手術をしたのに後鼻漏が治らないときはどうすればいい?

後鼻漏で悩んでいる人の中には、手術を受けようとしている人もいると思います。
「もう何年も後鼻漏で、ぜんぜん治らない」という場合は「手術しかない」と思いますよね?

私も8年間、後鼻漏でつらい思いをしているから「手術するしかないのかな?」と考えた時期もありました。
でも、手術をするのは怖いからどうしてもいやで、いろいろな方法を調べたり、人に聞いていたのです。

そしたら知り合いに手術なしでも後鼻漏を効果的に治す方法を教えてくれて、完治しました。
これから手術をする人でも、手術でも後鼻漏が治らなかった人でも、効果があると思いますよ。

後鼻漏は治らないことが多い理由

後鼻漏という病名を聞いたことがなくても、「鼻水の味がするネバネバの痰がずっと絡む症状」といえば、
ピンとくる人も多いと思います。

風邪をこじらせたときや花粉症、アレルギー性鼻炎などさまざまな原因で、後鼻漏は起こってしまいます。
その理由は、もともとの人間の体の仕組みにあります。

健康な人でも、毎日6リットルは鼻水が喉に降りているといわれています。
私は鼻水は基本的に鼻から出るものだと思っていたのですが、基本的に喉に流れるものみたいです。
この仕組みがあるから、副鼻腔にたまってしまった鼻水も喉に流れてしまうのです。

花粉症や風邪などの原因でいつもよりも多く鼻水が出るようになると、喉に流れきれずに副鼻腔に残って
しまいます。この残りがどんどん蓄積されていって、慢性副鼻腔炎になるのです。

副鼻腔は洞窟のように入り組んだ形をしていて、ほほの内側、眉間、額の中央に左右2か所づつ、合計8か所
あります。ここに鼻水がたまって細菌が繁殖して水分が減り、ネバネバしてしまうので、一度たまるとなか
なか出てきません。

しかも後鼻漏に効果が期待できる具体的な治療法は、まだ見つかっていないのです。
ですのでなかなか完治しないで、症状がどんどん深刻化してしまう人もいます。

私も後鼻漏が最大にひどかったときは、嗅覚と味覚のほとんどと、聴覚の半分くらいが使えなくなりました。
とくに鼻がひどかったから、もう臭いをかぐのは無理だろうなとあきらめていたのです。
それでも完治して、今はふつうに嗅覚も味覚も聴覚も戻っていますよ。

手術しても後鼻漏が治らないことが多い

具体的な治療法がないから、ふつうに通院しているだけでは治らない後鼻漏。
「だったら手術をすれば治るの?」と言われても、そうでもありません。

後鼻漏に具体的に効果がある治療法がないのと同じで、後鼻漏に具体的に効果がある手術もないからです。
後鼻漏で悩んでいる人に行う手術といえば、鼻中隔矯正術という鼻の骨をまっすぐにする手術など。
でも、鼻の骨が曲がっていなくても後鼻漏の人はいます。

ほかには副鼻腔の下に穴をあける手術もありますが、これも穴が鼻水でふさがってしまうと効果がなくなります。
レーザーで鼻の粘膜を焼いて腫れを抑えて、鼻どおりをよくするという手術もありますが、これも効果が薄いです。

ある人の体験談では「レーザー手術をしても3割くらいの人にしか、効果が期待できません」と医師にはっきり
言われてしまったそうです。「実際にしてもあまり効果がないから、薬物療法を続けたほうがいいよ」といわれた
といいます。

でも、その薬物療法も何年も続けていてもぜんぜん効果がないという人も多いのです。
私も近所の耳鼻科から職場の近くの耳鼻科、遠くにある大学附属病院など、さまざまなところで薬物療法を
行いましたが、どこでも似たような薬を処方されてぜんぜん効果がありませんでした。

