幼児の後鼻漏治療をしている病院はありますか?

大人でもつらい後鼻漏に幼児がなってしまうととてもかわいそうですが、大人よりも幼児のほうが
後鼻漏にはなりやすいのです。

大人の後鼻漏でも適切な治療をしてくれる病院は少ないので、用事の場合はもっと少ないということに
なります。3件くらい病院を回ってダメそうなら、保護者がケアしてあげたほうがいいと思います。

子供は大人よりも症状が深刻化しやすいので、細かいところに気を使いつつケアしてあげましょう。
ここでは、幼児の後鼻漏が病院の治療で治らない場合のケア方法についてお話していきます。

幼児の後鼻漏治療に特化している病院は今のところない

大人よりも幼児のほうが鼻やのどの病気になりやすいと言われています。
でも、幼児の後鼻漏治療に特化している病院を調べてもありませんでした。

大人は鼻が詰まっていれば自分でかんで、鼻にいい食べ物を食べたり、飲み物を飲んだり温かい恰好を
してすごして対策をとります。自力でこれ以上症状が悪くならないように工夫できますよね?
でも、幼児の場合はそうはいきません。

大人のように知識もないし、行動力もないから、鼻が詰まっていても保護者に「ママ、鼻が詰まってる」とか
「息が苦しい」と伝えるだけ。自力ではなかなか対策がとれないのです。
保護者が余裕のあるときは、すぐに対応してあげられますが、仕事が忙しかったりするとそうもいきません。

対策が上手くできないまま、お子さんの鼻詰まりが悪化して慢性副鼻腔炎になり、後鼻漏になってしまうのです。
お子さんは鼻の穴から鼻の奥の副鼻腔までの距離が大人よりも、短いです。
ですので、ちょっと風邪を引いただけですぐに急性副鼻腔炎になってしまいます。

副鼻腔に鼻水がたまって炎症が起こって、膿状の鼻水がどんどん蓄積されてしまうのです。
鼻づまり、口呼吸、顔面痛、頭痛、口臭などの症状が出ます。
急性副鼻腔炎になりやすいということは、慢性化もしやすいということなので蓄膿症にもなりやすいです。

「小さい頃からずっと蓄膿で、ぜんぜん治らない」といっている大人もいるので、はやめに対策を打たないと
一生慢性副鼻腔炎のまま生活することになってしまいます。
それはかわいそうですよね?

そこで、ここでは自宅でかんたんにできる慢性副鼻腔炎と後鼻漏の治療方法を紹介していきましょう。

幼児の慢性副鼻腔炎を治すのに効果が期待できる方法

幼児の慢性副鼻腔炎を治すのに、効果が期待できる方法はかんたんです。
お子さんに基本的な生活習慣を、正しく身に着けさせればいいのです。

小さいお子さんには手洗いがうがい、歯磨きの方法は丁寧に教えますよね?
でも鼻のかみ方を丁寧に教えるということは、なかなかないと思います。
これが原因で、大人になっても鼻をかむ習慣がない、正しい鼻のかみ方がわからないという人は多いのです。

私の知り合いにも鼻をかむ習慣がない人はいます。
1週間に1回も、鼻をかまないことがよくあるのだそうです。
8年間、後鼻漏でことあるごとに鼻をかんでいる私には信じられないことですが。

ですので、口から息を吸ってスーッと長く鼻から息を吐くという力を込めない正しい鼻のかみ方をお子さんに
教えて、毎日1~3回は鼻をかむように指導してあげましょう。
こうすることで、お子さんの慢性副鼻腔炎は治りやすくなります。

また、痰が絡んだらすぐにティッシュに吐き出すようにしてください。
鼻水は喉に流れていくと、痰になります。
痰になると飲み込んでしまうお子さんが多いですが、吐き出さないと体に悪いので吐き出すようにいいましょう。

