手術をしたのに後鼻漏が治らないときはどうすればいい?

後鼻漏で悩んでいる人の中には、手術を受けようとしている人もいると思います。
「もう何年も後鼻漏で、ぜんぜん治らない」という場合は「手術しかない」と思いますよね?

私も8年間、後鼻漏でつらい思いをしているから「手術するしかないのかな?」と考えた時期もありました。
でも、手術をするのは怖いからどうしてもいやで、いろいろな方法を調べたり、人に聞いていたのです。

そしたら知り合いに手術なしでも後鼻漏を効果的に治す方法を教えてくれて、完治しました。
これから手術をする人でも、手術でも後鼻漏が治らなかった人でも、効果があると思いますよ。

後鼻漏は治らないことが多い理由

後鼻漏という病名を聞いたことがなくても、「鼻水の味がするネバネバの痰がずっと絡む症状」といえば、
ピンとくる人も多いと思います。

風邪をこじらせたときや花粉症、アレルギー性鼻炎などさまざまな原因で、後鼻漏は起こってしまいます。
その理由は、もともとの人間の体の仕組みにあります。

健康な人でも、毎日6リットルは鼻水が喉に降りているといわれています。
私は鼻水は基本的に鼻から出るものだと思っていたのですが、基本的に喉に流れるものみたいです。
この仕組みがあるから、副鼻腔にたまってしまった鼻水も喉に流れてしまうのです。

花粉症や風邪などの原因でいつもよりも多く鼻水が出るようになると、喉に流れきれずに副鼻腔に残って
しまいます。この残りがどんどん蓄積されていって、慢性副鼻腔炎になるのです。

副鼻腔は洞窟のように入り組んだ形をしていて、ほほの内側、眉間、額の中央に左右2か所づつ、合計8か所
あります。ここに鼻水がたまって細菌が繁殖して水分が減り、ネバネバしてしまうので、一度たまるとなか
なか出てきません。

しかも後鼻漏に効果が期待できる具体的な治療法は、まだ見つかっていないのです。
ですのでなかなか完治しないで、症状がどんどん深刻化してしまう人もいます。

私も後鼻漏が最大にひどかったときは、嗅覚と味覚のほとんどと、聴覚の半分くらいが使えなくなりました。
とくに鼻がひどかったから、もう臭いをかぐのは無理だろうなとあきらめていたのです。
それでも完治して、今はふつうに嗅覚も味覚も聴覚も戻っていますよ。

手術しても後鼻漏が治らないことが多い

具体的な治療法がないから、ふつうに通院しているだけでは治らない後鼻漏。
「だったら手術をすれば治るの?」と言われても、そうでもありません。

後鼻漏に具体的に効果がある治療法がないのと同じで、後鼻漏に具体的に効果がある手術もないからです。
後鼻漏で悩んでいる人に行う手術といえば、鼻中隔矯正術という鼻の骨をまっすぐにする手術など。
でも、鼻の骨が曲がっていなくても後鼻漏の人はいます。

ほかには副鼻腔の下に穴をあける手術もありますが、これも穴が鼻水でふさがってしまうと効果がなくなります。
レーザーで鼻の粘膜を焼いて腫れを抑えて、鼻どおりをよくするという手術もありますが、これも効果が薄いです。

ある人の体験談では「レーザー手術をしても3割くらいの人にしか、効果が期待できません」と医師にはっきり
言われてしまったそうです。「実際にしてもあまり効果がないから、薬物療法を続けたほうがいいよ」といわれた
といいます。

でも、その薬物療法も何年も続けていてもぜんぜん効果がないという人も多いのです。
私も近所の耳鼻科から職場の近くの耳鼻科、遠くにある大学附属病院など、さまざまなところで薬物療法を
行いましたが、どこでも似たような薬を処方されてぜんぜん効果がありませんでした。

薬を飲んでいるときは症状が治まっているけど、飲むのを辞めた途端に症状が再発するのです。
「一生薬を飲み続けるのは嫌だな」と思い、途中でやめてしまいました。

手術に頼らないで後鼻漏を完治した人の体験談

手術に頼らないで後鼻漏を完治した人はとても多いです。
「手術も効果が期待できないんじゃ、どうすることもできない」と、悲観しないでください。

ある女性の体験談には「うがいをしつこいくらいに毎日していたら、治った」と書かれていました。
後鼻漏のネバネバの鼻水は、口の中にたまる傾向にあります。
とくに喉の奥にたまって出てこないこともあるので、うがいをすることでこれを吐き出しやすくなるのです。

うがいをこまめにすると細菌まみれの鼻水が下りてきて、虫歯になる可能性も減ります。

うがいをこまめにしたり、歯磨きをこまめにすると、この可能性が減ります。
しかも、後鼻漏の症状で多い吐き気や嘔吐も減りますよ。

私は後鼻漏の鼻水が口の中に降りてきて、気持ち悪いときはよく歯を磨いていました。
ミント系の歯磨き粉をつけると、口の中がスーッとして気持ちいいし、うがいをすると鼻水が一緒に
出てきて、気持ち悪さがなくなるのです。

うがいをするときは喉の下のほうを重点的にするのではなく、上あごの奥を重点的に水を当てるように
するといいですよ。口を大きく開けて、シャワーを口の中に噴射するという方法で洗っている人もいますが、
この方法が苦しそうなので、やめておいたほうがいいと思います。

同じシャワーを使った方法で、鼻の穴から中を洗うという方法もありました。
私もやったことがあるのですが、確かにスッキリして気分がいいです。
でも鼻の穴の中に水が残っていたことがよくあって、あとから鼻の穴から水が出てきたりしました。

これがずっと残り続けると炎症の原因になったりするから、やはり安全とはいえない方法ですね。

手術後のケアをきちんとしなかったことで再発する人もいる

後鼻漏の手術は術後数日間は安静にしていないといけないし、鼻の穴に入れられるガーゼをとるのは
いけません。でもこれを守らずに、症状を再発させてしまっている場合があります。

