鼻中隔湾曲症で後鼻漏になってる場合は手術しかない?

鼻水が1日中喉に流れてくる後鼻漏の治療として有効といわれている鼻の手術。
とくに鼻中隔湾曲症という鼻の中心にある骨が曲がっている人には、有功といわれています。

でも鼻中隔湾曲症の人でも、できれば手術をしないで治したいですよね?
そこで、ここでは鼻中隔湾曲症の人が受ける手術の内容と費用、そして手術以外の方法をお話します。

私も鼻中隔湾曲症ではありませんが、後鼻漏で長く苦しんだ経験があります。
手術や病院の薬以外で治したので、参考になるかと思います。

そもそも鼻中隔湾曲症と後鼻漏とは

あなたを悩ませている鼻中隔湾曲症、そして後鼻漏。
この2つの症状をいまいち理解できていないという人のために、おさらいしていきましょう。

まず鼻中隔湾曲症とは、鼻の中心にある骨が曲がったりゆがんでいること。
人は生まれた時は鼻の中心の骨がまっすぐなのですが、成長する過程でどんどん曲がってしまいます。
それは姿勢の悪さやケガなどでどうしても歪んできてしまいます。

誰でもゆがんでいて漫然にまっすぐの鼻の骨をしている人はいないといわれていますが、その歪み度合いが
強いと片方の鼻の穴が広くて、片方の鼻の穴が狭いということになり、狭い鼻の穴はつまりやすくなります。
ある男性の体験談には、左の鼻の穴がいつも詰まっていると書かれていました。

「高校のころに自転車で思いっきり右側に転んだことがあった。顔を強打して字になったけど骨折などはなし。
その後もサッカー部をふつうに続けられていたから、安心してたけどその衝撃で鼻の骨が曲がったみたいで
いつも左の鼻が詰まっている」

このように事故というほどのトラブルでもないことで、鼻の骨はゆがんでしまいます。
そして、鼻が詰まると鼻の奥の副鼻腔にどんどんたまってしまい、細菌が繁殖して粘り気が出るように。
この粘り気が出た鼻水が喉に流れるのを、後鼻漏といいます。

鼻水は健康な人でも喉に流れているからそれ自体は問題じゃないのですが、鼻水の質が悪いから不快になるのです。

鼻中隔湾曲症は手術でしか治せないといわれている理由

鼻中核湾曲症は、手術でしか治すことができないといわれています。
それは骨がゆがんでいるからです。

でも、先ほどの体験談の男性のケースのように「事故というほどのことでもないこと」で鼻の骨は曲がって
しまいます。これは鼻の骨が軟骨でできているから、柔らかくて曲がりやすいからです。
つまりわざわざ手術をしなくても軽い衝撃を与えれば、まっすぐになるということです。

私の知り合いに、鼻の骨が曲がっていることを気にしている人がいます。
彼女は後鼻漏ではないのですが、私と同じ接客業だから気になるとのこと。
若い頃は整形も考えたけど、やっぱり怖いから整体に通っていました。

「全身の骨のバランスを整えたら自然と鼻の骨もまっすぐになるのではないか」という考えだったのですが、
最終的に自分で整体師にマッサージの仕方を教えてもらって、まっすぐにしていました。

鼻の骨を自力でまっすぐにする方法は、鼻の骨をなぞってゆがんでいるところを鼻の穴が狭くなっている方
から広がっている方へやさしく押すだけ。痛くない範囲で押して10秒キープ、10秒休むというのを3セット
毎日行ってください。

1回で治そうとして思いっきり、グリグリ押すと軟骨が傷ついてしまったり、鼻血が出る可能性があります。
痛みを感じない程度にやさしく丁寧に毎日押して、鼻の穴の大きさをそろえてくださいね。

これだけで漫然にまっすぐにはなりませんが、片方の鼻の穴だけが詰まってしまうことがなくなる程度には
矯正できます。

鼻中隔湾曲症を手術で治した場合

鼻中隔湾曲症は自分で毎日マッサージすることで、ある程度は矯正できます。
でも手術で治したら、どうなるのでしょうか?