子供によく使われる後鼻漏の治療器具

お子さんの後鼻漏治療によく使われるのは吸入器です。
ネブライザーという医療器具で、薬剤と蒸気を鼻から吸入します。

こうすることで副鼻腔が温められて、中にたまっている鼻水が排出されるという仕組みです。
実際にネブライザーを私は何度もしたことがあるのですが、効果があるのはやった直後だけ。
家に帰るころには鼻が詰まって、やる前と同じ状態になっているのです。

これをやるために週に2~3回耳鼻科に通っているお子さんが多いのですが、私はやる必要がないと思います。
家庭でできる吸入器のホットシャワーというものもあるのですが、1万円くらいして高いですし、買わなくて
いいと思いますよ。

私は自分の後鼻漏治療のために購入したのですが、加湿器くらいあって準備が面倒だし、続かなかったです。
大人でも続かないから、子供はもっと続かないと思います。

それよりも子供でも続けやすい方法を、試したほうがいいですね。

幼児でも手軽に続けられる後鼻漏対策はなた豆茶

幼児の後鼻漏治療は病院探しも大変だし、治療が続けられないことも多いです。
そういう場合は、なた豆茶を飲ませてあげましょう。

なた豆茶は国産で無添加のものであれば、ノンカフェインなので赤ちゃんからお年寄りまで飲めます。
排膿作用と抗炎症作用が期待できるから、副鼻腔にたまっている鼻水が出てくるかもしれません。

こういう健康にいい珍しいお茶は、独特の味や香りで小さい子がとても飲めないものが多いです。
でも、なた豆茶はほうじ茶のようなすっきりとした味と香りで幼児でも飲めます。
小さいお子さんが苦手な玄米茶などよりは、ぜんぜん飲みやすいと思いますよ。

スーパーで売っている中国産のやすいなた豆茶は、なた豆の成分が薄いからほとんどお茶でおいしくありません。
「薩摩 なた豆 爽風茶」のようなきちんとした品質のものなら、香ばしいなた豆茶の味が楽しめますよ。
大人が飲んでもおいしいので家族全員の常備茶として、麦茶の代わりに飲んでもいいと思います。

深呼吸の練習をして鼻呼吸を習得しよう

幼児は口をずっと閉じているのが、とても苦手です。
何かに夢中になっているときや鼻が少しでも詰まってくるしいときは、すぐに口呼吸になってしまいます。

これは赤ちゃんの時におしゃぶりをしないからとも言われています。
おしゃぶりをすることで口の筋肉を鍛えることができて、口呼吸になるのを防ぐことができるのです。
でも、歯並びが悪くなるからという理由でお子さんにおしゃぶりを付けない人は多いですよね?

しかも、幼児になっているとおしゃぶりをつけるのは不自然です。
そこで、親子で一緒に深呼吸の練習をしましょう。鼻から4秒かけてゆっくり息をたっぷり吸って、
8秒かけて鼻から吐ききる…というのを5セット毎日行ってください。

これをするだけでお子さんは意識的に鼻呼吸ができるようになるので、お子さんが口呼吸をしていたら、
「深呼吸して」というだけで鼻呼吸に切り替わるようになります。
深呼吸をすることは保護者の健康と美容にもいいので、お互いにメリットがありますよ。

病院でもらう薬は対処療法でしかない

お子さんを連れて病院へいっても、抗生物質や去痰剤ばかりを処方されると思います。
これらの薬には、後鼻漏を治療する効果は期待できません。

というか、後鼻漏に直接効果が期待できる薬は今のところないのです。
だから後鼻漏で悩んでいる人は、長期間苦しむことになります。

抗生物質は後鼻漏で口呼吸になって免疫力が低下しているときにウイルス感染するのをふせぐために、
去痰剤は痰を柔らかくするための薬です。つまり、対処療法でしかないのです。
根本的な治療にはならないので、なた豆茶や深呼吸が必要になってきます。

また、ハウスダストの後鼻漏の原因になります。
幼児は床から近い位置に顔があるから、床に転がっているほこりやチリを吸い込みやすいです。
こまめに掃除機をかけたり、クイックルワイパーをかけたりして、床掃除を徹底してください。

後は加湿器ですね。加湿するとほこりが舞い上がらないし、鼻と喉の粘膜のはたらきがよくなります。
こんな工夫をしてお子さんの後鼻漏をケアしてあげましょう。

福岡にある病院で後鼻漏の治療ができるところは?