ある男性は手術で入院するために3日間会社を休んだそうです。

入院は水曜日から金曜日にして、土日に安静にしていればいいと思っていたそうです。
でも病院の先生から「手術後は5日間、安静にしてください」といわれ、木曜日に手術したので火曜日まで
休まないといけないことになってしまったといいます。

さすがにそこまで休めないので、出勤したらその数か月後に後鼻漏が再発し、今は手術前と変わらない状態
になってしまったのだとか。こうなると、意味がないので手術をしたらしっかり休みましょう。

会社を休まないでできる治療法まとめ

後鼻漏には、病院に頼らない、会社を休まないでできる治療法もあります。
通院で後鼻漏を完治できたという人は少ないですが、自分でする治療法で完治した人は多いです。

ある女性の体験談にいは「ネギとショウガをたくさん食べる生活を送っていたら後鼻漏が完治した」と
書かれていました。

ネギの成分について調べてみると、血行を良くする効果が期待できるアリシンが多く含まれています。
ほかにもビタミンAやCなど健康にいい成分が含まれています。
ショウガには血行促進効果が期待できるので、どちらも水分の循環をよくしてくれます。

納豆や冷ややっこ、味噌汁などに入れるネギを多めにして、生姜湯をよく飲んでいたら後鼻漏が治ったとか。
あと基礎体温が上がったから、風邪をひきにくくなったといいます。

なた豆茶を飲んだら後鼻漏が治りやすい

なた豆茶を飲んだら、後鼻漏が完治したという人も多いです。
私もなた豆茶をんで、後鼻漏を完治しましたよ。

なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用があるから、鼻の奥の副鼻腔にたまっている膿状の鼻水と炎症を治す
効果が期待できます。私の場合は黄色く変色したドロドロの鼻水がドバーっと出てきましたよ。

ほかの人の体験談では「朝起きたら吐き気がなかったのに、歯を磨き終わってすぐに急に勢いよく吐いて
しまった。しかも緑色のネバネバのゲロでびっくりした」と書かれていました。
緑色に変色した鼻水が勢いよく出てきたのでしょう。

このようになた豆茶で、すぐに効果を実感できた人が多いです。あなたにも試してみてください。

手術をしたら後鼻漏の手術費用はいくらかかるの?

後鼻漏で治療をするときは、長期間かかる場合がほとんどです。
こうなると費用が心配ですよね?

後鼻漏をしっかり治したいけど、お金がかかりすぎるのは嫌なものです。
そこで、後鼻漏の治療にかかる費用についてまとめてみました。

私も後鼻漏で8年間、苦しんだので費用がかさむと困るあなたの気持ちはよくわかります。
無理のない範囲でお金をかけて、きちんと後鼻漏を治療しましょう。

後鼻漏を放置していると起こる思わぬ障がい

後鼻漏は1日中鼻水が喉に降りてくる症状です。
慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の人に多く、起きているときも寝ているときも症状があります。

ずっと副鼻腔にたまっていたネバネバの鼻水が流れてくるから、それを飲みこんだり吐き出したりしないと
いけないことに悩まされ続けます。このストレスはかなりのもので、私は後鼻漏で悩んでいるときは、
1日中精神的にゆとりがなかったです。

しかも、慢性副鼻腔炎でいつもよりも大量に鼻水が出るようになってるから、鼻詰まりがひどくて完全に
鼻が詰まって鼻呼吸ができなくなりました。臭いもわからなくなったし、耳も聞こえずらくなって、最終的に
味覚もほとんどなくなりました。

臭いはどんなに臭いものでもわからないし、大きい音じゃないと聞こえないからイヤフォンの音量は夫の倍、
味がわからないから市販のソースを使って料理をしていました。こんな風に後鼻漏を放置していると、
嗅覚障害、味覚障害、聴覚障害などになってしまいます。

後鼻漏で悩んでいる人たちの体験談を読んでいると、「視力が低下した」「思考力が低下した」「集中力が
なくなった」など、生活に支障が出てしまう弊害が出ている人がほとんどでした。
こうした症状は、その人の生活レベルを下げてしまいます。

人生に悪影響なので、はやめに治したほうがいいでしょう。

後鼻漏の治療法と具体的な費用まとめ

後鼻漏の治療は薬剤療法、手術、吸入器と主に3種類あります。
一般的なのは薬剤療法ですが、意外と費用が掛かります。

薬を病院で処方してもらって後鼻漏を治療する場合は、月に1回通院して診察を行ったうえで薬を処方
してもらいます。かんぜんに薬だけで治療している人は少ないので、このときに吸入器での治療も行い
ます。

吸入器はネブライザーといって、薬剤と生理食塩水を蒸気にして鼻から吸い込んで口から吐くものです。
蒸気を吸い込む時間は5分くらい。1回600円代でできます。
薬は種類にもよりますが、1種類につき1か月分1,000円代という人がほとんどでした。

私は後鼻漏で通院しているときに毎回3~4種類の薬をもらっていましたが、5,000円以上になったことは
なかったと思います。私がもらっていたのは去痰剤という痰を柔らかくする薬と抗生物質、漢方です。

そして、後鼻漏で悩んでいる人の中には手術をする人もいます。
鼻の骨が曲がっている場合は鼻中隔矯正手術を受けるのですが、費用を調べてみると入院費こみで8万円前後。
鼻内内視鏡手術の場合は、「入院費込みで12万円だった」という体験談がありました。

このように手術を受ける場合が圧倒的に、費用が高いですね。
後鼻漏の手術は入院が必要なものが多いし、手術後も通院しないといけないのでさらに費用がかかります。

後鼻漏手術の詳しい費用まとめ

後鼻漏の治療でいちばん費用が掛かるのは、やはり手術です。
手術をする場合の細かい費用が気になる人も多いと思います。

そこで、ここからは後鼻漏手術の費用についてお話していきましょう。

ある病院で行っている後鼻漏手術は後鼻漏神経切断術が片方約8万円、副鼻腔炎の手術が片方約20万~90万円
など手術の種類によって違いがあります。

ただ後鼻漏手術でよく行われる鼻中隔矯正術は約2万円、鼻甲介切除術は片方約3~8千円とお手頃価格です。
手術の時の麻酔を全身麻酔にすると約3万円になりますが、気軽にできてしまえる費用ですね。

