幼児の後鼻漏治療をしている病院はありますか?

大人でもつらい後鼻漏に幼児がなってしまうととてもかわいそうですが、大人よりも幼児のほうが
後鼻漏にはなりやすいのです。

大人の後鼻漏でも適切な治療をしてくれる病院は少ないので、用事の場合はもっと少ないということに
なります。3件くらい病院を回ってダメそうなら、保護者がケアしてあげたほうがいいと思います。

子供は大人よりも症状が深刻化しやすいので、細かいところに気を使いつつケアしてあげましょう。
ここでは、幼児の後鼻漏が病院の治療で治らない場合のケア方法についてお話していきます。

幼児の後鼻漏治療に特化している病院は今のところない

大人よりも幼児のほうが鼻やのどの病気になりやすいと言われています。
でも、幼児の後鼻漏治療に特化している病院を調べてもありませんでした。

大人は鼻が詰まっていれば自分でかんで、鼻にいい食べ物を食べたり、飲み物を飲んだり温かい恰好を
してすごして対策をとります。自力でこれ以上症状が悪くならないように工夫できますよね?
でも、幼児の場合はそうはいきません。

大人のように知識もないし、行動力もないから、鼻が詰まっていても保護者に「ママ、鼻が詰まってる」とか
「息が苦しい」と伝えるだけ。自力ではなかなか対策がとれないのです。
保護者が余裕のあるときは、すぐに対応してあげられますが、仕事が忙しかったりするとそうもいきません。

対策が上手くできないまま、お子さんの鼻詰まりが悪化して慢性副鼻腔炎になり、後鼻漏になってしまうのです。
お子さんは鼻の穴から鼻の奥の副鼻腔までの距離が大人よりも、短いです。
ですので、ちょっと風邪を引いただけですぐに急性副鼻腔炎になってしまいます。

副鼻腔に鼻水がたまって炎症が起こって、膿状の鼻水がどんどん蓄積されてしまうのです。
鼻づまり、口呼吸、顔面痛、頭痛、口臭などの症状が出ます。
急性副鼻腔炎になりやすいということは、慢性化もしやすいということなので蓄膿症にもなりやすいです。

「小さい頃からずっと蓄膿で、ぜんぜん治らない」といっている大人もいるので、はやめに対策を打たないと
一生慢性副鼻腔炎のまま生活することになってしまいます。
それはかわいそうですよね?

そこで、ここでは自宅でかんたんにできる慢性副鼻腔炎と後鼻漏の治療方法を紹介していきましょう。

幼児の慢性副鼻腔炎を治すのに効果が期待できる方法

幼児の慢性副鼻腔炎を治すのに、効果が期待できる方法はかんたんです。
お子さんに基本的な生活習慣を、正しく身に着けさせればいいのです。

小さいお子さんには手洗いがうがい、歯磨きの方法は丁寧に教えますよね?
でも鼻のかみ方を丁寧に教えるということは、なかなかないと思います。
これが原因で、大人になっても鼻をかむ習慣がない、正しい鼻のかみ方がわからないという人は多いのです。

私の知り合いにも鼻をかむ習慣がない人はいます。
1週間に1回も、鼻をかまないことがよくあるのだそうです。
8年間、後鼻漏でことあるごとに鼻をかんでいる私には信じられないことですが。

ですので、口から息を吸ってスーッと長く鼻から息を吐くという力を込めない正しい鼻のかみ方をお子さんに
教えて、毎日1~3回は鼻をかむように指導してあげましょう。
こうすることで、お子さんの慢性副鼻腔炎は治りやすくなります。

また、痰が絡んだらすぐにティッシュに吐き出すようにしてください。
鼻水は喉に流れていくと、痰になります。
痰になると飲み込んでしまうお子さんが多いですが、吐き出さないと体に悪いので吐き出すようにいいましょう。

子供によく使われる後鼻漏の治療器具

お子さんの後鼻漏治療によく使われるのは吸入器です。
ネブライザーという医療器具で、薬剤と蒸気を鼻から吸入します。

こうすることで副鼻腔が温められて、中にたまっている鼻水が排出されるという仕組みです。
実際にネブライザーを私は何度もしたことがあるのですが、効果があるのはやった直後だけ。
家に帰るころには鼻が詰まって、やる前と同じ状態になっているのです。