鼻水が朝起きてから夜寝るまで、ずっと喉の奥に流れてくる後鼻漏は、寝ているときも症状が続きます。
横になると気道にも鼻水が入ってしまうから、夜は咳込んでしまって眠れないという場合も。

そういうときは適切に治療をしてくれる病院へ行ったほうがいいです。
でも、後鼻漏という病名を知らない医師もいいので「気のせいですね」で済まされてしまうこともあります。

例えば福岡県で後鼻漏の治療をするなら、どの病院がいいのでしょうか?
ここでは、後鼻漏治療を適切にしてくれる病院について調べてみました。

後鼻漏は適切に治療したほうがいい理由

後鼻漏は病気ではなく、鼻やのどの病気が原因で起こってしまう症状です。
命に別状はないし、放置していても問題ないという人もいますが、私はよくないと思います。

私も8年間後鼻漏で悩んでいた時期がありました。
どの病院でどんな薬をもらっても、ぜんぜん効果がなかったのです。
「ただ鼻水が喉に流れてきて気持ち悪いだけだから、我慢してればいいか」と、しばらく放置していたのです。

後鼻漏の症状があってもはたらけるし、日常生活も遅れるから、別に困ることなんてないと思っていたのです。
でも、だんだん鼻詰まりが悪化してきて鼻呼吸ができなくなりました。
それに伴って匂いもわからなくなって、耳まで詰まるように。

大好きな音楽をスマホで聞くときの音量が今までの倍じゃないと、聞き取れなくなったのです。
電車の中でイヤフォンの音が大きすぎてシャカシャカもれている人になってると、夫にいわれたことがあります。
でもそれくらい大音量にしないと、聞こえないくらいに耳が遠くなっていました。

そして、味覚もどんどんダメになっていってしょっぱいという味しかわからなくなりました。
日本はしょうゆの食文化だから、塩味に敏感なのだとか。
ほかの味がわからないし、いつも鼻水を飲み込んでいてお腹が張っているから食欲がどんどんなくなっていきました。

ここまで来たときは「もうこのままの状態で死ぬんだろうな」と思っていました。
どんな病院へ行って薬をもらっても、鼻どおりが良くなることがなかったからです。

でも、ある方法を試したらあっという間に鼻も耳も下も元に戻りました。
後鼻漏は命に係わる症状ではないけど、生活には確実にかかわってきます。
私のようになる前に、的確な治療を受けましょう。

福岡県で後鼻漏治療をしてくれる病院まとめ

後鼻漏は放置していると、どんどん悪化して生活に支障が出てしまいます。
ですので、治療をしてくれる病院を探しましょう。

後鼻漏を治療してくれるのは、耳鼻科ではなく耳鼻咽頭科です。
後鼻漏は鼻の奥の副鼻腔にたまった鼻水が喉の奥に流れる症状。
鼻の症状と喉の症状が合わさっているので、耳鼻咽頭科を選ぶといいですよ。

福岡県の耳鼻咽頭科で評判がいいのは、以下の病院です。

・福岡市 みみ・はな・のどのせがわクリニック若久通り
・福岡市 たけした耳鼻咽頭科
・福岡市 しらつち耳鼻咽頭科
・福岡市 天神耳鼻咽頭科
・北九州市 耳鼻咽頭科ひらのクリニック

・北九州市 さがら耳鼻咽頭科医院
・北九州市 脇園耳鼻咽頭科医院
・久留米市 あらき耳鼻咽頭科クリニック
・久留米市 重森耳鼻咽頭科医院

後鼻漏に効果が期待できるBスポット療法をやっている病院まとめ

後鼻漏の治療をやっている耳鼻咽頭科の中には、Bスポット療法という治療法をやっている病院があります。
Bスポット療法とは、後鼻漏の原因となる上咽頭炎に効果が期待できる治療法です。