これで軽い気持ちで手術をする人がいますが、手術後に後悔することになります。

その理由は通院の面倒くささと、症状の再発のしやすさ。
手術後2週間は週に2~3回、3週間目~6週間目は週に1~2回、通院する必要があるのです。
このたびに診察費用と薬代がかかります。

そして、看護婦の友達がいうには「慢性副鼻腔炎は手術で治るけど、後鼻漏は手術しても治らない」そうです。
実際に手術したのに再発している人は多いので、手術はしないほうがいいと私は思いますよ。

手術をしたい場合は事前に診察を受ける

手術を希望する場合は、事前に病院へ行って診察を受けることになります。
しかも、電話で「手術を受けたい」と伝えておく必要があるのです。

予約なしで病院へ行って、「手術してください」といっても当日に手術することにはなりません。
ネット予約ができる病院も少ないので、電話する手間、一度病院で診察を受けて検査を受ける手間などが
あります。

鼻中隔矯正術を受けたある女性の体験談では、「麻酔をしても大丈夫かどうかを確認するために、血液検査
をした。病院でレントゲンをとって副鼻腔にどれくらい鼻水がたまっているのか確認をして、採決をして
1週間後に病院で血液検査の結果を聞いて、その数日後に手術になった」と書かれていました。

初診から3回目で手術をしているので、結構面倒くさいですね。
手術後も何度も通院することになりますし、もっと手軽にできる治療法がいいと思います。

通院や費用の心配がなくできる治療法はなた豆茶

通院をしたり費用の心配をしたりする必要がないのは、なた豆茶です。
なた豆茶を飲むと、手術をしないで治療をすることができます。

なたまめ茶には、排膿作用と抗炎症作用があります。
鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水を排出して、副鼻腔やのどの奥にできている炎症を治す効果が期待
できるのです。

私は最初、スーパーで売られている安い中国産のなた豆茶を飲んでいたのですが、2年間飲み続けても効果が
あまり出ませんでした。鼻水の出が少し良くなって鼻が少し通るようになったかもしれない…くらいだった
のです。

でも「薩摩 なた豆爽風茶」というなた豆の専門協会が認定している商品にしたら、2週間くらいで黄色い
鼻水のかたまりがドバーっと出てきました。

中国産のなた豆茶を飲んでいたときも、最初黄色い痰が出ていてそのあとに透明な痰に変わっていました。
「もう治りかけなのかな?」と思っていたけど、国産のなた豆茶にしたらさらに黄色い痰が出てきたから、
「まだ、ぜんぜんたまってたんだ!」とびっくりしました。

なた豆茶は国産で無添加のものを選ぶと1袋で3,000円代と、結構な値段がします。
でも通院していても2,000円くらいかかったりするし、手術よりは安いです。
それに通院する手間もかからないし、痛みもありません。

後鼻漏の手術は術後が痛い

後鼻漏の手術は、術後が痛いという体験談をよく目にします。
ある女性の体験談には、「今まで経験したことがない痛み」と書かれていました。

「頭蓋骨をグリグリやられているような痛みと、歯の奥をグリグリやられているような痛みが合わさった感じ」
と書かれていたので、そうとうな痛みだったのでしょう。
「手術をして麻酔が切れてからがつらい」と、多くの人が体験談につづっています。

なた豆茶はほうじ茶のような優しい味でほっこりする香りだし、痛みもかゆみもいっさいありません。
毎日お茶を飲んでいるだけで後鼻漏が治っていくので、手術のような痛みや怖さがないからいいですよ。

手術は、これだけ痛い思いをしても再発してしまう可能性があります。
しかしなた豆茶は飲み続けていれば効果が出続ける可能性が高いから、再発の心配が手術よりは少ないです。
後鼻漏で悩んでいる人には、ぜひ一度なた豆茶を試してほしいです。

名医に後鼻漏の手術をしてもらいたいときは?

鼻水が1日中、喉の奥に流れてしまう後鼻漏という症状は具体的な治療法が見つかっていません。
ですので、後鼻漏で悩んでいる人は病院を転々としながら薬を飲み続けている人が多いです。

私も8年間、後鼻漏で悩んで近所の小さい耳鼻科から大学病院まで、いろいろな病院へいきました。
でも、効果がなくて最終的には、知り合いに教えてもらったお茶で改善したのです。

後鼻漏の手術をする人もいますが、名医と呼ばれる人にしてもらえば効果があるのでしょうか?
ここでは、後鼻漏の手術をする名医の情報と口コミを紹介していきます。

そもそも後鼻漏とは

後鼻漏という病名を聞いたことがある人は多いと思います。
最近認知度が上がってきて、今まで自覚がなかった人も「私も後鼻漏かも」と気づき始めています。

後鼻漏は、それ自体は病気ではありません。
慢性副鼻腔炎という、鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水が起こしている症状です。
風邪をこじらせたり、花粉症などでいつもよりも多く鼻水が出るようになったことで鼻水がたまります。

そして鼻から喉に鼻水が流れるという健康な人にでもある体の仕組みなので、副鼻腔にたまっているネバネバ
の鼻水も流れてしまいます。細菌が繁殖していて、のどにひっかかりやすい鼻水だから、喉に詰まることも。

後鼻漏の症状はネバネバの鼻水が喉に流れて気持ち悪い、喉の奥が詰まる感じがする、声が出しづらい、
呼吸がしづらい、鼻づまり、顔面痛、頭痛、口臭、虫歯などがあります。

副鼻腔から流れてくる鼻水は細菌が繁殖しているので、慢性気管支炎、肺炎、食道炎などの病気になる可能性
があります。ですので、はやめに治すことが大切ですが、具体的な治療法がありません。

1日中後鼻漏で鼻水が喉の奥に流れてくることで起こる不快感

1日中後鼻漏で鼻水が喉の奥に流れてくることで、とても不快な思いをすることになります。
私は仕事中に悲惨なことになったことがあります。

雑貨の販売職をしているのですが、開店準備のために動き回っていたら体が温まって鼻水が喉の奥から
沸いて出てきました。いつものことなのでティッシュに吐き出そうとしていたら、その日は開店直後から
お客さんが殺到してしまい、鼻水を吐き出すタイミングがありませんでした。