これをやるために週に2~3回耳鼻科に通っているお子さんが多いのですが、私はやる必要がないと思います。
家庭でできる吸入器のホットシャワーというものもあるのですが、1万円くらいして高いですし、買わなくて
いいと思いますよ。

私は自分の後鼻漏治療のために購入したのですが、加湿器くらいあって準備が面倒だし、続かなかったです。
大人でも続かないから、子供はもっと続かないと思います。

それよりも子供でも続けやすい方法を、試したほうがいいですね。

幼児でも手軽に続けられる後鼻漏対策はなた豆茶

幼児の後鼻漏治療は病院探しも大変だし、治療が続けられないことも多いです。
そういう場合は、なた豆茶を飲ませてあげましょう。

なた豆茶は国産で無添加のものであれば、ノンカフェインなので赤ちゃんからお年寄りまで飲めます。
排膿作用と抗炎症作用が期待できるから、副鼻腔にたまっている鼻水が出てくるかもしれません。

こういう健康にいい珍しいお茶は、独特の味や香りで小さい子がとても飲めないものが多いです。
でも、なた豆茶はほうじ茶のようなすっきりとした味と香りで幼児でも飲めます。
小さいお子さんが苦手な玄米茶などよりは、ぜんぜん飲みやすいと思いますよ。

スーパーで売っている中国産のやすいなた豆茶は、なた豆の成分が薄いからほとんどお茶でおいしくありません。
「薩摩 なた豆 爽風茶」のようなきちんとした品質のものなら、香ばしいなた豆茶の味が楽しめますよ。
大人が飲んでもおいしいので家族全員の常備茶として、麦茶の代わりに飲んでもいいと思います。

深呼吸の練習をして鼻呼吸を習得しよう

幼児は口をずっと閉じているのが、とても苦手です。
何かに夢中になっているときや鼻が少しでも詰まってくるしいときは、すぐに口呼吸になってしまいます。

これは赤ちゃんの時におしゃぶりをしないからとも言われています。
おしゃぶりをすることで口の筋肉を鍛えることができて、口呼吸になるのを防ぐことができるのです。
でも、歯並びが悪くなるからという理由でお子さんにおしゃぶりを付けない人は多いですよね?

しかも、幼児になっているとおしゃぶりをつけるのは不自然です。
そこで、親子で一緒に深呼吸の練習をしましょう。鼻から4秒かけてゆっくり息をたっぷり吸って、
8秒かけて鼻から吐ききる…というのを5セット毎日行ってください。

これをするだけでお子さんは意識的に鼻呼吸ができるようになるので、お子さんが口呼吸をしていたら、
「深呼吸して」というだけで鼻呼吸に切り替わるようになります。
深呼吸をすることは保護者の健康と美容にもいいので、お互いにメリットがありますよ。

病院でもらう薬は対処療法でしかない

お子さんを連れて病院へいっても、抗生物質や去痰剤ばかりを処方されると思います。
これらの薬には、後鼻漏を治療する効果は期待できません。

というか、後鼻漏に直接効果が期待できる薬は今のところないのです。
だから後鼻漏で悩んでいる人は、長期間苦しむことになります。

抗生物質は後鼻漏で口呼吸になって免疫力が低下しているときにウイルス感染するのをふせぐために、
去痰剤は痰を柔らかくするための薬です。つまり、対処療法でしかないのです。
根本的な治療にはならないので、なた豆茶や深呼吸が必要になってきます。

また、ハウスダストの後鼻漏の原因になります。
幼児は床から近い位置に顔があるから、床に転がっているほこりやチリを吸い込みやすいです。
こまめに掃除機をかけたり、クイックルワイパーをかけたりして、床掃除を徹底してください。

後は加湿器ですね。加湿するとほこりが舞い上がらないし、鼻と喉の粘膜のはたらきがよくなります。
こんな工夫をしてお子さんの後鼻漏をケアしてあげましょう。