ホットシャワーは後鼻漏に効果がありますか?

痰が絡んで夜に眠れない、喉の奥に痰のかたまりがへばりついてうまくしゃべれない…。
こんな症状で悩んでいる人は、後鼻漏の可能性があります。

後鼻漏とは鼻水が喉に流れる症状で、粘り気のある痰になって喉の奥に絡んでしまうのです。
痰が膜のようになって、息がしづらくなることもあります。

私は後鼻漏になってから、1日中鼻水のことを気にしながら生活するのが習慣になりました。
でも、ホットシャワーで治療しはじめてから、症状に変化が出始めました。

ホットシャワーを使ってみた私の体験談

ホットシャワーは家庭用吸入器で、蒸気を鼻に吸い込むことで症状を改善します。
1万円くらいするから、高かったけど「このまま後鼻漏に悩み続けるよりは」と思い買いました。

使ってみると、お風呂あがりみたいに両方の鼻の穴がスーッと通って呼吸がしやすかったです。
後鼻漏になってからいろいろな病院へ行って、いろいろな薬をもらっていたけどあまり効果がありません
でした。

でもホットシャワーは1回で両方の鼻がとてもすっきりしたのです。
「これは私にあってるし、これなら後鼻漏を完治できるな」と安心しました。
でも、ホットシャワーを使って30分くらいしたら、症状が元に戻ったのです。

鼻詰まりがひどすぎて鼻呼吸ができない、臭いがわからない状態。
1日2回以上やっていいと書かれていたけど、やった直後にまたやるとよくない気がして、昼まで我慢しました。

そして、昼にホットシャワーをするとまたスーっと鼻どおりがよくなります。
でも30分後にはまた鼻が詰まってしまうのです。この繰り返しで、何回使っても後鼻漏の症状はよくなりません。

結局根本的な治療にはならないんだとわかって、ホットシャワーをするのはやめてしまいました。
高い買い物だったのに、効果が期待したほどなくてとてもショックでした。

ホットシャワーで効果があった人達の理由

ホットシャワーを使ったみたけど、私には効果がありませんでした。
でもほかの人の口コミを見てみると、効果があったという人は多かったです。

・40代女性の口コミ

10代のころから蓄膿で鼻詰まりがひどかった私。
最後にきちんと鼻呼吸したのはいつだろうと考えこんでしまうくらいに、鼻の機能が停止していました。
「このままでもいいかな」とあきらめていたのですが、最近転職をしたいと思い始めました。

もともと趣味でやっていた手芸の教室を自宅で開きたいと思ったのです。
でも蓄膿で鼻詰まりがひどいから、鼻声で話していると聞き返されることがよくありました。
「この状態で教室を開いても、生徒さんに迷惑をかける」と思い、ホットシャワーを購入。

毎日使っていますが、鼻詰まりが解消されて顔面痛もなくなったので効果がありました」

・60代女性の体験談

私も蓄膿なのですが2人の孫も蓄膿で口呼吸になっていて、とてもつらそうです。
自分のためにも孫のためにもなればと思い、ホットシャワーを買いました。

毎年花粉症の季節にはボックスティッシュを持ち歩かないといけなかったのが、今はふつうのポケット
ティッシだけで大丈夫になりました。
孫2人も「息するのが楽になった」といっていて、毎日面倒ではありますがケアを続けています」

このように効果があったという口コミはかならず「毎日ホットシャワーを続けている」のです。
私はこれができずに断念しました。蓄膿や後鼻漏に真剣に悩んでいる人でも、面倒なことは続かない人はいますよね?
ですので、もっと手間がかからないでケアできる方法を考えましょう。

ホットシャワーよりもかんたんにできるケア方法

ホットシャワーよりもかんたんにできるケア方法を、考えていきましょう。
私なりに考えてみたのは、以下のような方法です。

まず、後鼻漏で悩んでいる人の体験談の中に「鼻の中ムズムズが気になってほじってしまう」「耳の奥がかゆくて
毎日何度も耳かきをしてしまう」というものが結構多かったです。
これは鼻の穴・鼻腔から耳の奥までが乾燥していることが原因です。