口の中にずっとためているとお客さんを接客できないので、飲み込んでいました。
その日は夕方までずっと忙しくて、ずっと飲み込んでいたのですが夜に胃痛になって下痢になりました。
その翌日も胃が痛くて何も食べられない状態で、おなかがぱんぱんに膨れてしまったのです。

妊娠しているような感じになって、便秘になってしまいました。
3日間便秘に苦しむことになりました。

後鼻漏の細菌が繁殖している鼻水は体に悪いし、消化しにくいので胃痛や便秘、下痢などになりやすいです。
鼻づまりがひどくて、胃が弱い、便秘体質でよくおなかが膨れてしまうという人は後鼻漏かもしれません。
こういうときは私は整腸剤で対応していました。

乳酸菌を補給すれば、便秘を解消する効果が期待できるからです。

後鼻漏を手術で治したい場合

後鼻漏は具体的な治療法がないから、薬で症状をおさえるしかありません。
でも、薬で症状を抑え続けていても鼻水はどんどんたまっていきます。

ですので、手術でスッキリ治したいと考えている人は多いはず。
手術で後鼻漏を治す場合は、経験豊富な名医に依頼したほうがいいでしょう。

私は近所の耳鼻科で「ここで手術できますよ」といわれたことがあったのですが、小さい病院だったから
いざというときに対応してもらえるのか心配で、遠慮しておきました。
そもそも手術するつもりがなかったし、恐怖心が強かったのでほかの病院でもしなかったと思います。

後鼻漏を手術で治す場合は鼻の穴から内視鏡をいれて、副鼻腔の下に穴をあけて鼻水を出しやすくします。
この方法は体に負担がかかるし、「穴をあける」というのが怖いですよね?
そこで、Bスポット療法を試してみてください。

Bスポット療法とは、鼻と喉の境目の上咽頭にできている炎症にする治療法。
塩化亜鉛で炎症部分を焼いてかさぶたをつくることで、保護しつつ早く治しやすくするのです。

Bスポット療法をしてくれる名医

Bスポット療法は塩化亜鉛という刺激の強い薬剤をつかうので、名医に任せたほうがいいです。
慣れてない人にしてもらった人の口コミでは「違うところに何度も塗られて、何度も痛い思いをした」とか。

東京でBスポット療法を受けたいなら、慶友銀座クリニックが有名です。
内科と歯科が併設しているので、本当に後鼻漏なのか、後鼻漏で歯に悪影響が出ていないかも検査してもらえ
ます。

後鼻漏に関する詳しい記述がサイトに掲載されているので、後鼻漏治療に力を入れている病院と推測できます。
あと、Bスポット療法はしていない病院が多いから、サイトに「Bスポット療法」と書かれているか確認をして
からいきましょう。

後鼻漏は、常に細菌だらけの鼻水が喉の奥に流れ続ける症状です。

鼻と喉の境目の上咽頭は細菌にずっとさらされていることになるから、炎症が起こりやすいです。
後鼻漏で上咽頭炎になっている人は多く、上咽頭炎になると膿も発生するから、ますます後鼻漏が
治りにくくなってしまいます。

ですので、Bスポット療法で上咽頭にかさぶたを作れば、後鼻漏は治りやすくなります。

日本全国の後鼻漏治療を行っている名医一覧

日本には、さまざまな地域に後鼻漏治療の名医がいます。
ここで、一覧にまとめるので参考にしてみてください。

・北海道大学病院 中丸裕爾先生 鼻副鼻腔良性腫瘍の手術名医

・東京慈恵会医科大学付属病院 鴻信義先生 耳鼻科医で国内トップといわれる名医
・東京慈恵代医科大学付属病院 森山寛先生 副鼻腔炎の内視鏡下鼻内手術の名医
・聖路加国際病院 柳清先生 副鼻腔炎の内視鏡を使った内視鏡下鼻内手術の名医
・順天堂大学医学部付属順天堂医院 池田勝久先生 耳鼻科咽頭科で屈指の名医
・神尾記念病院 神尾友信先生 慢性副鼻腔炎の内視鏡下副鼻腔治療の名医

・東京大学医学部付属病院 近藤健二先生 最先端技術で治療する名医
・昭和大学病院 比野平恭之先生 副鼻腔疾患の名医
・石戸谷耳鼻科咽頭科 石戸谷淳一先生 耳鼻咽頭科のベテラン

・神奈川県 逗子中央耳鼻咽頭科 八尾和雄先生 慢性副鼻腔炎の名医
・埼玉医科大学総合医療センター 菊池茂先生 マクロライド療法の有効性を発症した名医
・栃木県 獨協医科大学病院 春名眞一先生 内視鏡的鼻内下副鼻腔手術のベテラン
・栃木県 自治医科大学付属病院 市村恵一先生 耳鼻咽頭科、慢性副鼻腔炎の名医

このように後鼻漏治療の名医は、関東に集中していることがわかりました。
ほかの地域で後鼻漏の治療を受けたいときは、わざわざ遠出をすることになります。
でも、できれば遠出はしないで治療したいものですよね?

遠出をしないで後鼻漏治療をする方法

手術のために遠出するとなると、費用もかさむし、日数もかかります。
病院によっては日帰りで手術してもらえるところもあるから、できるだけはやく終わらせたいものです。

そういう場合は自宅で通院なしで治療できる方法にするといいですよ。
例えば、なた豆茶を使ってケアする方法があります。

排膿作用と抗炎症作用があるなた豆茶を飲めば、毎日お茶を飲んでいるだけで後鼻漏が完治する可能性が
あります。実際に私は通院なしでなた豆茶で後鼻漏を完治しました。
発症してから8年たっていて、かなり重い症状になっていたのに効果があったのです。

鼻づまりがひどすぎて臭いが完全にわからなくなっていたけど、なた豆茶のおかげで今はすっきり鼻が
通っていて、ちょっとした臭いにも気が付けるようになりましたよ。
あなたもなた豆茶を試してみてください。

大阪で後鼻漏の手術ができる病院はあるのか?