鼻と喉の境目である上咽頭は、後鼻漏になっていると炎症が起こりやすいです。
鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまって1日中流れてくるので、鼻水は細菌が繁殖しています。
この状態の鼻水がずっと流れてくるから、炎症を起こしてしまうのです。

後鼻漏の人が上咽頭炎になるととてもやっかいです。
つねに細菌まみれの鼻水が上咽頭にながれてくるから、上咽頭炎が一向に治らないのです。
それどころか炎症を起こしているところに細菌がくるので、ますます悪化してしまいます。

Bスポット療法はこの炎症を起こしているところにかさぶたをつくって、鼻水から保護します。
ただ福岡でBスポット療法をやっている病院を調べてみても、みつかりませんでした。
「Bスポット療法で有名なところ」というのは、ないみたいですね。

自力で探すのは大変なので、ほかの方法を試してみるといいと思います。

病院には頼らない後鼻漏の治し方

病院には頼らない後鼻漏の治し方は、通院する必要がないだけではなく費用も浮きます。
しかも、健康的な方法でケアをするので薬よりも効果が期待できるのです。

後鼻漏の健康的なケア方法には、こんなものがあります。
ある男性の体験談には、こんなことが書かれていました。

「今年はじめて転勤することになり、慣れない土地ではたらくことになった。
今までは一人暮らしをしていたけど、家賃が高いところなのでシェアルームに住むことに。
家賃も安いし設備も整っているからいいかとおもったけど、慣れない共同生活は予想以上に大変だった。

生まれて初めてストレスが原因で慢性副鼻腔炎になり、後鼻漏に。
ここまでストレスがたまっている自覚がなかったから、びっくりした。
そこでストレスをためないように、以前から興味があったマラソンを始めることに。

一人になる時間が増えたし、学生時代に駅伝部だったので走ることが楽しく、気が付いたら鼻づまりも後鼻漏も
かなり楽になっていた」

この男性はマラソンを始めてから、体づくりのために栄養バランスの取れた食事をとるようになったそうです。
運動と栄養バランスのとれた食事は、心身ともに健康にいいからそれで後鼻漏が治ったのでしょう。
このように病院に頼らない方法で、後鼻漏を完治させた人はいます。

病院に頼らない治療法にはこんなものも

マラソンのような病院に頼らない治療法には、ほかにもこんなものがあります。
それは、なた豆茶というお茶を飲む方法です。

なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用、さらに尿を作る腎機能を活性化する効果が期待できます。

鼻水は体の中のいらない水分なので、尿と同じようなものです。
腎機能が活性化することでいらない水分がたまらない体質になるから、後鼻漏も治りやすくなるのです。

私は後鼻漏のときに鼻にはいらない水分がたまるけど、ほかの部分にはいらない水分がたまっていないと
思っていました。でも、なた豆茶を飲み始めて後鼻漏が完治してからみんなに「痩せたね」といわれるのです。
きっと自覚がなかっただけで、体がむくんでいたのだと思います。

ゴムウエストの服を着たときに服のサイズは変わってないけど、ゴムの跡がお腹につきにくくなりました。
これもむくみが解消した証拠ですね。
このようになた豆茶を飲むと、全身の調子を良くして後鼻漏も完治する効果が期待できますよ。

後鼻漏の治療をしていて疲れたときは

後鼻漏には具体的な治療法がないので、治療が長期化することが多いです。
なた豆茶も相性が悪かった場合、なかなか治らないと思います。

そんなときは、少し無駄遣いをしてしまいましょう。
普段は買わないようなぜいたくな食材を使って料理をしたり、ちょっと高めのレストランで食事をして
気分転換をしてください。

長期化する症状に悩んでいると、だんだん鬱状態になってくるそうです。
パーッと気分転換をして、気分を軽くすれば鬱状態にならずに済みます。

苦しい症状がなかなか治らないのはつらいし、無気力になってしまいがちです。
でも気分を変えつつ気長に頑張っていけば、少しづつ症状はよくなっていくはずですよ。
後鼻漏で悩んでいる人はストレスをためないようにして、規則正しい生活をするとさらに効果が出やすいです。

自分の感情を上手にコントロールしながら、がんばっていきましょう。

東京の病院で後鼻漏の治療をしてくれるところは?