薬を飲んでいるときは症状が治まっているけど、飲むのを辞めた途端に症状が再発するのです。
「一生薬を飲み続けるのは嫌だな」と思い、途中でやめてしまいました。

手術に頼らないで後鼻漏を完治した人の体験談

手術に頼らないで後鼻漏を完治した人はとても多いです。
「手術も効果が期待できないんじゃ、どうすることもできない」と、悲観しないでください。

ある女性の体験談には「うがいをしつこいくらいに毎日していたら、治った」と書かれていました。
後鼻漏のネバネバの鼻水は、口の中にたまる傾向にあります。
とくに喉の奥にたまって出てこないこともあるので、うがいをすることでこれを吐き出しやすくなるのです。

うがいをこまめにすると細菌まみれの鼻水が下りてきて、虫歯になる可能性も減ります。

うがいをこまめにしたり、歯磨きをこまめにすると、この可能性が減ります。
しかも、後鼻漏の症状で多い吐き気や嘔吐も減りますよ。

私は後鼻漏の鼻水が口の中に降りてきて、気持ち悪いときはよく歯を磨いていました。
ミント系の歯磨き粉をつけると、口の中がスーッとして気持ちいいし、うがいをすると鼻水が一緒に
出てきて、気持ち悪さがなくなるのです。

うがいをするときは喉の下のほうを重点的にするのではなく、上あごの奥を重点的に水を当てるように
するといいですよ。口を大きく開けて、シャワーを口の中に噴射するという方法で洗っている人もいますが、
この方法が苦しそうなので、やめておいたほうがいいと思います。

同じシャワーを使った方法で、鼻の穴から中を洗うという方法もありました。
私もやったことがあるのですが、確かにスッキリして気分がいいです。
でも鼻の穴の中に水が残っていたことがよくあって、あとから鼻の穴から水が出てきたりしました。

これがずっと残り続けると炎症の原因になったりするから、やはり安全とはいえない方法ですね。

手術後のケアをきちんとしなかったことで再発する人もいる

後鼻漏の手術は術後数日間は安静にしていないといけないし、鼻の穴に入れられるガーゼをとるのは
いけません。でもこれを守らずに、症状を再発させてしまっている場合があります。

ある男性は手術で入院するために3日間会社を休んだそうです。

入院は水曜日から金曜日にして、土日に安静にしていればいいと思っていたそうです。
でも病院の先生から「手術後は5日間、安静にしてください」といわれ、木曜日に手術したので火曜日まで
休まないといけないことになってしまったといいます。

さすがにそこまで休めないので、出勤したらその数か月後に後鼻漏が再発し、今は手術前と変わらない状態
になってしまったのだとか。こうなると、意味がないので手術をしたらしっかり休みましょう。

会社を休まないでできる治療法まとめ

後鼻漏には、病院に頼らない、会社を休まないでできる治療法もあります。
通院で後鼻漏を完治できたという人は少ないですが、自分でする治療法で完治した人は多いです。

ある女性の体験談にいは「ネギとショウガをたくさん食べる生活を送っていたら後鼻漏が完治した」と
書かれていました。

ネギの成分について調べてみると、血行を良くする効果が期待できるアリシンが多く含まれています。
ほかにもビタミンAやCなど健康にいい成分が含まれています。
ショウガには血行促進効果が期待できるので、どちらも水分の循環をよくしてくれます。

納豆や冷ややっこ、味噌汁などに入れるネギを多めにして、生姜湯をよく飲んでいたら後鼻漏が治ったとか。
あと基礎体温が上がったから、風邪をひきにくくなったといいます。

なた豆茶を飲んだら後鼻漏が治りやすい

なた豆茶を飲んだら、後鼻漏が完治したという人も多いです。
私もなた豆茶をんで、後鼻漏を完治しましたよ。

なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用があるから、鼻の奥の副鼻腔にたまっている膿状の鼻水と炎症を治す
効果が期待できます。私の場合は黄色く変色したドロドロの鼻水がドバーっと出てきましたよ。

ほかの人の体験談では「朝起きたら吐き気がなかったのに、歯を磨き終わってすぐに急に勢いよく吐いて
しまった。しかも緑色のネバネバのゲロでびっくりした」と書かれていました。
緑色に変色した鼻水が勢いよく出てきたのでしょう。

このようになた豆茶で、すぐに効果を実感できた人が多いです。あなたにも試してみてください。