豆茶で直接的にケアをしよう

後鼻漏で悩んでいる人の中には、なた豆茶を知っている人もいると思います。
「試したけど効果がなかった」という人もいるかと思いますが、もう一度試してみてほしいのです。

私は後鼻漏をなた豆茶で完治しました。
最初はスーパーで売っている500円以下の激安品を試しましたが、いまいちでした。
でも、数か月前に3,000円代のなた豆茶を飲み始めてから2か月以内に後鼻漏が治ったのです。

なた豆茶を試し始めたのは3年くらい前なのですが、ずっと激安品だったから効果がなかっただけでした。
最初から高いものを選んでいればもっと早く治せたのだと思います。
あなたには私と同じような後悔をしてほしくないので、最初から1袋3,000円代のなた豆茶を試してほしいです。

私の場合は2週間くらいで黄色い鼻水のかたまりがドバーっと出てきて、あっという間に後鼻漏が完治しました。
後鼻漏の症状が治まってくるのと同時に、のどの痛みも軽くなってくると思います。
私はもともとのどの痛みはあまりありませんでしたが、つばを飲むのが楽になりました。

自覚がないだけで、喉のどこかに炎症ができていたのかもしれません。

首筋のマッサージをするとさらに効果が出やすい

なた豆茶はハーブティーやマスクと並行して試してほしいのですが、どの方法を試す場合でもマッサージを
してほしいと思います。

マッサージは誰でも簡単にできて、体の外側から悩んでいるところに直接働きかけることができます。
首筋を上から下へ丁寧になでおろすように両手でマッサージすれば、血行が良くなります。
首の血行が良くなれば、顔にたまっている老廃物も排出されやすくなりますよ。

薬で後鼻漏を治すのは無理?成功した人の体験談はある?

後鼻漏は薬で治すことが難しいといわれている症状です。
その理由は、直接的な効果が期待できる薬がないから。

私もいろいろな薬を飲んだのですが、これといって効果があったものはありませんでした。
でも薬で症状を抑えながら、別の方法で治療をすることはできます。

薬は症状を抑えるだけのものと理解できれば、治療に活用できるのです。
ここでは、薬とそれ以外の方法を組み合わせた治療を考えていきましょう。

後鼻漏の症状を抑えるのに効果的な薬

後鼻漏の治療にならないけど、症状を抑える薬はたくさんあります。
まずは私が処方された薬を紹介していきましょう。

私が耳鼻科で処方されたのは抗生物質と去痰剤です。
鼻の奥にたまっている鼻水に細菌がこれ以上繁殖しないようにする効果と、鼻の奥やのどにできている炎症に細菌が
繁殖しないようにする効果が期待できます。

つまり、これ以上後鼻漏や慢性副鼻腔炎が悪化しないように防いでくれるわけですね。
そして去痰剤は痰を取り除く効果は期待できないけど、痰を柔らかくする効果は期待できます。
痰が絡むのを抑えてくれるから、呼吸がしやすくなりますよ。

これで痰が絡んで運動どころじゃなかったのが、少しなら運動しても平気になります。
免疫力を高めるためにジョギングをしたり、ストレッチをしたりすることができるわけです。
軽い運動を毎日続けていれば体温が上がって、体力もついて免疫力が高くなります。

そして鼻呼吸もしやすくなるから、後鼻漏もその原因になっている慢性副鼻腔炎も改善しやすくなりますよ。

後鼻漏の症状を抑える効果が期待できる漢方

後鼻漏の症状を抑える効果が期待できる西洋薬は、抗生物質と去痰剤です。
では後鼻漏の症状を抑える効果が期待できる漢方薬には、どんなものがあるのでしょうか?

後鼻漏の症状を抑える効果が期待できる漢方薬は、例えば排膿散及湯があります。
排膿散及湯は、皮膚の腫れを抑える効果が期待できます。
慢性副鼻腔炎で鼻の奥が晴れていたり、鼻の穴が腫れていたりすると、鼻詰まりが起こりやすくなります。

その結果、慢性副鼻腔炎になって後鼻漏になってしまうのです。
皮膚の腫れを抑える効果が期待できる、排膿散及湯を飲めば後鼻漏改善の効果が期待できます。

ただ、あなたの鼻の穴の中が晴れていない場合は効果が期待できません。
しかも、医師でも鼻の奥の副鼻腔までは観ることができないのでレントゲンをとることになります。
後鼻漏の症状を確認するためにレントゲンを撮ることは必要ですが、少し面倒ですね。

排膿散及湯を飲んではいけない人

漢方には相性があるから、飲んでいい人と飲んではいけない人がいます。
後鼻漏に効果が期待できる排膿散及湯を飲んではいけない人は、どんな特徴があるのでしょうか?

調べてみると排膿散及湯を飲んではいけない人は、アルドステロン症などの人です。
アルドステロン症とは、高血圧で低カリウム血症になった人が臓器障害になることです。
ほかには心臓病、高血圧などの循環系の持病を持っている人も危険です。

排膿散及湯はキキョウ、キジツ、芍薬、タイソウ、ショウキュウ、カンゾウといった生薬を配合しています。
これだけ多くの生薬を一辺に取っているようなものなので、抵抗を感じる人もいるかもしれません。
漢方薬は西洋薬とは違いますが、薬は薬です。

副作用が出る人もいるので、あまり長期的に服用しないほうがいいと思います。

漢方薬よりも安全に後鼻漏を治す方法

漢方薬は飲んではいけない人がいたり、副作用の心配があったりして意外と注意が必要な薬です。
西洋薬よりも安全だから、どんな人でも飲んでも大丈夫なものというわけではありません。

しかも、漢方薬には「〇〇体質の人には△△△」というように同じ後鼻漏で悩んでいる人でも、体質によって相性が
いい薬は違います。耳鼻科医の中には西洋薬には詳しいけど、漢方薬には詳しくないという人もいて、処方間違えを
する可能性もあります。

ですので、薬以外の方法で後鼻漏を治療したほうがいいでしょう。

私はなた豆茶がいいと思います。
排膿作用と抗炎症作用が期待できるお茶だから、飲んでいるうちに後鼻漏の症状が改善しやすくなります。

私は後鼻漏のときに目の前のことに集中するのが、とても大変でした。
1日中鼻水がドロッと喉の奥に流れてきて、その感触が続いているから気持ち悪いのです。
仕事をしているときも集中できなくて、細かいミスを連発していたし、家事でも細かいミスを連発。

特に買い物が苦手になっていて、何を買うのかを考えるのにとても時間がかかるのです。
何か気になることがあるときに考え事をしたり、計算をするのって大変ですよね?
その状態が1日中続くから、知恵熱が出そうなくらいに頭をフル回転させている感じでした。

夜寝るころには疲れ切っているのに、後鼻漏が気になって夜も眠れないのです。
このままノイローゼになりそうだと重い、仕事をやめることを考えたこともあります。
ほかの後鼻漏で悩んでいる人の体験談を読んでみたら、実際に仕事を辞めた人もいるそうです。

「後鼻漏で毎晩熟睡できず、疲れが取れなくてうつ病になりかけた。
このまま疲れが取れない生活を送るくらいなら死にたいとまで思うようになった」
と書かれていて、とても気持ちがわかりました。