鼻水が1日中喉に流れてしまう後鼻漏になると、何をするにも気になって集中できなくなります。
私も後鼻漏で悩んでいるときは、常に鼻水が喉の奥に絡むのが気になっていました。

仕事にも家事にも集中できないから、ミスを連発して上司によく怒られていました。
集中力がないからやる気も怒らないし、ストレスは限界に達していたのです。

そんなときになた豆茶を知りました。
飲んでみると、すぐに効果が出てきて、よくなりました。

東京にある病院で後鼻漏の治療をしてくれるところ

東京にある病院で後鼻漏の治療をしてくれるのは、どんなところなのでしょうか?
ここでは、病院を調べて一覧にまとめてみました。

・中野区 「メディカルコート池田耳鼻咽頭科」
・杉並区 「いしい耳鼻咽頭科」
・中野区 「船戸耳鼻咽頭科医院」
・中野区 「はまだ耳鼻咽頭科」
・大田区 「浦田西口クリニック」

・目黒区 「目黒耳鼻咽頭科医院」
・小平市 「増田耳鼻咽頭医院」
・北区  「北赤羽ファミリー耳鼻咽頭科」
・文京区 「赤地耳鼻咽頭医院」

このように東京には耳鼻咽頭科がたくさんあるので、後鼻漏の治療を対象としている病院は多いです。
後鼻漏治療のスペシャリストも東京の病院に集中しているので、東京で後鼻漏治療をしてもらえないという
ことは起こらないと思います。

でも東京の病院に通院していても、後鼻漏が完治する可能性は低いと考えておいたほうがいいでしょう。

後鼻漏のスペシャリストが多い東京でも完治する可能性が低い理由

東京は後鼻漏治療に対応している病院が多く、「どの病院へ行っても治療してもらえない」という
自体になることは考えられません。

しかし、病院で治療してもらえたとしても後鼻漏が完治しない可能性があります。
その理由は、後鼻漏に直接的に効果がある薬が開発されていないからです。

私も近所の耳鼻科、職場の近くの耳鼻科、大学附属病院とさまざまな病院を転々としましたが、どこでも
似たような薬を処方されてしまいました。そして、どの薬も飲んでいるときしか効果がなかったのです。

薬以外には吸入器での治療でした。
ネブライザーという医療器具を使ったこともどの病院でも同じで、5分くらい薬剤と生理食塩水を鼻から吸入
するのです。

ネブライザーをした直後はすっきりして鼻どおりが乾燥するくらいに、よくなります。
でもしばらくすると、ネブライザーをする前と全く変わらないくらいに鼻が詰まってしまうのです。
これも近所の病院でも大学病院でも同じでした。

このように病院を変えても、処方される薬やそれ以外の治療法は同じです。

有名な病院で後鼻漏完治はできるのか

有目な病院で後鼻漏を治療してもらえば、完治はできるのでしょうか?
名医がいる病院だと期待してしまいますが、実際に完治した人を探してみました。

東京で後鼻漏治療の名医がいるといわれている神尾記念病院で後鼻漏を治療してもらった人の体験談や口コミ
を調べてみると、出てきませんでした。だからといって完治した人はゼロ、というわけではありません。
でも完治した人がたくさんいれば、1件くらいは出てきてもいいですよね?

名医に診断してもらって治療してもらっても、後鼻漏は治りにくい病気ということでしょう。

私は名医ではありませんが、割と評判のいい病院で後鼻漏の治療をしてもらったことがあります。
でも、去痰剤という痰を柔らかくする薬を処方されただけであとは特に何もしてもらえませんでした。

後鼻漏という名前も言ってもらえなかったので、私が「痰が喉に絡んでつらくて」といったから去痰剤を
出しただけなのだと思います。評判のいい先生でも苦手分野はあるし、知らばい病気はあります。
ですので、完璧な治療をしてもらえるとは限らないのです。