ある女性の体験談には「1泊2日で手術して、入院費込みで8万円だった」と書かれていました。
意外と安く、口コミではほとんどの人が「効果てきめん」「やってよかった」「こんなに鼻どおりが良くなる
なんて」と感動するくらいに症状が良くなっているようです。

ただ、「手術をして1年くらいは鼻が詰まってしまうことが多い。効果を実感するためには数年単位で時間が
必要」という口コミも。手術の効果が得られるまでに数年も待たないといけないのは嫌ですよね?

その間ずっと、「本当に効果があるのかな?」「もし私にだけ効果がなかったらどうしよう」と不安になる
のは嫌だと思います。ですので、もっと効果が早く実感できる方法を選びましょう。

鼻中隔矯正手術よりも早く効果が得られる方法

鼻中隔湾曲症手術よりも早く効果が得られる方法は、なた豆茶を飲むことです。
なた豆茶は鹿児島県産のお茶で、強いデトックス作用があるといわれています。

今若い女性を中心に便秘解消にいいとかダイエットにいいとうわさされていて、飲んでいる人が多いです。
便秘解消効果が期待できるのは食物繊維とミネラルが豊富だから。
便のかさ増しになる食物繊維と、消化器官のはたらきを助けるミネラルが含まれているからです。

そして、有効成分カナバニンの排膿作用と抗炎症作用、コンカナバリンAの抗腫瘍作用、ウレアーゼの腎機能
活性化が期待できるので、後鼻漏にも効果が期待できます。

鼻中隔湾曲症の人は片方の鼻が詰まりやすいので、つまらないように鼻と喉の粘膜のはたらきをよくする
ことで後鼻漏改善と予防ができると思います。鼻の骨をまっすぐにすることももちろん効果的ですが、
鼻の骨がまっすぐでも後鼻漏で悩んでいる人は多いです。

ですので、「骨をまっすぐにすれば治る」というものでもないのです。
なた豆茶を飲んで鼻と喉の機能を向上させて治す方法もあることを、頭に入れておいてください。

手術後は点滴をすることになる

鼻中隔湾曲症の人の体験談を読んでいると、手術後は抗生物質の点滴をするそうです。
手術をすると鼻がはれ上がって、鼻が詰まってしまうからです。

後鼻漏で悩んでいる人ならわかると思いますが、鼻が詰まると口呼吸するしかなくなります。
口で呼吸するとほこりやばい菌などを吸い込んでしまうから、免疫力が低下するのです。

ウイルス感染になったら大変なので、抗生物質を点滴するわけですね。
これに20分くらいかかるそうなので、手術で30分、点滴で20分、合計1時間くらいとみておいた方がいい
でしょう。

意外と時間がかかってしまうし鼻の腫れが引くのは、手術から1週間後くらい。
私と同じ接客業や人と接する仕事の人は、気になってしまいますよね?

なた豆茶なら腫れないし、炎症と腫瘍を抑える効果が期待できるからむしろ腫れているのを抑える効果が
期待できますよ。

鼻中隔湾曲症の手術をした後が痛い

鼻中隔湾曲症鼻中隔湾曲症は手術中は、麻酔をしているから痛くありません。
しかし手術後は麻酔が切れるから、痛みが出てきます。

手術を受けた人の口コミでは「その日の夜は歯がものすごく痛くて、ほとんど眠れなかった」と書かれて
ありました。「頭が割れたような痛さで、今まで経験したことがない痛みだった」とも書かれていました。
軟骨を削ったり、切ったりするのですから、とうぜんこれくらいの痛みがあるのです。

なた豆茶は一切痛くないし、ほうじ茶のようなほっこりした味と香りでストレス解消効果も期待できます。
手術を受けるよりも安全だし、通販で買えるから通院する必要もないし、メリットが多いと思いますよ。
後鼻漏で悩んでいる人は、まずなた豆茶を1か月試してそれでもだめなら手術を受けましょう。

私はなた豆茶で後鼻漏を完治したので、痛みや通院の手間が一切ありませんでした。
後鼻漏の心配だけをしていればよかったから、気が楽でしたよ。
手術だと痛みに耐えて、通院の手間を我慢して、治るかどうか気にしないといけないから大変ですね。