私は後鼻漏でとてもつらい毎日を送っていましたが、なた豆茶を飲んだら、すっきり完治しました。
ほうじ茶のような優しい味と香りでほっこりしながら、治療ができますよ。

後鼻漏でストレスがたまったら

後鼻漏でストレスがたまったら、思いっきりストレスを発散してください。
私は後鼻漏でやる気をなくしていたとき、思いっきりストレス発散する気力もありませんでした。

でも、いつまでたっても後鼻漏が治らないからイライラがピークに達したときに、夫に家で女子会をすれば?と
提案されたのです。外食だとむせたり鼻をかみたくなったときに、一目を気にしてかめないけど家でならかめます。
カフェご飯のようなおしゃれな食事を作る気力がないなら、デリバリーでもいいでしょう。

仲のいい友達を読んで思いっきりおしゃべりをすれば、ストレスは軽くなります。
後鼻漏になると外出をしたり、人と話をしたりする機会も減ってしまいます。
それだけストレスがどんどんたまってしまうので、上手に発散してください。

後鼻漏でしゃべりにくくなっているから、人と話をするのが嫌な場合は音楽を聴きましょう。
好きな音楽を聴くとストレスはかなり減るといわれているので、目を閉じて集中して聴くのがおすすめです。

いつでもできるストレス発散方法を知っておくと便利

後鼻漏も慢性副鼻腔炎もストレスは大敵です。
人はストレスを感じると活性酸素が作られて、細胞を老化させてしまうからです。

ですので、ストレスを定期的に発散してください。
音楽を聴く方法は私がよくやっている方法ですが、音楽にあまり興味がない人もいますよね?
そういう場合は、紙にイライラしていることを書きなぐってください。

10年以上前にあった嫌な出来事でもなんでもいいので、書きなぐってぐちゃぐちゃに丸めてゴミ箱に投げ捨てましょう。
今抱えているストレスを全部かき出して、投げ捨てればそれだけでストレス発散になります。
最近はSNSが流行っているから、これをネットでしてしまう人がいますが、よくありません。

あなたがむかついている人がたまたま見てしまって、トラブルになる可能性もあるし、後で自分で読み返してみて、
「こんな幼稚なことを世界中に発信してたんだ。恥ずかしい」と思う可能性があるからです。
イライラしていること、気に入らないことは自分の中だけにしまっておきましょう。

ネットに発散してそれがトラブルになって、さらにストレスがたまる…という悪循環にならないように気を付けて
ください。あとはペットと遊んだりして、癒しが得られることをするといいですよ。

薬では治らない後鼻漏はどうやって治療するの?

喉の奥に鼻水が流れる症状の後鼻漏は、なかなか治らなくて困っている人が多いです。
私も8年間苦しんだのですが、ほとんどの人は「薬が効かない」と痛感しているはず。

誰でも苦しい症状になると、薬でどうにかできるはずと思うものです。
でも病院でもらった薬をきちんと飲んでいるのに治らなかったときは、とても焦りますよね?

薬で治らない後鼻漏を治療するために、みんないろいろな工夫をしています。
ここでは、後鼻漏で悩んでいる人たちが実践している方法を紹介していきましょう。

後鼻漏が薬で治らない人が多い理由まとめ

後鼻漏は基本的に、薬では治りません。
その理由は、日本にはまだ後鼻漏を直接治す薬が開発していないからです。

後鼻漏の原因は慢性副鼻腔炎であることがほとんど。
鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまい、その鼻水に細菌が繁殖してネバネバになってしまうのです。
この細菌の繁殖を抑えるのは、抗生物質ですね。

クラリス、クラリシッド錠、フロモックス錠、セフゾンカプセル、ジスロマック錠など…。
こうした抗生物質で細菌の繁殖を抑えることはできますが、すでに繁殖している細菌を殺菌はできません。

また、後鼻漏によく処方される去痰剤はただ単に後鼻漏で流れてくる鼻水(痰)を柔らかくして飲み込みやすくするだけ。
症状を改善したり、原因を取り除いたりする効果までは期待できないのです。

このように病院で後鼻漏患者によく処方される薬は、直接効果が期待できないものばかり。
直接的な効果がある薬がそもそもないから、こうした薬を処方するしかないのです。

西洋薬がダメなら漢方で後鼻漏は治療できないのか

病院で処方される西洋薬では、後鼻漏に直接効果が期待できません。
そこで、漢方で直接後鼻漏を治療できないか、調べてみました。

その結果、漢方にも副鼻腔炎に効果が期待できるものはいくつかありますが、後鼻漏に効果が期待できるものは
ありませんでした。後鼻漏の原因で多い副鼻腔炎を完治できれば、後鼻漏も完治できます。
しかし、後鼻漏を発症している副鼻腔炎はふつうの副鼻腔炎よりも重症なので、漢方が効かない可能性があります。

私は後鼻漏のときに小青竜湯、辛夷清肺湯などの漢方を処方されました。
飲んでいるときは鼻がスーッと通るようになって、鼻水が喉の奥に流れてこなくなります。
後鼻漏が治ったみたいになるから、とても気分が良かったです。

でも、漢方が切れてしまったときに症状が一気に元に戻りました。
鼻詰まりがひどすぎて臭いがわからないから、味もわからない、口呼吸で喉がひりひりする、鼻水が喉の奥に降りてくる…。
あの不快な症状がまた出てしまったので、本当に嫌でした。

しかも、一回治ったと思ったのに症状が再発すると余計イライラするのです。
仕事への意欲もなくして、本当にやめてしまおうかと思ったことも何度もありました。

ちなみに友達との外出は完全にやめていましたね。
一度夫と外食したときにむせて店員さんにお水を何杯も持ってこられたことがあって、恥ずかしかったから。
後鼻漏になると楽しいことにも消極的になるから、人生を楽しめていないんじゃないかと不安になります。

今はSNSがあるから友達が旅行を楽しんでいるのを観たりすると、とても羨ましかったです。

後鼻漏は吸入器で治せるのか

後鼻漏には薬以外の治療法があります。
それは吸入器を使った治療法です。

吸入器は病院に用意されているネブライザーと、自宅で使えるホットシャワーがあります。
ネブライザーについて調べてみると、1回5分くらいで600円代~700円代が相場でした。

ホットシャワーは現在発売されているのは「ホットシャワー5」で生理食塩水が使えます。
本体価格は11,000円代で、水と塩を本体にセットすればすぐに使えます。
使いやすくなっているとは思いますが、私は買ったけど面倒で続けられませんでした。

加湿器くらいの大きさがあって、水を入れてスイッチを押して…というのが続かなかったのです。
私は自分が毎朝加湿器をセットするのも面倒に感じているくらい、面倒くさがりだから続かなかったと思っていました。

でも、ホットシャワー5の口コミを見ていると「面倒だったけど毎日続けたら後鼻漏が楽になった」とか
「続けるのが大変で週に何日かやらない日がある」と書かれていました。
面倒だと感じる人が多いみたいですね。

薬は水を用意して飲めばいいだけだから、薬に比べると続けにくいです。
しかも私の場合、効果は30分くらいと少なかったです。

薬は医師に言われたとおりの量をきちんと飲んでいたら、効果が続いていました。
ホットシャワー5は蒸気で鼻と喉の粘膜を加湿・加温して、働きをよくする器具です。
蒸気だから副鼻腔の隅々までいきわたりますが、蒸気だからすぐに蒸発して効果がなくなってしまうのです。