それよりも自分でケアをしたほうがいいと思います。
病院や先生に左右されないから、後鼻漏が治る可能性が高くなりますよ。

病院に頼らない後鼻漏の治しかた

病院に頼る後鼻漏の治し方では、病院や担当医に左右されてしまいます。
ですので、そういったものに左右されない治療法を試してみてください。

例えば、なた豆茶ですね。
鹿児島県産のお茶で、排膿作用と抗炎症作用が期待できるのです。
それだけではなく、食物繊維が豊富だから便秘解消効果も期待できます。

後鼻漏で最近だらけの鼻水を1日中飲み込んでいる人は、消化器官にとても負担がかかっています。
今もし便秘になっていなくても、いつ便秘になってもおかしくない状態です。
ですので、食物繊維をとることは大切。

ほかにもなた豆茶にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていて、美容効果も期待できます。
後鼻漏の鼻づまりで呼吸が浅くなっていると、肌がボロボロになってしまうことがあります。
肌がボロボロになると、乾燥肌や敏感肌になってストレスがさらにたまります。

特に女性は肌が汚いとそれだけで、ストレスになるしやる気も落ちてしまいますよね?
なた豆茶には後鼻漏改善、便秘解消、美肌効果などが期待できますよ。

なた豆茶は緑黄色野菜よりもデトックス効果が期待できる

なた豆茶は食物繊維が豊富でビタミンも多く含まれています。
これは緑黄色野菜と同じなのですが、デトックス効果はなた豆茶のほうが高いと私は思います。

その理由は、なた豆茶の特徴です。
まず緑黄色野菜はなたのままじゃないと、ビタミンをとることができません。
ビタミンは熱に弱いからサラダやスムージーにしないと効果が期待できないのです。

でもなた豆茶は豆なので、外部からの刺激に強い構造になっています。
熱を通しても、緑黄色野菜ほどはビタミンが失われません。
そしてお茶としてとるから、消化する必要がなく吸収しやすいというメリットがあります。

緑黄色野菜はスムージーにしても、ある程度形は残っているから消化する必要があります。
鼻と喉には加湿・加温することが大切なので、生のものよりも熱を加えてあるもののほうがいいです。
ホットのなた豆茶を飲んで、後鼻漏のケアをしてみてください。

ただもし食事で後鼻漏を完治させたいなら、なた豆茶と緑黄色野菜、両方をとったほうがいいでしょう。
またニンニクなどの食材をとってもいいですね。

ニンニクにはアリシンという血液の中の白血球を増やすはたらきがあります。
ですので、後鼻漏で免疫力が低下しているときにとると弱くなった抗ウイルス性や抗菌性を高めてくれます。
疲労回復の効果も期待できるから後鼻漏で呼吸がしづらくなって、酸素量が減っている人にいいですね。

後鼻漏の治療をする病院選びはドクターショッピングになりやすい

後鼻漏の治療をする病院を選ぶときは、ドクターショッピングになりやすいです。
「ここもダメ」「ここでもダメ」と病院をコロコロ変えているうちに、どんどん時間がたってしまいます。

そうなると症状も悪化してしまうし、お金もかかってしまいます。
私は8年の歳月をかけていろんな病院を転々として、結局お茶で完治しました。
最初からなた豆茶を飲んでいれば半年以内に完治したのに、こんなに時間がかかってしまったのです。

ですので、病院選びに苦戦しているなら今は病院に通うのをやめましょう。
そして、通販でなた豆茶をの購入してだまされたと思って1か月間飲んでみてください。

私はどんなに病院の薬を飲んでも治らなかった後鼻漏が、お茶で治るとは思っていませんでした。
でも後鼻漏を飲み始めてから症状がどんどんよくなっていったので、今までの薬にはない効果でびっくり
しました。

お茶を飲むだけで気になる症状が治ると、仕事が忙しいときでも病院へ行かなくていいのが助かります。
また、病院でしばらく待ったり、親切を受けたりする手間もかからないから続けやすいですよ。
後鼻漏で悩んでいる人には、ぜひなた豆茶を飲んでほしいです。

病院でもらえる薬で後鼻漏の治療ができますか?