後鼻漏になると1日中鼻水が喉の奥に流れて、苦しい思いをすることになります。
私も後鼻漏で8年間悩んだので、喉の奥に痰のような鼻水が絡むことがよくありました。

私の場合は風邪をこじらせたことが原因で急性副鼻腔炎になって、後鼻漏になりました。
風邪の段階ではやく病院へ行っていればこんなことにはならなかったので、とても後悔しています。

後鼻漏は手術をしないと治らないという人もいて、なかなか完治が難しいです。
でも、私はとてもかんたんな方法で後鼻漏を完治できましたよ。

後鼻漏を治すための手術とは

後鼻漏を治すためには、手術が有効といわれています。
まだ具体的な治療法が見つかっていないから、手術をする必要があるそうです。

後鼻漏で悩んでいる人に効果が期待できるのは、鼻内内視鏡手術、Bスポット療法など。
鼻内内視鏡手術は、ファイバースコープを使って鼻の穴から手術を行います。

一方Bスポット療法は手術というほどではありませんが、局部麻酔をして鼻と喉の境目である上咽頭に
塩化亜鉛を塗る治療法です。この方法でかさぶたをつくることで、上咽頭にできている炎症を保護します。

後鼻漏は1日中細菌が繁殖した鼻水が流れてくるから、この鼻水から炎症部分を保護することでのどの痛みを
改善することができるのです。私は後鼻漏で悩んでいるとき、一度だけ上咽頭炎になったことがあります。
声が出なくなって、咳をするのもつらい状態でした。

呼吸をしているだけで喉の奥の方がヒリヒリいたくて、乾燥しているのです。
飲み物を飲んでも飲んでも口の中が渇いてしまう感じでしたね。
Bスポット療法は、上咽頭炎に劇的な効果が期待できるといわれています。

実際にBスポット療法を受けた人の80%以上は、症状が良くなったそうです。

大阪でBスポット療法を受けるなら

大阪でBスポット療法を受けるなら、田中亜矢樹先生がいいでしょう。
口コミで名医と評判で、多くの人が上咽頭炎を完治させています。

田中先生は花粉症、後鼻漏、上咽頭炎などの治療を行っていて、治療が的確と好評です。

ある人の体験談では「まずCTをとって副鼻腔に炎症ができているかを確認します。
そのあとで菌がいるかも検査して、上咽頭炎を診察します。
扁桃腺もみてもらい、鼻水や痰の原因を調べます。

事前に「Bスポット療法をしてください」と伝えてあれば、塩化亜鉛で処置してもらえます。
また、口呼吸の危険性についてもお話してもらえるそうです。

鼻で呼吸をすると鼻毛のフィルターでゴミやほこりなど大きな異物を取り除きます。
そして、鼻の奥から喉の奥にかけて移動するときに外気が温められて加湿されるから、喉に到達する
ころにはろ過させて加湿・加温された空気になっているのです。

口呼吸にはこれがありません。ほこりもゴミも虫も直接入ってきて、加湿・加温もありません。
ですので、喉が乾燥したり、冷えたりしてしまうわけですね。

大阪の名医・田中亜矢樹先生のクリニックでできる手術まとめ

口呼吸の危険性を訴えている田中先生のクリニックでは、Bスポット療法以外の手術もできます。
ここからは田中耳鼻下咽頭科でできる手術について、お話していきます。

例えばアレルギー性鼻炎で悩んでいる人には、炭酸ガスレーザー手術があります。
花粉で炎症を起こして腫れてしまった粘膜にレーザーを当てて、腫れを抑えます。
手術でレーザーを当てるのは下鼻甲介という部分。

局部麻酔をして手術をするから、痛みも出血もほとんどありません。
小学校高学年から受けらえる手術ですが、効果は2年くらい続きます。
費用は数千円とお手頃ですが、花粉症が原因の後鼻漏にしか効果はありません。

鼻の骨が曲がっている鼻中隔湾曲症、花粉症以外が原因の慢性副鼻腔炎などには効かないですよ。

炭酸ガスレーザー手術のデメリットまとめ

炭酸ガスレーザー手術のデメリットは、一度の手術では効果が出にくいこと。
そして、一切効果が出ない事例もあるということです。

鼻中隔湾曲症の手術は1回で効果が期待できます。
しかし、実際に効果が出てくるのは手術をした1年後からです。

鼻内内視鏡手術は副鼻腔炎には効果があるけど、後鼻漏には効かないと私の友達の看護婦が言っていました。
そしてこの炭酸ガスレーザーは1回の手術では効かない可能性があります。

また、口コミを見てみると「炭酸ガスレーザー手術やったのに、花粉症になった」というものも。
効果がぜんぜんなかったという場合もあるようなので、過度に期待しないようにしてください。

慢性副鼻腔炎が完治する手術をすれば後鼻漏は治るのか

慢性副鼻腔炎が完治する手術をすれば、後鼻漏は治ると考えて手術をする人もいます。
しかし、実際にはそうかんたんにはいかないのです。

ある女性の体験談には、「慢性副鼻腔炎を治せば後鼻漏も治ると思ってたけど、手術から1年たっても
後鼻漏が全然よくならない。いまだに寝ているときでも鼻水が流れてきてむせてしまう」と書かれて
いました。

確かに後鼻漏の原因は、慢性副鼻腔炎が多いです。
原因を解消すればそれに伴う症状も改善するという考えは間違ってはいないのですが、後鼻漏自体は人の
健康は仕組みなのです。

健康な人でも毎日6リットルは鼻水が喉に流れているといわれています。
慢性副鼻腔炎で副鼻腔に細菌が繁殖してる鼻水がたまっている場合は、このネバネバの鼻水が流れます。
健康な人はサラサラで透明な鼻水が流れます。

この鼻水の質が違うというだけで、鼻水が流れる仕組み自体は止めることができません。
慢性副鼻腔炎が完治しても喉の奥に炎症があったり、食道に汚れがたまっていたりすると不快感は治りません。
また鼻ポリープなどがあると、すぐに後鼻漏が再発してしまいます。

