痰が喉の奥に詰まって取れないときの対処法とは?

痰が取れないときは水を飲む、安静にするなどの方法がありますが、それでも取れないことってあります
よね?私も後鼻漏のときは、喉の奥の痰が取れなくて、イライラすることがよくありました。

喉の奥は粘膜が生えていて、毛細血管があります。
線膜の繊毛は1本1本独立して動くから、神経も張り巡らされています。

感覚が繊細なところなので、痰などの異物が詰まっていると気になってしょうがないですよね。
でもいろんな人が実践している効果が期待できる方法があるので、試してみてください。

痰が取れないときに効果が期待できる方法まとめ

痰が喉の奥に詰まってとれないときは、いろいろな効果が期待できる方法を試してみましょう。
ここでは、どんな方法で取れるのかまとめてみました。

調べてみると、水分をとる、辛い物や甘いもの、すっぱいものなどの刺激がある食べ物は避ける、アルコール
を控える、タバコを控える、などの対策が効果が期待できます。人によっては「水をコップ1杯分飲んだ後で
胸を叩いて前かがみになる」という方法で痰がいつも出るという場合もあるそうです。

でも、痰が詰まっている時点で喉にはかなりの負担がかかっています。
胸(肺)を叩いた衝撃で勢いよく痰がとれると、さらに負担がかかるのでやめておきましょう。

病院に行かないで今すぐ痰をとる方法

痰が喉の奥に詰まってとれないとき、「今すぐ取りたい」と思いますよね?
こういうときに、応急処置のような形ですぐにとる方法はないのでしょうか。

調べてみると、鼻うがいをすれば喉の奥に詰まっている痰をとることができるそうです。
でも、鼻うがいは危険性が心配されているから、私はおすすめしません。

鼻の穴から吸い込んだ生理食塩水がきちんと吐き出しきれず、鼻の奥の副鼻腔に残ってしまうことがあります。
生理食塩水は本来なら自然と蒸発しますが、副鼻腔は入り組んだ形をしているからなかなか蒸発しません。
ずっと残って、細菌が繁殖してもともとある炎症をさらに悪化させる可能性があります。

私は生理食塩水を直接鼻に入れる鼻うがいもよくないけど、吸入器を使った方法もやめたほうがいいと思います。

ホットシャワーという家庭用吸入器を使うことで、生理食塩水を蒸発させて鼻の穴から吸い込むケアができます。
生理食塩水を液体のまま入れないから安全と思っている人も多いようですが、そうでもないのです。

私は実際にホットシャワーを使ったことがありますが、ホットシャワーで吸入してしばらくしてから、鼻の奥から
喉にかけてスーッと生理食塩水が落ちてきたことがあります。蒸気だから副鼻腔の奥まで到達する分の残りやすく、
蒸気が冷えて液体になって流れてきたのだと思います。

副鼻腔に直接的に液体や蒸気を入れてのケアは、危険だと思います。
副鼻腔はもともと空洞で何もないところですし、手を加える部分ではないので何もしないほうがいいでしょう。

鼻うがいよりホットシャワーよりも安全にケアをする方法

鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまい、膿状になってしまう後鼻漏になると、喉の奥に鼻水が流れて
くるようになります。これを鼻うがいやホットシャワーよりも安全に治すには、どうすればいいのでしょうか?

喉の奥の痰が取れない原因は、鼻と喉の粘膜のはたらきが低下しているせいです。
粘膜は鼻水や鼻くそを体の外に押し出す役割があるから、この役割を発揮できないと体の中にどんどんたまります。
ですので、鼻と喉の粘膜のはたらきをよくするできるようにケアしましょう。

粘膜は、加湿と加温によって活性化します。
鼻うがいやホットシャワーも加湿・加温ができるから効果が期待できるので、安全に加湿・加温する方法を
試してみてください。

例えば、マスクをすることですね。
マスクをするだけでかんたんに加湿・加温ができて、粘膜のはたらきがよくなります。
体の中に何も取り込まないから害もないし、危険性もありませんよ。