風邪をこじらせたり、花粉症になったりすると鼻の奥のほうに鼻水がたまってしまうことがあります。
これを急性副鼻腔炎というのですが、急性副鼻腔炎になるとある困った症状が出てきます。

それは後鼻漏です。
副鼻腔にたまっている鼻水が喉の奥に流れてきて、ネバネバした痰のようになって不快なのです。

この後鼻漏を改善するためには病院で薬をもらう人が多いのですが、効果が実感できないという人が多いです。
私もいろいろな病院で薬をもらったのですが、それよりも効果があるものがありました。

病院で後鼻漏治療のためにもらえる薬まとめ

私は近所の耳鼻科や職場の近くの耳鼻科、大学病院などさまざまな病院で後鼻漏の薬をもらいました。
でも、どこへ行っても似たような薬しか処方してもらえませんでした。

私が処方されたのは抗生物質、ムコダインという去痰剤、辛夷清肺湯、小青竜湯、麻黄附子細辛湯という漢方薬。

抗生物質は体の中に入り込んできた病原菌を攻撃するはたらきがあります。
しかし、抗生物質は人の健康的な菌も攻撃してしまうので、免疫恵機能に必要な様々な物質を殺してしまったり、
細胞を破壊してしまったりします。

風邪のときに抗生物質を飲むとだるくなったり、体が痛くなったり重くなったりするのはこのためですね。
そして、去痰剤は痰を取りのぞく効果があるわけではありません。
痰を柔らかくして、体の外に出しやすくしたり、胃に流れやすくしたりする効果しかないのです。

漢方については、鼻づまり、慢性鼻炎、副鼻腔炎に効果が期待できる辛夷清肺湯、鼻閉、鼻炎、アレルギー性
鼻炎などに効果が期待できる小青竜湯、悪寒、全身倦怠、めない、気管支炎などに効果が期待できる麻黄附子
細辛湯でした。

効能だけ読んでいると後鼻漏にも効果がありそうですが、飲んでいるときしか効果がないのです。
飲むのもやめると症状が再発してしまうので、根本的な解決にはなりませんでした。

私以外の後鼻漏で悩んでいる人がもらった薬まとめ

私以外の後鼻漏で悩んでいる人たちも、だいたい似たような薬をもらっています。
ある男性の体験談では、薬が詳しく書かれていました。

男性が後鼻漏で苦しんでいるときに処方されたのは、以下のとおりです。

レボフロキサシン、クラリス、フロモックス、セフゾンカプセル、クラリシッド、ジスロマックなどの
抗生物質。これらの中には私が何度か処方されたものもあります。先ほども言いましたが、病原菌を撃退
するものなので、後鼻漏の症状には直接関係ないです。

「後鼻漏で免疫力が低下するから、病気にならないように免疫機能かわり」ということで処方されるのです。

抗生物質のほかにも、女性は気道を乾燥させる効果が期待できる柴朴湯という漢方薬を処方されたそう。
後鼻漏の鼻水でネバネバしていて不快だから、気道を乾燥させてすっきりさせるという発想なのでしょうが、
鼻水が流れてきているので、漢方で乾燥させるのは効果がありません。

ほかにはムコダインと同じような去痰剤であるカルボシステイン、ムコスタ、ムコサールなどを処方された
そうです。私と同じで飲んでいる間だけしか効果がなく、飲むのを辞めたら効果がなくなったといいます。

後鼻漏で薬が効かないし変なにおいがしてくるのは危険なのか

病院の薬をどんなに飲んでいても、治らないし、口臭や鼻から変なにおいがする場合、「何か異常が
怒ってるのかな?」と不安になってきますよね?