ですので、繰り返しなんども治療できる方法がいいでしょう。

後鼻漏の原因はひとつではない

慢性副鼻腔炎が原因になっていることが多い後鼻漏ですが、生活習慣などが原因になっていることも。
ですので、一つの原因に絞ってそれだけに効果がある手術をしても完治しないのです。

後鼻漏の慢性副鼻腔炎以外の原因は、口呼吸、喉の乾燥、鼻ポリープ、中耳炎、喉の炎症など。
姿勢が悪くて痰が喉の奥にたまりやすくてそれで炎症が起こって、後鼻漏になる場合もあります。
ですので、複数の原因に効果が期待できる治療法を選びましょう。

私は、なた豆茶がいいと思います。
なた豆茶は毎日飲んでいるうちに、後鼻漏の原因になるさまざまな症状を改善する効果が期待できます。

排膿作用があるので慢性副鼻腔炎、抗炎症作用があるので上咽頭炎屋中耳炎、抗腫瘍作用があるので鼻ポリープ、
食物繊維が豊富だから便秘、ミネラルが豊富だから胃の不調、水分だから喉の乾燥など…。
こうした複数の効果が期待できるもので毎日少しづつケアをしていけば、原因がはっきりしなくても効果が期待
できます。

私も後鼻漏の原因は慢性副鼻腔炎でしたが、それ以外にもストレスがひどかったり、疲れていたり、
毎年花粉症になっていたりして、どれが直接の原因なのかわかりませんでした。
おまけにときどきひどい便秘になるから、余計原因が特定できずに困っていたのです。

でも、なた豆茶を飲んだら2週間で症状が劇的によくなりました。

今では症状が完治していて、とても快適な生活ができています。
鼻詰まりがないから呼吸も楽だし、疲れにくくなりました。

1日中鼻水のことを気にして生活していたときは、本当にちょっとしたことでイライラしていたのですが、
今はそれがないから、仕事にも意欲を持てるようになったし、趣味の時間も充実しています。

後鼻漏で悩んでいる人は、なた豆茶を飲んでほしいです。
私と同じように、短期間で効果を実感できるかもしれません。
手術をすると体への負担が大きいですが、なた豆茶は飲むだけなので負担がほとんどないですよ。

鼻中隔湾曲症で後鼻漏になってる場合は手術しかない?

鼻水が1日中喉に流れてくる後鼻漏の治療として有効といわれている鼻の手術。
とくに鼻中隔湾曲症という鼻の中心にある骨が曲がっている人には、有功といわれています。

でも鼻中隔湾曲症の人でも、できれば手術をしないで治したいですよね?
そこで、ここでは鼻中隔湾曲症の人が受ける手術の内容と費用、そして手術以外の方法をお話します。

私も鼻中隔湾曲症ではありませんが、後鼻漏で長く苦しんだ経験があります。
手術や病院の薬以外で治したので、参考になるかと思います。

そもそも鼻中隔湾曲症と後鼻漏とは

あなたを悩ませている鼻中隔湾曲症、そして後鼻漏。
この2つの症状をいまいち理解できていないという人のために、おさらいしていきましょう。

まず鼻中隔湾曲症とは、鼻の中心にある骨が曲がったりゆがんでいること。
人は生まれた時は鼻の中心の骨がまっすぐなのですが、成長する過程でどんどん曲がってしまいます。
それは姿勢の悪さやケガなどでどうしても歪んできてしまいます。

誰でもゆがんでいて漫然にまっすぐの鼻の骨をしている人はいないといわれていますが、その歪み度合いが
強いと片方の鼻の穴が広くて、片方の鼻の穴が狭いということになり、狭い鼻の穴はつまりやすくなります。
ある男性の体験談には、左の鼻の穴がいつも詰まっていると書かれていました。

「高校のころに自転車で思いっきり右側に転んだことがあった。顔を強打して字になったけど骨折などはなし。
その後もサッカー部をふつうに続けられていたから、安心してたけどその衝撃で鼻の骨が曲がったみたいで
いつも左の鼻が詰まっている」

このように事故というほどのトラブルでもないことで、鼻の骨はゆがんでしまいます。
そして、鼻が詰まると鼻の奥の副鼻腔にどんどんたまってしまい、細菌が繁殖して粘り気が出るように。
この粘り気が出た鼻水が喉に流れるのを、後鼻漏といいます。

鼻水は健康な人でも喉に流れているからそれ自体は問題じゃないのですが、鼻水の質が悪いから不快になるのです。

鼻中隔湾曲症は手術でしか治せないといわれている理由

鼻中核湾曲症は、手術でしか治すことができないといわれています。
それは骨がゆがんでいるからです。

でも、先ほどの体験談の男性のケースのように「事故というほどのことでもないこと」で鼻の骨は曲がって
しまいます。これは鼻の骨が軟骨でできているから、柔らかくて曲がりやすいからです。
つまりわざわざ手術をしなくても軽い衝撃を与えれば、まっすぐになるということです。

私の知り合いに、鼻の骨が曲がっていることを気にしている人がいます。
彼女は後鼻漏ではないのですが、私と同じ接客業だから気になるとのこと。
若い頃は整形も考えたけど、やっぱり怖いから整体に通っていました。

「全身の骨のバランスを整えたら自然と鼻の骨もまっすぐになるのではないか」という考えだったのですが、
最終的に自分で整体師にマッサージの仕方を教えてもらって、まっすぐにしていました。

鼻の骨を自力でまっすぐにする方法は、鼻の骨をなぞってゆがんでいるところを鼻の穴が狭くなっている方
から広がっている方へやさしく押すだけ。痛くない範囲で押して10秒キープ、10秒休むというのを3セット
毎日行ってください。

1回で治そうとして思いっきり、グリグリ押すと軟骨が傷ついてしまったり、鼻血が出る可能性があります。
痛みを感じない程度にやさしく丁寧に毎日押して、鼻の穴の大きさをそろえてくださいね。

これだけで漫然にまっすぐにはなりませんが、片方の鼻の穴だけが詰まってしまうことがなくなる程度には
矯正できます。

鼻中隔湾曲症を手術で治した場合

鼻中隔湾曲症は自分で毎日マッサージすることで、ある程度は矯正できます。
でも手術で治したら、どうなるのでしょうか?