病院でネブライザーをしたときも病院を出て、家に着くまでの間に鼻詰まりが再開していました。
せっかくネブライザーで両方の鼻がすっきり通るようになってうれしかったのに、家に帰ってすぐに鼻詰まりが
苦しくて椅子に座りこんだりしていたのです。

口呼吸になると、ふつうに歩いただけでもかなり疲れてしまいます。
普通の生活を送る体力がなくなってしまうので、はやめに治したほうがいいでしょう。

薬と吸入器以外の方法で後鼻漏を治療するには

病院でしてもらえる治療は薬と吸入器がメインです。
後は手術しかありませんが、私は手術は反対です。

個人的に怖いからというのが大きいのですが、きちんとした理由もあります。
それは知り合いの看護婦に、「鼻の手術をしても後鼻漏の人は治らない」と聞いたからです。
副鼻腔炎の人は治るけど、後鼻漏にまでなっている人は手術してもすぐに症状が戻ってしまうそうです。

手術は10分くらいで済むし10万円以下でできますが1週間くらいの入院が必要ですので、やめておきましょう。

病院以外で後鼻漏は治せる

病院の薬が効かないし、手術もしないほうがいいとなると「治す方法がない!」と思うかもしれません。
でも、自分でできる治療法で後鼻漏を治した人はたくさんいます。

私もその中の一人で、私の場合はなた豆茶が劇的な効果がありました。

最初に知り合いになた豆茶がいいと聞いて飲んだ時は、スーパーで売ってる中国産の激安品でした。
それでも効果はあったのですが、鼻水が出る量と痰が出る量が少し増えて、鼻詰まりがちょっと解消したかなと
いう程度。

でも、それから少しして「もっと効果が欲しいから高いのにしよう」と1袋3,000円代のなた豆茶にしてみると、
飲み始めて2週間でドバーっと鼻水が大量に出てきました。本当に一気に出てきた感じで、びっくりしました。
それから1か月間、痰と鼻水の量が一気に増えたところから徐々に減っていき、2か月以内に完治したのです。

8年も悩んでいた症状が2か月で通院もしないで治るとは思っていませんでした。
お茶はふつうにやかんで煮だして、飲めばいいだけ。
とてもかんたんにいられれるし、毎日500ml飲めばいいだけだから続けやすいですよ。

運動をすると後鼻漏は治りやすくなる

後鼻漏をすると治りやすくなると思います。
私はもともと運動が苦手なのですが、たまにヨガをやることがあります。

後鼻漏で悩んでいた時も生理で悪いときや、体が凝り固まっているときにヨガをすると体も心もほぐれてすっきり
する感じがします。そのときに鼻どおりも少し良くなって、後鼻漏の症状が気にならなくなるのです。
これは運動をすることで体温が上がって、鼻と喉の粘膜の働きが良くなっているからです。

しかも、ヨガは鼻から吸って鼻から吐くという呼吸法が大切な運動だから、余計後鼻漏にいいのかもしれません。
ヨガにはかんたんなポーズがたくさんあります。初心者向けのポーズから初めてみてください。

薬だと副鼻腔炎(蓄膿症)が治るけど後鼻漏は治らないの?

後鼻漏になると病院で薬を処方されたり、吸入器のネブライザーをしたりしますが、なかなか治りません。
わたしも8年間後鼻漏に苦しんだのでよくわかりますが、治療に苦戦している人は多いです。

中には、子供のころから副鼻腔炎(蓄膿症)で後鼻漏に悩んでいるという人もいます。
30年間ずっと後鼻漏という人もいるので、そういう人は人生をかなり損することになります。

ですので、病院や薬だけに頼らない方法で後鼻漏をさっさと完治してしまいましょう。
私は後鼻漏を完治して、毎日の生活が変わりましたよ。

副鼻腔炎(蓄膿症)と後鼻漏の関係性

副鼻腔炎(蓄膿症)と後鼻漏を別の病気だと思っている人が多いようですが、実は違います。
後鼻漏は病気ではなく、症状なのです。

まず、副鼻腔炎(蓄膿症)は鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまう病気です。
花粉症、風邪、アレルギー性鼻炎などでいつもよりも大量に鼻水が出るときになりやすいです。
また、生まれつき鼻の穴の大きさが左右違う人は、鼻炎や風邪じゃなくても、副鼻腔炎(蓄膿症)になりやすいですね。

こうした理由で副鼻腔炎になった場合、鼻水が副鼻腔にたまりきるとだんだん喉の奥に鼻水が漏れてきます。
これを後鼻漏というのです。

ただ、後鼻漏は健康な人にも起こっています。
人の鼻水は毎日6リットル作られるのですが、そのほとんどが喉の奥に流れているのです。
健康な人の鼻水は透明でサラサラなので、飲み込む必要もなく胃に流れていきます。

しかし、副鼻腔炎の人の鼻水は細菌が繁殖していてネバネバになっているから、意識的に飲み込まないといけません。
飲み込むときにネバネバしていて気持ち悪いから、吐き出してしまう人もいます。
また、ネバネバの鼻水が食道に流れないで気道に流れてしまい、むせる人もいます。

このように副鼻腔炎という病気になって、後鼻漏という症状が出るのです。

副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまう原因

副鼻腔炎と後鼻漏の関係性がわかったところで、気になるのは副鼻腔炎になる理由ですよね?
鼻の形以外にもさまざまな理由で、副鼻腔炎になる人がいます。

副鼻腔炎になるのは、風邪をこじらせたり、花粉症だったり、アレルギー性鼻炎だったりと持病が原因になることが
多いです。でも、事故で副鼻腔炎になる人もいます。

ある女性の体験談には「交通事故で右から車がつっこんできて、背骨がゆがんでしまい、首の骨、鼻の骨もゆがんで
しまった。これがきっかけで右の鼻の穴だけがつまり、副鼻腔炎になって後鼻漏になった」と書かれていました。
この場合は手術をして鼻の穴を左右に分けている骨をまっすぐにすることもできます。

またある男性の体験談には「禁煙をした1年後に副鼻腔炎になって、後鼻漏になった。左がとくに詰まっていて、寝苦しい。
寝ているときは左向きに寝ると、呼吸が楽になって寝れるけど、朝起きると左の肩と腰が痛い」と書かれていました。

寝ているときにずっと同じ方を向いて寝ていると、体のどちらかに負担がかかって痛くなってしまいます。

これでは熟睡できないし、朝起きた時から体が痛いし呼吸がしづらいようでは、仕事に行く気にならないですよね?
男性は職場でのミスやトラブルが増えて、会社での立場が危うくなっているそうです。
せっかく禁煙できたのに、どうしてこんな状況になってしまったのでしょうか?