鼻腔から耳の奥が乾燥しているとなると、当然その間にある副鼻腔も乾燥しています。
鼻は乾燥すると、粘膜の繊毛の働きが弱くなってしまいます。
繊毛は1本1本細かく動いて鼻水や鼻くそを体の外に排出するという、大切な働きがあります。

でも乾燥すると繊毛通しがくっついて、動けなくなってしまうのです。
鼻水や鼻くそが副鼻腔にたまってしまうから、副鼻腔炎になり、後鼻漏になってしまいます。
ですので、粘膜を保湿することが大切です。

ホットシャワーでも保湿できますが、蒸気だからあっという間に潤いが蒸発してしまいます。
そこで、鼻腔と耳の中に保湿クリームを塗りましょう。
米粒1つ分くらいの保湿クリームを綿棒の先につけて、優しくなでるように塗ってください。

外気の入り口を保湿することで、その中も潤いやすくなります。
あと鼻腔と耳の中がムズムズしなくなるから、ほじることがなくなります。
指でほじると爪で傷つけてしまって、傷が化膿したり、炎症をおこしたりするから副鼻腔炎の原因に。

後鼻漏につながってしまうかもしれないので、保湿で鼻腔や耳の中を保湿しつつかゆみを抑えてください。

ホットシャワーを買うのに抵抗がある場合

ホットシャワーのような一時的な効果でもいいからほしいと思いつつ、高いから買うのに抵抗があるという
場合は、ホットタオルで代用しましょう。

水にぬらしたタオルを電子レンジで50秒チンして、鼻の付け根から口までを覆います。
そして、タオルが自然と冷めるまでその状態でいます。

後鼻漏で口呼吸になっていても、これならタオルで温められて潤った外気を吸い込むことができるから、
鼻と喉の粘膜を保湿・保温することができます。
ホットシャワーと同じで効果は一時的ですが、お金をかけないで症状を一時改善するのに効果が期待できます。

ホットシャワーが一時しのぎになってしまう理由

ホットシャワーが後鼻漏の治療としては、一時的にしか効果がないのには理由があります。
それは、副鼻腔にたまっている鼻水を排出するほどの効果がないからです。

ホットシャワーは粘膜の繊毛を加湿・加温するので、働きをよくします。
その結果、鼻水が大量に出てきたりしますが、これは鼻腔にたまっている分や自然と流れるサラサラの鼻水。
副鼻腔にずっとたまっているネバネバの鼻水は、ホットシャワーではびくともしないのです。

ただ蒸気で温めて繊毛の働きを活性化しづつけても、ドロドロになっている鼻水を排出するまでの効果は期待
できません。もっと強力な効果がある方法じゃないとだめなのです。

そこで、ホットシャワーよりも効果が期待で切る方法はないか探してみました。

ホットシャワーよりも効果が期待できる方法

ホットシャワーよりも効果が期待できるのは、のど飴となた豆茶です。
私にはこの2つがとてもよく効きました。

私の場合は風邪をこじらせて後鼻漏になったから、上咽頭炎もひどかったのです。
絶不調の日は声が出せないほどでした。
その時にビタミン系のジュースを飲んだら、すっと喉が楽になって声が出るようになりました。

そこでビタミン系ののど飴を買って喉が痛くなるたびに飲んでいたら、上咽頭がひりひりする感じがなくなったのです。
のど飴は上咽頭炎にいいと病院の先生も言っていたので、後鼻漏の人はのど飴をなめてみてください。

また、なた豆茶は後鼻漏の症状に直接的に作用します。
副鼻腔にたまっている膿状の鼻水を排出する排膿作用が期待できるのです。
抗炎症作用もあるから、喉の炎症も副鼻腔の炎症も治ることが期待できます。

私は後鼻漏と上咽頭は、こうした食品で治したほうがいいと思います。
治療という感じがしないから気分的にも楽だし、手間がかからないから続けやすいというメリットもありますよ。