ある女性の体験談には「1泊2日で手術して、入院費込みで8万円だった」と書かれていました。
意外と安く、口コミではほとんどの人が「効果てきめん」「やってよかった」「こんなに鼻どおりが良くなる
なんて」と感動するくらいに症状が良くなっているようです。

ただ、「手術をして1年くらいは鼻が詰まってしまうことが多い。効果を実感するためには数年単位で時間が
必要」という口コミも。手術の効果が得られるまでに数年も待たないといけないのは嫌ですよね?

その間ずっと、「本当に効果があるのかな?」「もし私にだけ効果がなかったらどうしよう」と不安になる
のは嫌だと思います。ですので、もっと効果が早く実感できる方法を選びましょう。

鼻中隔矯正手術よりも早く効果が得られる方法

鼻中隔湾曲症手術よりも早く効果が得られる方法は、なた豆茶を飲むことです。
なた豆茶は鹿児島県産のお茶で、強いデトックス作用があるといわれています。

今若い女性を中心に便秘解消にいいとかダイエットにいいとうわさされていて、飲んでいる人が多いです。
便秘解消効果が期待できるのは食物繊維とミネラルが豊富だから。
便のかさ増しになる食物繊維と、消化器官のはたらきを助けるミネラルが含まれているからです。

そして、有効成分カナバニンの排膿作用と抗炎症作用、コンカナバリンAの抗腫瘍作用、ウレアーゼの腎機能
活性化が期待できるので、後鼻漏にも効果が期待できます。

鼻中隔湾曲症の人は片方の鼻が詰まりやすいので、つまらないように鼻と喉の粘膜のはたらきをよくする
ことで後鼻漏改善と予防ができると思います。鼻の骨をまっすぐにすることももちろん効果的ですが、
鼻の骨がまっすぐでも後鼻漏で悩んでいる人は多いです。

ですので、「骨をまっすぐにすれば治る」というものでもないのです。
なた豆茶を飲んで鼻と喉の機能を向上させて治す方法もあることを、頭に入れておいてください。

手術後は点滴をすることになる

鼻中隔湾曲症の人の体験談を読んでいると、手術後は抗生物質の点滴をするそうです。
手術をすると鼻がはれ上がって、鼻が詰まってしまうからです。

後鼻漏で悩んでいる人ならわかると思いますが、鼻が詰まると口呼吸するしかなくなります。
口で呼吸するとほこりやばい菌などを吸い込んでしまうから、免疫力が低下するのです。

ウイルス感染になったら大変なので、抗生物質を点滴するわけですね。
これに20分くらいかかるそうなので、手術で30分、点滴で20分、合計1時間くらいとみておいた方がいい
でしょう。

意外と時間がかかってしまうし鼻の腫れが引くのは、手術から1週間後くらい。
私と同じ接客業や人と接する仕事の人は、気になってしまいますよね?

なた豆茶なら腫れないし、炎症と腫瘍を抑える効果が期待できるからむしろ腫れているのを抑える効果が
期待できますよ。

鼻中隔湾曲症の手術をした後が痛い

鼻中隔湾曲症鼻中隔湾曲症は手術中は、麻酔をしているから痛くありません。
しかし手術後は麻酔が切れるから、痛みが出てきます。

手術を受けた人の口コミでは「その日の夜は歯がものすごく痛くて、ほとんど眠れなかった」と書かれて
ありました。「頭が割れたような痛さで、今まで経験したことがない痛みだった」とも書かれていました。
軟骨を削ったり、切ったりするのですから、とうぜんこれくらいの痛みがあるのです。

なた豆茶は一切痛くないし、ほうじ茶のようなほっこりした味と香りでストレス解消効果も期待できます。
手術を受けるよりも安全だし、通販で買えるから通院する必要もないし、メリットが多いと思いますよ。
後鼻漏で悩んでいる人は、まずなた豆茶を1か月試してそれでもだめなら手術を受けましょう。

私はなた豆茶で後鼻漏を完治したので、痛みや通院の手間が一切ありませんでした。
後鼻漏の心配だけをしていればよかったから、気が楽でしたよ。
手術だと痛みに耐えて、通院の手間を我慢して、治るかどうか気にしないといけないから大変ですね。

ファイアースコープで後鼻漏の手術ができるって本当?

後鼻漏という病気は鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまい、それが喉の奥に流れている症状です。
病気ではなく、症状でその原因になっている病気を治す必要があります。

でも、原因となっている病気を治すにはまず後鼻漏を治さないといけないので、後鼻漏と原因の病気を
同時に治療していく必要があるのです。

私はこの後鼻漏に8年間悩んでいて、病院で先生に「手術をするしかない」といわれたことがあります。
でも、最終的に手術なしでかんたんな方法で完治することができましたよ。

後鼻漏は長期化する理由

後鼻漏になると、なかなか完治しないことがほとんどです。
その理由は、具体的な治療方法が見つかっていないから。

後鼻漏は副鼻腔にたまっていた鼻水が喉に流れてくることで、起こります。
鼻水は副鼻腔にたまっている間に細菌が繁殖しているから、ネバネバになっています。
このネバネバの鼻水が喉に流れてくるから、気持ち悪いのです。

私も後鼻漏のときは朝起きてからも夜寝ているときも、ネバネバの鼻水がつねに口の中にある感覚がとても
嫌でした。つばを飲み込むたびに、ドロドロの鼻水も一緒に飲み込んでいる感じがつらかったです。
また咳をしたり、息を吐いたりすると口の中から変なにおいがするのもいやでした。

これは後鼻漏で悩んでいる人の特徴で細菌が繁殖している鼻水が常に降りてくるせいで、口の中に細菌が
繁殖して悪臭を放っているのです。少し顔を近づけて話をしただけで、相手に「うっ」っという顔をされて
しまいます。