ふつうはタバコを吸っていると呼吸器の働きが悪くなって、副鼻腔炎になり後鼻漏になります。

でも、タバコを吸っているときにずっと副鼻腔炎になっていても、鼻水が降りてこないことがあります。
鼻水は鼻と喉の粘膜の働きが弱くなっていると、鼻水が出てこなくなります。
それが禁煙したことで鼻と喉の粘膜の働きが良くなって、今までずっとたまっていた鼻水が流れてきたのです。

また、禁煙すると気道の働きもよくなって、ずっと気道にへばりついていた汚れや鼻水が痰になって出てきます。
禁煙後に痰が増えたり、口臭が悪化したり、副鼻腔炎になって後鼻漏になるのはこのためです。
今までは鼻と喉の機能が低下しすぎていて、こうした症状さえ出てこない状態だっただと推測できます。

副鼻腔炎になって後鼻漏になるのはいいこと

副鼻腔炎になって後鼻漏になると、毎日の生活がつらくなります。
一見、後鼻漏の症状は出ないほうがいいように思いますが、実は逆です。

後鼻漏の症状が出ないと、副鼻腔にたまっている鼻水が排出されないでたまり続けます。
副鼻腔はほほの内側と額の内側に広がっていて、顔の4分の1くらいの広さがあります。
十分広いですがたまり続けると、いっぱいになってしまいます。

そうなると、顔面痛、頭痛、視力低下、耳が聞こえない、臭いがわからないなどの症状が出てきてしまいます。
このままでは耳、鼻、目の機能を失うことになってしまうのです。
ですので、後鼻漏になって鼻水が出ることはいいこととしてとらえましょう。

毎日鼻と喉を温めて、鼻水を排出しやすいように水分補給をしっかりしてください。
そして、痰が喉の奥に絡むたびに副鼻腔にたまっている鼻水を出すチャンスだと思ってください。
私は後鼻漏で苦しんでいるときに、こういうふうに思考回路を変えたら悩みが減りました。

後鼻漏で悩んでいる人は毎日出続ける鼻水にうんざりしていると思います。
でも、それだけ体の中にたまっている毒素を出せていると思えば、気持ちが少し楽になりますよ。
特に黄色や緑などの色の濃い鼻水はずっとたまっていたものです。

出てきたら、ラッキーだと思ってしっかり鼻をかんでください。

鼻水を出し切れば後鼻漏も副鼻腔炎も治る

後鼻漏や副鼻腔炎の治療は、鼻水を止めることや免疫力をあげることがメインとなっています。
病院で処方される薬も鼻水を止めるものや痰を柔らかくするものが多いです。

でも、これでは後鼻漏は治りません。
そこで、鼻水の出をよくする薬はないか調べてみました。
するとムコダインをはじめとする去痰剤がいいことがわかりました。

ムコダインは痰を柔らかくして、切れをよくすることで飲み込みやすくする薬です。
後鼻漏で喉の奥に流れてくる鼻水は痰なので、飲み込みやすくすればどんどん出せますからね。
でも、痰を柔らかくしても飲み込むときの不快感は同じです。

しかも、私はムコダインを飲んだら飲んでいるときしか症状が良くなりませんでした。
長期的に使用していると効かなくなってしまう人もいるようなので、もっと別の方法で鼻水の出をよくしましょう。

そこで、呼吸法を試してみてください。
鼻の息を吸う力を強くすれば、働きもよくなって鼻水の出がよくなるかもしれません。
まず4秒かけて鼻から息を思いっきり吸います。そして、8秒かけて鼻から息を全部出しきります。

これを暇なときにしているだけで、鼻の呼吸する力が強くなります。
私は後鼻漏のときに鼻詰まりがひどすぎて鼻呼吸できなかったから、あきらめて口呼吸をしていました。
でも今思えば、それが余計に鼻の機能を低下させていたのでしょう。

鼻づまりがひどくても、しっかり鼻呼吸をしていれば鼻が通るようになると思います。

後鼻漏で悩んでいる人はなた豆茶を試してみて

後鼻漏で悩んでいる人は、なた豆茶を試してみてください。
なた豆茶には、後鼻漏と副鼻腔炎にいい効果が期待できます。

なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用が期待できます。
副鼻腔にたまっている鼻水を排出して、副鼻腔、喉、食道、気道にできている炎症を改善しやすくなるのです。
長年の喫煙で気道に汚れがたまっている人や副鼻腔に鼻水がたまっている人は、飲んでみるとすっきり取れるかも
しれません。

私は8年間後鼻漏で苦しんでいましたが、なた豆茶でスッキリ完治しました。
朝起きてすぐに痰を吐き出さなくてよくなったのは、本当にうれしいです。

朝から喉の奥の痰を吐き出していると、それだけで疲れてしまうから1日のやる気がなくなります。
なた豆茶を飲み始めてからは、朝に疲れることがなくなりました。

どんな薬が後鼻漏の治療に向いているの?

鼻水が1日中、喉の奥に流れる後鼻漏という症状は成人の3割くらいの人が悩んでいます。
私も最近まで8年間、後鼻漏に悩み続けました。

鼻づまり、鼻声、喉の炎症など後鼻漏の症状はひとつではありません。
毎日がつらくなるし、気持ちも沈みがちになります。

でも、あなたの症状に向いている薬があれば、すぐに治療できそうですよね?
そこで、ここでは後鼻漏の症状別に向いている薬を勉強していきましょう。

後鼻漏の症状はさまざまな種類がある

後鼻漏は慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などで鼻づまりが起こると発症します。
しかし、鼻の症状だけには収まりません。

健康な人でも毎日大量の鼻水が喉の奥に流れているといわれています。
これは鼻と喉の粘膜を潤わせて、保護するためと、ほこりやハウスダストなどを洗い流すためです。
健康な鼻水は透明でサラサラだから、飲み込んでも特に違和感がありません。

でも、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎で鼻水がより一層大量に作られてしまうと、流れきれずに鼻の奥の副鼻腔
にたまってしまいます。たまっている間に細菌が繁殖して、ネバネバになってしまうのです。

これが原因で、喉と鼻の境目の上咽頭炎、食道炎、咳込む、口臭、虫歯などの呼吸器の症状が出てしまいます。
さらに悪化すると、流れた鼻水が到達した胃に、胃炎、胃もたれ、胃の膨満感などが出ます。
そして便秘、下痢、尿の色やにおいが強くなるなどの症状にも発展してしまうのです。

後鼻漏は体の上のほうで起こるし、呼吸器という体の中心の器官で起こる症状です。
全身的な症状になりやすいから、はやめに治療しましょう。

後鼻漏でよく処方されている薬まとめ

後鼻漏にはさまざまな症状がありますが、病院で処方される薬はだいたい同じです。
私は近所の耳鼻科から大学病院までいったのですが、どこでも似たような薬を処方されました。

私が決まって処方されていたのは、抗生剤とムコダインなどの去痰剤。
抗生物質は病原菌を殺菌する働きが期待できるから、体にたまっている鼻水の細菌がこれ以上繁殖するのを抑える
効果と、後鼻漏が原因で免疫力が下がって、深刻な感染症になるのを抑える効果が期待できるからです。

去痰剤は後鼻漏の鼻水は痰なので、これを柔らかくして飲み込みやすくする効果が期待できます。
実際に私は、この2つの薬を飲んでいるときは後鼻漏の症状が軽くなっていました。
でも、薬がなくなったときに「昨日までよくなっていたのは何だったの?」とおもうくらいに、すぐ元に戻りました。

薬はただ症状を抑えるだけで治療する効果までは期待できないみたいです。
後鼻漏で悩んでいるいろいろな人の体験談を読んでみても…

・病院でクラリスという抗生物質とムコダインをもらったけど、飲んでいるときしか治らない
・病院の薬・レポフロキサシン錠100㎎とムコスタ錠100㎎、ぜんぜん効果がない
・後鼻漏で病院言ったらまさかの柴朴湯だった。漢方…ぜんぜん効かなかった