確かに後鼻漏になっている時点で異変は起こっているのですが、臭いが少しする程度ならまだ平気です。
このまま放置していると悪化してしまうのですが、いますぐどうにかしないといけないほどではありません。

でも自分の口臭が自分で耐えられない場合や、自分ではわからないけど人と話をしているときに「うっ」と
いう顔をされてしまう場合は、要注意です。
副鼻腔にたまっている鼻水の細菌がかなり繁殖してしまっていて、そこから臭いが出ているのです。

この場合はにおいのもとになっている鼻水を取り除くしかありませんが、なかなか出てこないですよね?
そこでうがいをしたり、歯を磨いたりして口臭を少しでも減らしていきましょう。

鼻水が出るタイミングでしっかり出していけば、少しづつよくなっていきます。
そして、体温を上げる工夫をしてみてください。
体温が上がれば全身の機能が30%向上するといわれています。

厚着をしたり、温かい飲み物を飲んだり、暖房をつけたりして、体温をあげましょう。
また、体温をあげると体の中の水分量が減ってしまいます。
こまめに水分補給をして、体の中の水分の循環を良くしてください。

消化器官のはたらきをよくする乳酸菌を多く含んでいる味噌汁を朝昼晩、毎回飲んでいるとこの効果が
えやすいです。インスタントの味噌汁は添加物が多いので、無添加のインスタント味噌汁を週末に作って
おくといいですよ。

味噌を大さじ1とだしの素の粉末を少々、輪切りにしたネギと乾燥わかめ、下茹でしたほうれん草を切った
ものをラップにくるんでひとまとめにします。それを冷凍しておけば、時間がない日でも朝昼晩、簡単に
味噌汁が飲めます。

味噌汁に唐辛子を少し入れておくと、体温をあげる効果がますますアップしますよ。

なた豆茶の後鼻漏への効果

後鼻漏で悩んでいる人に試してほしいものは、ほかにもあります。
例えば、なた豆茶です。

なた豆茶は排膿作用と抗炎症作用が期待できるから、副鼻腔にたまっている鼻水を排出する効果が期待
できます。そして、鼻やのどにできている炎症も抑える効果が期待できるのです。
なた豆茶はやかんで5分煮だすだけで淹れられて、ホットでもアイスでも飲めます。

ホットのほうが鼻と喉の加湿・加温になるので、私はホットのほうがおすすめです。
なた豆茶を飲んでから朝起きた時に出てくる痰の量が増えて、鼻どおりが良くなっていきました。
いらないものがどんどん排出されたから、詰まっていた鼻が通るようになったのです。

味噌汁やなた豆茶で後鼻漏を改善するメリット

病院で治療のために薬をもらうよりも、味噌汁やなた豆茶で後鼻漏を改善したほうがメリットがあります。
費用が安く済むということはもちろん、精神的な負担も軽くて済むのです。

病院でもらった薬を飲んで治療していると、薬を飲み始めてから効果が出るまでが不安です。
しかも効果が出ても薬がなくなったら、またもらいに行かないといけなくなります。
薬をずっと飲み続けるということは、病院へずっと通い続けるということなので手間もかかります。

でも味噌汁やなた豆茶なら、ふつうに毎日の生活に取り入れればいいだけだし、味噌汁の材料はスーパーで、
なた豆茶は通販で手軽に買うことができます。通院する手間がかからないし、効果が出るまでの間も、特別
なことをしていないから、そこまで不安はないと思います。

日常的なことで真剣に悩んでいる症状を改善できた方が、気分が楽ですよね?
ストレスは後鼻漏によくないので、薬を飲むのを辞めて食事でケアしてみてください。

後鼻漏を治せる薬はない

後鼻漏に直接的に作用する薬はないので、病院で処方された薬だけで後鼻漏を治そうとしても効果は
期待できません。

ですので後鼻漏を治すためには、薬以外の方法でケアしたほうがいいでしょう。
また手術などの方法もありますが、体への負担が大きいからやめておいたほうがいいですね。
効果も半分以下の割合の人にしか出てこないので、手術しても再発する可能性が高いです。

また病院によっては鼻うがいが効果的といわれていますが、鼻うがいは生理食塩水が副鼻腔に残ってしまう
危険性があるので、最近はしないように指導している病院も多いです。
鼻うがいはしないでおいて、食事療法と適度に運動で後鼻漏のケアをしてみてください。

私はなた豆茶で後鼻漏が完治したので、食事でも完治できますよ。