自分でもマスクをしたときや勢いよく息を吐き出したときに、変なにおいがするので不快に感じるのです。
この症状を病院で医師に相談しても、処方してもらえるのは去痰剤と抗生物質だけ。
去痰剤は痰を柔らかくするだけで、抗生物質は体の中に入ってきたウイルスを撃退するだけです。

痰(鼻水)を止める効果もないし、口臭を改善する効果もないのです。
ですから、薬には頼らない方法で後鼻漏をケアするしかありません。
そうなってくると、手術ということになってしまうのです。

ファイバースコープの手術

後鼻漏で悩んでいる人が受けるのは、ファイバースコープを使った手術です。
短時間で済むから、安易な気持ちで受ける人が多いように思います。

実際に後鼻漏の手術をした人の体験談には、「鼻の穴からファイバースコープを入れて手術した。
事前に鼻の相当奥までぐりぐり麻酔を塗ってから手術したから、痛みはゼロ。10分経たないうちに
終わって、体調が悪くなることもなかった」と書かれていました。

これだけ読むと、「すごくかんたんにできる手術」というイメージですが、手術には入院が必要です。
後鼻漏のファイバースコープを使った手術は、正式には「鼻内内視鏡手術」といいます。

ファイバースコープとは数万本の光ファイバーをまとめた柔軟に動く内視鏡のこと。
これを鼻の穴から入れて、モニターで鼻中をみながら手術をするのです。
この手術で副鼻腔にたまっている鼻水を吸い出すことは、できません。

手術を受けた人の体験談によると「炎症を起こしている部分を切りとる」か「副鼻腔の下のほうに穴を
開けてそこから鼻水を出す」かだそうです。

麻酔方法は体験談を見る限りでは局部麻酔ですが、病院によっては全身麻酔で行うこともあるそうです。
手術の時間も局部麻酔で手術した人の体験談では10分以内でしたが、全身麻酔を行う病院では30分~1時間
とサイトに記載されていました。

病院によって麻酔の方法も時間も違うみたいです。
入院も1泊2日というところもあれば、日帰りOKというところもあって、最長で10日間の入院と書かれていました。
病院によって条件が違うので、よく比較してから手術を受けるところを決めたほうがいいですね。

ファイバースコープの手術はいくらかかるのか

「手術を受ける」となると、安全性や時間が気になりますがいちばんはお金が心配ですよね?
そこで、後鼻漏の手術を受ける場合はいくらかかるのか、調べてみました。

調べてみると片方の鼻の穴で6万円~17万円と、幅が広く症状によって違うことがわかりました。
手術費用が保険に適用されるかどうかは、保険によって違います。

私が加入している保険の場合は、「鼻腔粘膜焼灼術」という粘膜を焼いて炎症の腫れを抑える手術の場合は
保険が適用されることになっています。あとは「鼻茸摘出術」という鼻ポリープをとる手術が保険適用に
なっていました。

でも「鼻内内視鏡手術」という記述はなかったので、適用されませんね。
費用が17万円もかかるとなると、かなりの痛手なので私はしないほうがいいと思います。

手術後は通院する必要がある

後鼻漏で悩んでいる人は「1発でスッキリ治したい」と思っているはず。
でもファイバースコープを使った手術は、その後も通院する必要があるのです。

ある病院では手術後は6週間、通院する必要があるといいます。
手術をしてから2週間は、週に2~3回、3週間目以降は週1~2回行くことになります。
週2~3回の通院は、2週間だけでもとても大変ですよね?

しかも、手術をしてから5日間くらいはお風呂に入れないのだそうです。
さらに手術をしてから4~7日間は、鼻の中にガーゼが入りっぱなしになっています。

飲酒や車の運転は手術の2週間後から、事務系の仕事は手術の5日後からなどいろいろと生活が制限されます。
作業系の仕事や立ち仕事の場合はもっと休むことが推測できるので、かなり負担になります。

しかも私の看護婦の友達が言っていたのですが、ここまでしても後鼻漏は再発率が高いそうです。
副鼻腔炎で鼻内内視鏡手術をした場合は再発率が低いけど、後鼻漏は高いのだとか。
ここまで体と生活に負担をかけて、お金までかけて再発してしまったらショックが大きそうですね。

私はまずそもそも手術をするのが怖いし、入院にも抵抗があったからやめておきました。

手術のようにリスクが高くない治療方法

ファイバースコープを使った後鼻漏の手術は、ハイリスクであることがわかりました。
もっとリスクが低くて、効果が期待できる治療法にしたいですよね?

そこで私が実践して効果があったなた豆茶をおすすめします。
鹿児島県産のなた豆を使ったお茶を、毎日500mlくらい飲むだけのかんたんケアです。
私はこの方法で、8年間治らなかった後鼻漏を完治することができました。

なた豆茶には排膿作用があるから、副鼻腔にたまって膿みたい担っている鼻水を排出する効果が期待できます。
そして抗炎症作用もあるから、副鼻腔や鼻と喉の境目・上咽頭にできている炎症を抑える効果も期待できるのです。

後鼻漏で悩んでいる人でなた豆茶を試した人は多く、完治できた人もたくさんいます。
1袋1か月分で3,000円代と少し高めですが、手術よりは安いです。
しかも通販で買えて家で飲むだけだから、通院する必要もありません。

手術以外の後鼻漏治療方法

病院でできる治療方法は、薬物療法と手術以外にもあります。
でも、一時的な効果しかないので完治までの効果は期待できません。

病院でできるもう一つの治療方法は吸入器を使うこと。
ネブライザーという医療器具で、生理食塩水と薬剤を蒸気にして鼻から吸い込むのです。
これをすると、やっている最中から口から鼻水が出てきます。

そしてやり終えるととても鼻どおりがよくなって、口の中のネバネバもなくなります。
不快感がなくなってすっきりするのですが、私の場合は病院を出て自宅に帰るまでに鼻詰まりが復活しました。
蒸気で副鼻腔のはたらきをよくするだけなので、蒸気が蒸発したら効果がなくなってしまうのです。

ホットシャワーという家庭用の吸入器も発売されているのですが、これも私の場合は一時的な効果だけでした。
なた豆茶のような継続的な効果はなかったです。