このように、抗生物質と去痰剤という組み合わせの人が多いですが、漢方をもらった人もいます。
私も小青竜湯や辛夷清肺湯などの漢方をもらったことがあります。
鼻炎に効果が期待できるし、後鼻漏の原因となる副鼻腔炎の治療にも使われているものもあります。

でも、私は副鼻腔炎が悪化して後鼻漏になっているから、後鼻漏の一つ前の段階の症状である副鼻腔炎に効く
薬は後鼻漏には弱いと思います。私には小青竜湯などの漢方も飲んでいるときに、症状を抑えているだけでした。

体験談に出てくる、レポフロキサシン錠100㎎は抗生物質でムコスタ錠100㎎は去痰剤です。
私がもらった薬と同じような効果だと思うので、痰に作用するだけで後鼻漏治療にはなりませんね。

去痰剤が1週間で効かなくなってしまう人もいる

私は去痰剤は飲んでいる間だけ、効果が続いていました。
でも、後鼻漏で悩んでいる人の中には1週間くらいで効かなくなってしまう人もいるみたいです。

ある男性の体験談には、「後鼻漏で去痰剤を今までに何種類かもらったことがある。
ムコダイン、ムコスタ錠、ムコサールなど。でも、どれも飲み始めて1週間で効果がなくなってしまう」
この男性は飲み始めは感動するくらいに、効果が出るみたいです。

でも、だんだん効かなくなってきて1週間で元に戻ってしまうのだとか。
抗生物質は飲み続けているうちに体の中に耐性菌ができて、効かなくなってしまうことがあります。
去痰剤もこんなふうに耐性菌ができるのかと思い、調べてみるとできないのだそうです。

去痰剤は痰に対して効果を発揮するものなので、殺菌作用などはないからです。
でも、下剤をずっと使っているとだんだん聞かなくなってくるのと同じ原理で、だんだん効果がなくなってきて
しまいます。

これはほかの薬にも言えることだから、基本的に薬は長期間飲み続けないほうがいいものなのです。

病院でもらう薬の正しい活用法

私は後鼻漏は病院の薬では治らないと思っています。
実際に自分が8年間、いろんな病院に通い続けて完治しなかったからです。

ですので、病院の薬に頼って後鼻漏の治療をすると時間とお金と労力を無駄にする可能性が高いです。
病院で薬をもらうのは、治療の初期だけにしましょう。

とりあえず薬を飲んでみて、効果があるかどうか確認をあなた自身がしてください。
そのうえで効果を確認してから、ほかの方法で治療しましょう。
また、薬をもらうときにレントゲン写真をとってもらってください。

鼻の奥に広がっている副鼻腔は自分では観ることができませんが、レントゲンでとるとどれくらい鼻水がたまって
いるのかはっきり確認できます。自分の副鼻腔にはどれくらいの鼻水がたまっているのか知ることで、どれくらい
で後鼻漏を完治できるか、わかるからです。

そして、マスクやマフラー、手洗いうがいなどの基本的な体のケアをしっかりしてください。
温かい飲み物をこまめに飲んで鼻と喉を加湿・加温するのも忘れないようにしましょう。

薬に頼らない後鼻漏治療

薬に頼らない後鼻漏治療をするときに、ぜひ試してほしいものがあります。
これはなた豆茶というお茶です。

私はこのなた豆茶で後鼻漏を完治しました。
もともと日本茶が好きだったのですが、忙しいし、面倒くさいという理由で温かいお茶を飲む機会が減っていました。
いつもペットボトルのお茶を買ってきて飲んでいたのですが、なた豆茶を知り合いから教えてもらってから生活が一変。

飲み始めて2週間くらいで鼻水のかたまりがドバーっと出てきたのです。
それまでも毎日鼻をかんで、これでもかというくらい鼻水を出しまくっていたから、こんなにストックがあるとは
思っていませんでした。

その日1日中、鼻水のかたまりがどんどん出てきて、ティッシュに吐き出し続けていました。
そしたら、症状がかなり改善してそれから1か月くらいでほぼ完治したのです。
8年も悩み続けていて病院の薬でも治らなかったのに、なた豆茶で治るとは思っていませんでした。

なた豆茶を飲む前は鼻詰まりがひどすぎて完全に口呼吸になっていて、体を温めたり、水分補給をこまめにしたり
という対策を打つ気力もなくしていました。1日中鼻水がネバネバ喉の奥に落ちてくるのが気になって、何もやる気に
ならないのです。

夫とすぐケンカするようになって、夫婦生活に限界を感じたこともありました。
でも後鼻漏のせいだとわかっていたのであきらめずに治療していたら完治できて、夫婦中も今はよくなりました。
後鼻漏はただの鼻の症状ですが、外出できない、旅行できない、人と話せなくなるなどの事態に発展します。

後鼻漏を完治させた人はほとんどが民間療法

後鼻漏を完治させた人の体験談を読んでいると、「生活習慣改善で治した」「鼻うがいで治した」など民間療法で
後鼻漏を治した人がほとんどでした。

鼻うがいは今、中耳炎の原因になるといわれているので辞めたほうがいいと思いますが、病院の薬で完治した
という体験談は見つかりませんでした。薬よりもなた豆茶などの民間療法のほうが効果が期待できますよ。

市販薬のチクナインでは後鼻漏は治らないって本当?

健康な人でも、1日に6リットルの鼻水が喉の奥に流れるといわれています。
でも、毎日そんなに大量の鼻水を飲み込んでいる自覚はないですよね?

それは鼻水がサラサラで透明だから。
でも、慢性副鼻腔炎などの鼻の病気になると、鼻水が黄色くなりネバネバに。

この鼻水を飲み込むのはとても大変だし、不愉快です。痰になって喉の奥に絡んで、流れなくなる
こともありますが、チクナインなどの市販薬で症状を抑えることができます。

しつこいしつらい後鼻漏はチクナインで症状を抑えられる

1日中、ネバネバの鼻水が喉の奥に流れてくる後鼻漏は、とてもつらい症状です。
私も最近まで後鼻漏だったので、そのつらさには本当にうんざりしていました。

後鼻漏になると黄色や緑色のボンドのようにネバネバした鼻水が、大量に出てくるのです。
鼻をかもうとしても鼻の奥の方でかたまってるから、出てきません。

通勤中歩いているときや、仕事で忙しく動いているとき、「ここでは思いっきり鼻をかめないな」というタイミング
で大量に鼻水が出てきてしまいます。後鼻漏で悩んでいる人鼻から大量に鼻水が出てくるのはチャンスです。
鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水が少しでも喉に流れないように、できるだけ出しておきたいのです。

でも、人目があるから思いっきりかめなくて、半分以上を吸い込んで自分で副鼻腔にもどしてしまうことに。
「本当は思いっきり鼻をかみたいのに」といつも、悔しい思いをしていました。

そんなときにチクナインのCMをテレビで見て、買ってみました。
すると、今まで悩んでいた症状が半減して、鼻づまりも少し解消したのです。
「市販薬だけど、漢方だから飲み続けていれば完治があるのかな?」と期待していたのです。

でもチクナインのストックがなくなったときに、せきを切ったように鼻水が喉に流れるようになりました。
チクナインは後鼻漏の症状を抑えるだけで、私には治す効果がありませんでしたね。