ある女性の体験談には「マスクをして3日間寝たら、後鼻漏の症状が3分の1くらいになった」と書かれていました。
今までいろんな病院へ行っていろんな薬を飲んだけど治らなかったのに、マスクで治るなんて!とびっくりした
そうです。

私はこれにマフラーやスヌードをして寝るといいと思います。
これをして寝るようになってから、朝喉と鼻の調子がとてもいいです。

薬で痰をポロっと出すことはできるのか

喉の奥に痰が詰まってとれないとき、「薬を飲んでしばらくしたら、吐き気がして口からポロっと出る」
みたいな薬があればいいなと思いますよね?

でも、残念ながらそういう効果がある薬はありません。
痰に関係ある薬は、去痰剤という痰を柔らかく切れやすくする薬だけ。
しかも効果は飲んでいるときしか出なかったり、ぜんぜん出なかったりと個人差があります。

飲んでいるときに喉の奥に詰まっている痰が柔らかくなってとれても、鼻の奥にまだまだ鼻水がたまってる
場合はまた痰のかたまりが喉の奥にたまってしまう可能性がありますよね?
これでは、ずっと去痰剤を飲み続けないといけなくなってしまいます。

ですので、去痰剤には頼らないほうがいいでしょう。
もし薬を使って治療したいなら私は断然、整腸剤がおすすめです。

喉の奥の痰をとるために整腸剤をすすめる理由

喉の奥の痰は、鼻水のかたまりであることが多いです。
後は気管支などにたまっていたゴミのかたまりなどで、どちらにせよ老廃物です。

こうした老廃物がたまっているのは、体全体が老廃物をためやすいからだになっているから。
ですので、体全体をデトックスして老廃物がたまらないからだになればいいのです。
体の中の老廃物は80%くらいが便として、排出されます。

ですので、お通じがいい体は老廃物がたまりにくいです。
便秘の時は下剤を飲んで出す人が多いですが、下剤は大腸に刺激を与えて無理やり便を出します。
ですので、大腸に栄養を与えてコツコツ便を出す整腸剤にしましょう。

整腸剤は乳酸菌など、体にいいものしか配合していないから毎日飲んでも負担になりません。
鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまる後鼻漏で悩んでいる人は、呼吸器の調子がおかしいから免疫力が低下しています。
大腸の調子が良くなれば免疫力が高まるので、鼻水や痰も出やすくなります。

去痰剤よりも整腸剤のほうが効果が期待できると私は思いますよ。

薬を使わないで後鼻漏を治療したい場合

薬を使わないで後鼻漏を治療したい場合は、お茶がいいでしょう。
あなたの鼻やのどの痛みがなくて炎症が大したことがなさそうな場合は、緑茶も向いています。

緑茶には殺菌作用があるから、鼻水の細菌が繁殖するのを抑えるし、臭いのもとになっている細菌の死骸を
取り除く効果が期待できます。液体なので汚れを洗い流してくれるし、水分補給にもなりますよ。

でも、喉の炎症がひどい場合は緑茶を飲むとしみてしまいます。
しみているということは炎症に強い刺激が加わって、悪化しているということなのでよくありません。

こういう場合はなた豆茶にしましょう。
排膿作用と抗炎症作用が期待できるカナバニンという有効成分を含んでいるから、後鼻漏に向いてますよ。
鼻水も痰も膿の一種なので、痰の原因が後鼻漏じゃなくても効果が期待できます。

私は「薩摩 なた豆 爽風茶」を飲み始めてから2週間で黄色い大きな鼻水のかたまりがドバーっと出て
きました。びっくりしたけどとてもすっきりしたし、痰が喉の奥に詰まる感じがなくなりました。

お茶だから毎日飲んでいても、副作用の心配がないし、味もおいしいから続けやすいです。
通販で買えて、定期的にうちに届くから手間がかからないのもいいですよ。
私は、近所のスーパーでは中国産のなた豆茶しか売ってなかったので公式サイトで定期コースで購入しています。