チクナインに配合されている生薬の効能まとめ

チクナインには数種類の生薬が配合されています。
それぞれの効能をまとめてみました。

すると、チクナインは後鼻漏を治すというよりも膿が発生するのを抑え込む効能があることがわかりました。
また、炎症を抑える、膿を排出しやすくするという効能もあって後鼻漏に効果が期待できそうですね。
でも口コミを見てみると、私のように効果がない人が多かったです。

その理由は、症状が重すぎるから。
チクナインは副鼻腔炎(蓄膿症)に効果が期待できる市販薬です。
副鼻腔炎には急性と慢性があるのですが、チクナインの効果が期待できるのは、急性。

慢性になると、生薬の優しい力だけでは症状が治りにくいのです。
もっと強力な効果が期待できる方法じゃないと、慢性副鼻腔炎になっている人は完治できません。
さらにそこから悪化して後鼻漏になるので、後鼻漏で悩んでいる人はチクナインでの完治は難しいですね。

チクナインは意外と高いから続けるのは大変

チクナインを後鼻漏治療に使わないほうがいい理由は、ほかにもあります。
それは値段です。

鼻炎の市販薬は1,000円代~2,000円代のものが多いのですが、チクナインは4,000円代です。
安いドラッグストアで買ってもあまり変わらない値段なので、これを買い続けるのは経済的につらいですよね?
年間で5万円ちかくかけても、飲み続けているときしか症状が抑えられないのです。

しかも私の場合はチクナインで鼻水の出がよくなって、副鼻腔がスッキリすることはありませんでした。
私と同じようにチクナインを飲み続けても、根本的には後鼻漏も慢性副鼻腔炎も治ってないということになるかも
しれません。

チクナインは、いざというときのために家にストックしておく方がいいでしょう。
基本的に後鼻漏の治療は、ほかの方法でしてください。

体の基本的な機能を向上させれば生薬と同じような効果が出る

生薬が後鼻漏に効果が期待できるのは、体の機能を高めてくれるから。
これを生薬なしで実現できれば、後鼻漏は自分で治せます。

生薬の効能はさまざまなものがありますが、大きく言うと気、血、水の3要素を充実されてくれます。
気持ちや気力、血行、水分の循環を安定させることで、体調が安定して体の機能が高まるのです。
そのためには体温をあげることがいいというのは、有名ですね。

体温が1度上がっただけで体の機能は30%も向上するので、冷え対策は必須です。

ほかには水分補給ですね。
人の体の60%は水分でできているから、水分補給をしっかりすると循環が良くなって体調がよくなります。
血液も水分なので、水分補給は結構と水分循環の2つをよくする効果が期待できますよ。

あとはちょっとほしいもの、ちょっときになっていることを改善すること。
例えば、私は毎日使っているドライヤーが壊れかけているのが気になっていました。
もともと重いし、壊れかけだから買い替えたいとずっと思っていたけど、放置していたのです。

こういうのを買い替えると、ストレスがかなり解消しますよね?
ストレス解消のために豪遊するのは、出費などが気になって逆にストレスがたまってしまうものです。
それよりも日常的なちょっとしたストレスを解消して、ちょっとほしかったものをきちんと購入する方がいいと思います。

午前中の食生活を変えると体質が変わる

午前中の食生活は、その人の健康状態をかなり左右します。
ですので、今までの食生活を改善しましょう。

例えば、朝起きてから身支度をすませてすぐに朝食を食べるという人が多いと思います。
しかし、朝起きてから便が出るまでは食べ物を食べないほうがいいといわれています。

夜のうちに、人の体は昨日食べたものを消化・吸収して、排出しやすいように大腸の肛門付近まで移動させます。
そして朝起きて水分補給をして体を動かしているうちに、その刺激で便意をもよおして体から出します。

このときに体はエネルギーを使うのですが便を出すまでに食べ物を食べてしまうと、新しい食べ物を消化・吸収
するためにエネルギーを使ってしまい、便を出すためにエネルギーを回せなくなります。
その結果、便秘になってしまうのです。

ですので、朝便が出るまでは水分補給だけにしてください。
水分は牛乳や野菜ジュースなどではなく、常温の水がいいでしょう。
家を出るまでに便が出ない場合は、朝食をお弁当で作って持って行って排便してから外出先で食べましょう。

私はこの方法で便秘気味だった体質が改善しました。
あなたにも同じように効果があるかどうかはわかりませんが、かんたんに実践できますよね?
1週間だけでもいいので、試してみてください。

朝から便が出ると気持ちがスッキリして、ストレス解消になります。
朝からいい気分で生活できるようになるから、後鼻漏のイライラが緩和されますよ。

便秘体質をもっと効率よく治す方法

排便まで朝食を食べないのもいい方法ですが、ほかにもいい方法があります。
それは、なた豆茶を飲むことです。

なた豆茶は、なた豆という種類の豆を焙煎してから、抽出したお茶です。
豆類はこれから植物が育つ種のようなものなので、食物繊維やビタミン、タンパク質などが豊富に含まれています。
食物繊維は便秘にいいので、便秘解消の効果が期待できます。

ほかには排膿作用が期待できるカナバニン、抗炎症作用が期待できるコンカナバリンA、腎機能活性化が期待できる
ウレアーゼなどが含まれています。

後鼻漏の原因になっている慢性副鼻腔炎の鼻水を排出し、副鼻腔やのどの炎症を改善する効果が期待できます。
また、体のいらない水分を尿にする働きがある腎臓の働きを活性化する効果が期待できます。
私はこのなた豆茶で後鼻漏が完治しました。

毎日飲まないといけないのですが、おいしいお茶だから飲み続けないといけないから飲んでいるというよりも
おいしいから飲んでるという感じです。私は飲んでいるうちに副鼻腔の鼻水がスッキリして、もう鼻水のことを
気にしないで生活できるようになりましたよ。

抗生物質のクラリスという薬で後鼻漏は治るの?

後鼻漏になって病院へ行くと、風邪をひいたときとあまり変わらない薬が出てきます。
抗生物質や去痰剤など…。「本当にこれで後鼻漏が治るのかな?」と疑問になりますよね。

私は薬とかに詳しくないのですが、「普通の風と同じじゃないの?」と思っていました。
そして、その不安が的中し、後鼻漏治療をしてもぜんぜん完治しませんでした。

でも、最近なた豆茶というお茶を発見して飲んでみたら完治したのです。
私はとても時間がかかってしまいましたが、薬よりもお茶で治療をしたほうがいいですよ。

抗生物質のクラリスが後鼻漏によく処方される理由

ほかの人の体験談を読んでみても、後鼻漏で処方される薬はふつうの風のときと似ているそうです。
「鼻風邪をひいたときと全く同じ薬が出てきた」という体験談もありました。

ある男性の体験談には「後鼻漏で病院へ行ったらクラリスとムコダインを処方された。
先々月に鼻風邪で来た時と同じ薬。風邪のもう1段階進行してる感じがするけど、これであってるの?」
と不安な様子が書かれていました。

クラリスは、ふつうに風邪をひいたときによく処方される有名な抗生物質です。
病原菌がこれ以上繁殖してしまうのを防ぐ効果があります。

後鼻漏で悩んでいる人は鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまりまくっているから、細菌やウイルスなどの病原菌が
繁殖しています。クラリスを飲むことで、これ以上繁殖しないようにしているのです。
一見とても大切な薬という感じがしますが、後鼻漏の症状を治療する効果はないから飲まなくても平気です。

私も後鼻漏の治療にうんざりして抗生物質を飲まないで、去痰剤だけを飲んでいたときがあったのです。
私の場合は症状に特に変化がなかったから、これ以降、抗生物質を飲むのは辞めました。

クラリスはよく処方される薬だから効かない人もいる

クラリスはふつうの風邪にもよく処方される薬です。
人によってはもう効かない体質になっている場合もあります。

抗生物質は病原菌の繁殖を阻止するための薬ですが、人の細胞も攻撃してしまうことがあります。
健康な菌を病原菌と誤解して攻撃してしまうのです。
そうすると、人の体の免疫機能が働いて、「細胞をクラリスから守れ」という指令が出ます。

この結果、クラリスに対抗する「耐性菌」ができてしまうのです。
耐性菌ができると、クラリスよりも強力な抗生物質じゃないと効果を発揮しません。
クラリスを今までよく処方されてきた人はもう耐性菌ができているから、もっと強い抗生物質を飲まないといけなく
なります。

抗生物質を飲み続けていると起こる危険

クラリスのような抗生物質を飲み続けていると、ある危険な状態になります。
それは、強力な抗生物質を飲まないといけなくなることです。

抗生物質には耐性菌ができます。
この耐性菌に打ち勝つためには、もっと強い抗生物質が必要です。

抗生物質を飲んで耐性菌ができて、もっと強い抗生物質を飲んで耐性菌がさらにできて…と繰り替えしている
うちにとても強力な抗生物質を飲まないといけなくなります。
この悪循環はステロイドに似ていて、私は中毒症状と近い感じがするからとても怖いです。

しかも、日本の病院ではこれだけよく処方される抗生物質が海外の病院ではほとんど処方されないそうです。
つまり、後鼻漏などの症状を治すときに「必要ない薬」ということですね。
薬は体にとって異物だから、いらないなら飲まないほうがいいでしょう。

クラリスを1年以上飲み続けた人の体験談

クラリスを処方された人の中には、1年以上飲み続けた人もいます。
同じ薬を1年以上も飲み続けていると、体に副作用が出てしまいそうですよね?

そこでクラリスの副作用を調べてみると、発疹が出る、腹痛、下痢などでした。
1年以上クラリスを飲み続けた人の体験談には、こうした症状は書かれていなかったです。
でも、レントゲンをとっても鼻の奥の副鼻腔から鼻水が排出されていませんでした。

また、クラリスを飲んでいる人の中には飲み始めてから咳が重くなったという人もいます。
でもこれは好転反応なので、心配する必要はありません。

後鼻漏の鼻水は気道に入って、咳込んでしまうことがあります。
そういう人がクラリスを飲んで病原菌の繁殖が防げて、自己治癒力で症状が治ったときは咳が重くなります。
自己治癒力で免疫力が高くなって、鼻の奥の副鼻腔にたまっていた鼻水の出が良くなっているのです。

鼻水は出きらないと症状が治らないから、これはいい反応です。
咳止めなどを飲んでも効果がないので、薬は増やさないでください。
とはいえ、何の対策もしないと喉が痛いし、苦しいから喉にいいことをしましょう。

一番手軽なのはのど飴ですね。
はちみつやかりん、ビタミンエキス配合ののど飴は喉にいいし、後鼻漏の鼻水の刺激から喉を守ってくれます。
咳が出にくくなるから、つらくなったらのど飴をなめてください。

後鼻漏の症状が楽になる治療

クラリスは抗生物質なので、後鼻漏の症状に直接的に作用しません。
ほかの薬でも、後鼻漏に直接的な効果が期待できるものはないです。

私はいろいろな耳鼻科や総合病院へ行って、いろんな薬を処方されました。
ほとんどの薬は「ある程度続けてみないと効果がわからないから」といわれて、様子を見ることに。
そのたびに飲んでいるときしか効果がなかったり、飲んでも効果がなかったりで完治せず。

だんだん薬を飲むのもイライラしてきて、「どうせ治らないから飲まないでいいや」とさぼるように。
鼻呼吸もできないし、臭いもわからないから料理をする気も起きず、テイクアウトが増えました。
夫も帰ってきてもテイクアウトの料理しかないから、夫婦仲も少し冷めていました。

でも知り合いの薬剤師に紹介してもらったお茶を飲んだら、後鼻漏が良くなり始めたのです。

後鼻漏にいいと聞いたのはなた豆茶。
鹿児島県産のなた豆を使ったお茶で、排膿作用や抗炎症作用が期待できます。

味も香りもほうじ茶のような感じで、のむとほっこりします。
後鼻漏の鼻水が喉にへばりついたりするとイライラしてしまいますが、なた豆茶を飲むとそれが和らぎます。
私はホットで水筒に入れて持ち歩いて、後鼻漏の症状を完治しました。

抗生物質でも去痰剤でも治らなかったのに、お茶で治ったからびっくりしました。

なたまめ茶にはミネラルが食物繊維が含まれているから、健康そのものにもいいです。
私は今も飲み続けていて、疲れにくくなったし、イライラしなくなりました。
後毎年かかっていた花粉症にもならなくなって、ホッとしています。

病原菌に感染しない方法

抗生物質は病原菌に感染しないようにする効果が期待できます。
でも、これはかんたんにできる心掛けて代用できます。

それは厚着をすること。人の体は体温が1度上がると免疫力が30%も上がるといわれています。
ですので厚着をしたり、運動をしたりすれば、免疫力があがって病気になりにくくなるのです。

抗生物質は通院する必要があるし、お金もかかりますが、厚着をするだけや運動するだけなら通院する手間も
お金もかかりません。ちょっとでも肌寒いと思ったらカーディガンを羽織る、温かい飲み物を飲むなどして、
対策をしてみましょう。

毎日抗生物質を飲むよりもかんたんに、免疫力を高めることができますよ。

クラリスは薬なので、凝固剤という成分が使われています。
凝固剤は体を冷やす副作用があるから、免疫力を低下させる可能性もあります。
病原菌の感染だけ防いで、免疫力は低下してしまうと困りますよね。体温をあげる対策のほうがいいと思いますよ。

クラリスはさまざまな強さがある抗生物質の中で、平均的な強さです。
しかし常用すると、副作用の危険がそれだけ高くなるから、使うなら短期間にしましょう。
2週間くらい飲み続けて、様子を見るのがいいと私は思います。

気管支炎は後鼻漏が原因?どんな薬が効果があるの?

後鼻漏はそれ自体が病気ではありません。
鼻水が喉に流れてくる症状のことをいうのですが、これが原因で病気になることもあります。

私は8年間後鼻漏で苦しんだので、かなりつらい症状にもなりました。
気管支炎にならなかったものの、胃もたれになって食事の量が減りました。

後鼻漏でネバネバの鼻水が肺や胃に流れていくと、思わぬ病気や症状が出てしまうのです。
はやめに後鼻漏を治せば、気管支炎や胃もたれなどの二次症状も治ります。

後鼻漏で気管支炎になってしまうことがある

後鼻漏は鼻の症状で、気管支炎は肺の症状です。
同じ呼吸器だけど、場所が離れているから関係ないように思いますよね?

でも、調べてみると後鼻漏のネバネバの鼻水が喉の奥から食道を通って、肺や胃に到達してしまうと二次症状が
出てくるようです。気管支炎の場合は大量のネバネバした鼻水が気道に入って、気管支炎などの下気道疾患を
引き起こします。

ただ、鼻水は喉の奥に流れるから食道側に流れ込みます。
気道にはいることってないですよね?どうして、気道に入り込んでしまうのでしょうか。

その理由を調べてみると、寝ているときに気道に入ることがわかりました。
人の首には後ろ側に食道、前側に気道があります。
起きているときは食道側に鼻水が流れ込むのですが、寝ているときは体が横向きなので気道側にも流れ込みます。

そして、食道は胃につながっているけど、気道は肺につながっているから気道と肺をつなぐ気管支に鼻水が到達
してしまいます。後鼻漏の鼻水はほとんどが慢性副鼻腔炎で、鼻の奥にたまりにたまっていたもの。
ずっと体の外に排出されないで、たまっていた分細菌が繁殖しています。

これが気管支に到達すると、炎症をおこしてしまうのです。
気管支炎以外にも、鼻と喉の境目の上咽頭炎、食道炎なども起こしてしまいます。

寝ているときに咳込む人は気管支炎になっているかも

後鼻漏で気管支炎になっている人は、寝ているときに咳込みやすいです。
こういう人は、後鼻漏が原因で気管支炎になっているかもしれません。

起きているときは気管支に鼻水が流れてこないから、炎症が起きていても咳込むことは少ないです。
しかし、炎症が起きている気管支に鼻水が流れてくる寝ている間は、咳込みやすくなります。
私も後鼻漏のときに、夜寝ていて咳が止まらなくなるのがつらかったです。

普通の咳なら、ちょっと咳込む程度ですが、後鼻漏の場合はいきなりボコボコ咳込んで止まらなくなるのです。
しかも「意識的に咳をして鼻水を出そうとしてる」感じだから、勢いよくせき込むのです。
隣で寝ている夫にも悪いし、寝不足になって仕事中にぼーっとしてしまうことも多かったです。

しかも、後鼻漏で鼻水が喉に流れてくるから、気になってますます集中できない。
いつも細かいミスを連発して、上司によく怒られていました。

ですので、後鼻漏で気管支炎になっている人はお風呂でストレッチをしましょう。
お風呂上りに大量に鼻水が出てきて、一時的にスッキリしますよね?
このときに出る量を増やせれば、寝ている間に流れてくる鼻水の量も減らせます。

そのためには、鼻と喉の血行を良くする必要があるのです。
私は後鼻漏で寝不足になっていて、集中力がなくなっているとき、肩こりがひどくなっているのに自覚がありません
でした。

でも首を360度回してみたら、首がバキバキいってぜんぜん回らなかったのです。
こんなに首が回らないのは初めてというくらいで、今まで経験したことがないくらいに肩が凝っていました。
後鼻漏でずっと悩んでいたから、そちらに気をとられて気が付かなかったのでしょう。

それから暇なときに首を回したり、肩を回したりしてストレッチをしていたら鼻水の出がよくなりました。
あなたも後鼻漏の症状に気をとられて肩こりがひどくなっているのに、気が付いてないかもしれません。
凝り固まった筋肉をストレッチでいきなりほぐすのは、痛いし大変だからお風呂に入りながらやりましょう。

後鼻漏によく処方される薬は気管支炎に効果があるのか

後鼻漏で気管支炎になることはありますが、そうなると薬を増やさないといけないのでしょうか?
同じ呼吸器の薬だから、一つの薬で後鼻漏も気管支炎も治るのか調べてみました。

私がいろいろな病院で処方してもらったのは、ムコダインなどの去痰剤とマクロライド系の抗生物質。
去痰剤は痰を柔らかくする薬だから、気管支炎にはあまり関係ありません。

一方、マクロライド系の抗生物質は扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎などの呼吸器症状に効果が期待できます。
ただ肝心の後鼻漏への効果については書かれていませんでした。
抗生物質は鼻炎には効果が期待できないので、間接的に作用する形になります。

気管支炎になると下からも痰が上がってくる

後鼻漏は鼻水が喉に降りてくる症状ですが、気管支炎になるとしたからも痰が上がってきます。
上と下から痰が出てしまうので、喉の不快感や口臭がさらに悪化してしまいます。

気管支炎は肺と気道をつなぐ気管支に炎症が起こってしまう病気です。
この気管支炎になると、気管支にゴミや老廃物、膿などがたまりやすくなります。
そのまま肺に入ると肺炎が肺の病気になってしまうので、気道を逆流して痰として出すしかありません。

気管支炎の痰と後鼻漏の痰で、口の中がネバネバになってしまうと、ストレスはかなりのものになると思います。

実際に後鼻漏で気管支炎になった人の体験談には、「喉の奥もヒリヒリして痛いし、痰すごいし、病院で気管支に炎症が
できていると聞いて本当にショックを受けてる。なんでこんなに悪化しちゃったんだろう」と書かれていました。
後鼻漏だけでもショックなのに、気管支炎にもなったらさらにショックですよね?

でも、後鼻漏の症状も気管支炎の症状も一緒に治すことができます。
気管支炎はそもそも後鼻漏が原因でなっているので、後鼻漏を完治できれば治るのです。
しかも、鼻にいいことは鼻とつながっている喉にもいいことです。

つまり鼻のケアをすれば喉のケアにもなるから、気管支炎のための薬や治療は必要ありません。
後鼻漏になったうえに気管支炎にもなったとなると、治療が面倒と思うかもしれませんがそんなことないですよ。

鼻と喉にいいことは加湿・加温をすること。
あとは刺激がある食べ物や飲み物を避けることです。

辛いもの、甘いもの、炭酸飲料、冷たいものなどを避けて添加物が入っていない健康的な食事を心がけましょう。
私は後鼻漏で上咽頭炎になったときに味噌汁を飲んだら、声が出るようになりました。
味噌に含まれているリノール酸には抗炎症作用が期待できるから、この効果が出たのです。

味噌汁を飲むと体が温まるから、症状も治りやすくなるしいいですよ。

もっと効果が期待できるのはなた豆茶

味噌汁は体を温めるから免疫力も高めるし、抗炎症作用も期待できます。
でも、肝心の鼻の奥にたまっている鼻水を排出する作用は期待できません。

味噌で消化器官の働きを良くして、老廃物を排出しやすい体質にして、鼻水を出す…という方法もありますが、
これは効果が出るまでに時間がかかってしまいます。そこで、なた豆茶を飲みましょう。
なた豆茶には排膿作用、抗炎症作用が期待できます。

鼻水を排出して、炎症を抑える効果が期待できるから、後鼻漏に向いていますね。
気管支炎にもいいし、アイスでもホットでも飲むことができます。

私は後鼻漏のときに、ずっと喉の奥にへばりついている鼻水にイライラしていました。
仕事中も移動中も家事をしている最中も気になるから、ぜんぜん毎日が楽しくないのです。
やる気もなくなって新しいことに挑戦したくなくなったり、夫と休みの日に外出することも減ってしまいました。

でも、なた豆茶を飲み始めてから鼻水が一気に出てきて症状がどんどん改善されました。
今ではすっかり完治していて、鼻水のことを気にしないで生活できるのがうれしいです。