白い痰が喉の奥から出てくるのはどうして?

風邪をひいているときや疲れているときに、痰が出ること自体は悪いことではありません。
しかし、その痰の色が白かったら少し不安になりますよね?

体調が悪いとき、鼻水も透明から白に変わったりします。
痰が白くなるのも、これと同じようなことなのですが、ずっと続くと危険です。

命にかかわらないからと放置しないで、具体的な対策を打っていきましょう。
今の時点で長期間、痰が白い人でも効果が出やすい対策がありますよ。

痰自体が白いのか白いブツブツが混ざっているのかを確認しよう

白い痰が出るときは、痰をよく観察してみましょう。
痰は汚いものなので、あまり見たくない気持ちはわかりますが、こうした老廃物こそ体調がよくわかるのです。

痰全体が半透明で白い場合は、痰が体の中に長くあった可能性があります。
それは気管支や食道、気道、鼻の奥などに細菌が繁殖しているから、白くなっているのです。
白いのは細菌の死骸、白血球の死骸、ハウスダスト、花粉など、体にとっていらない物質ばかりです。

そして痰の中に白い小さなブツブツが混じっている場合は、膿栓という食べかすのかたまりなので問題あり
ません。透明な痰に白いブツブツが混じっていると、見た目的に気持ち悪いから何かの病気カモと思いますよね?
でも、扁桃腺という喉の奥にある器官のみぞに入り込んでいた食べかすがかたまりで落ちたものです。

ずっと入り込んでいると口臭の原因になるので、定期的に出たほうがいいものです。
ある女性の体験談では「痰が出てきて飲み込もうとしたら、糸くずみたいな食感のものがあって出したら小さい
白いかたまりだった」と書かれていました。

女性は「何かの寄生虫の卵だったらどうしよう」と不安がっていましたが、そこまで深刻なものではありません。
ほかには、舌の上についている苔舌苔がはがれたものなどの可能性も。
どの原因でも白い痰が出ても、深刻な病気である可能性は低いので心配しすぎないでください。

意外と多いカルピスや牛乳、ヨーグルトなど

白い痰が出たと慌てている人の中には、意外と病気でも何でもない原因の人がいます。
それはカルピスや牛乳、ヨーグルトなどを飲んだ後に出てくるものです。

誰でも経験があると思いますが、カルピスなどを飲んだ後に口の中に少しだけ残ることってありますよね?
そのカルピスを痰と誤解して、吐き出してびっくりすることがあります。
これはカルピスや好きだったり、牛乳や飲むヨーグルトを習慣的に飲んでいる人に良くあることです。

日常的に飲んでいるから、どのタイミングで出てきた痰でもカルピスや牛乳の可能性がありますよね?
ですので、3日間くらいカルピスや牛乳などを飲むのを辞めてみてください。
それでも白い痰らしきものが出るようであれば、鼻やのどの異常ですね。

病院へ行く前に、自分で確認できるところは確認しておきましょう。

白い痰の正体は鼻水の可能性がある

白い痰の正体は、鼻水の可能性があります。
鼻とのどは体の中でつながっているので、鼻水が喉の奥に流れてきているのです。

こんなことになったら気持ち悪いし、汚いと思いますよね?
でも、健康な人でも毎日6リットルは鼻水が喉の奥に流れているといわれています。
鼻の穴から出る鼻水はほんの一部で、ほとんどの鼻水は喉に流れるのです。

健康な人の鼻水はサラサラで透明で、変なにおいもありません。
でも体調を崩していたりすると、鼻水が白くなってネバネバしてきてしまいます。
この鼻水が喉に流れると、嫌なにおいがしたり、喉の奥に張り付いたりしてイライラしてしまうのです。

この症状を後鼻漏といいます。
後鼻漏で悩んでいる人のほとんどが、起きているときも寝ているときもこの症状に悩んでいるのでストレスは
かなりのもの。

私も8年間、後鼻漏で悩んだのでとてもつらい毎日でした。
朝起きたら、まず喉の奥にたまっている鼻水を吐き出して、痰を意識的に吐いて、歯磨きをして口の中に残って
いる鼻水をかき出すのです。

それが終わると顔を洗ったことで、鼻が刺激されて鼻水が大量に出ます。
かんでもかんでもとまらないから、時間をかなりかけてかむことに。
朝の5分10分のロスはつらいのに、鼻水を出したり、痰を出したりするためにかなりの時間を割くのです。

朝から慌ててしまうし、起きた瞬間から後鼻漏の症状のことを考えないといけません。
ちょっと大げさだけど、生きるのに疲れてしまうような感じでした。
休みの日でも仕事がある日でも関係なく、鼻水と痰がひどいから1日中ずっと不快なのです。

後鼻漏の症状を治すのによかったなた豆茶

後鼻漏で悩んでいる人が多いのは、まだ具体的な治療法が見つかっていないから。
今は痰を柔らかくする薬で痰が絡むのを抑えて、症状をごまかしているだけです。

でもこれだけでは治らないから、薬で症状を抑えている間に鼻の奥の副鼻腔にどんどん鼻水がたまって
しまう可能性も。これでは、治らないどころか悪化してしまいます。
そこで私は、知り合いの薬剤師に効いてなた豆茶を試してみることに。

薬で治らないのなら、薬じゃない方法のほうがいいと思ったからです。
結果的に読みが当たって、後鼻漏は完治しました。

最初はスーパーで売っている1箱500円しないくらいの激安品を飲んでいました。
でも2~3年続けても効果がなかったので、思い切って高級品を試してみることに。

1袋3,000円代のなた豆協会が認定している「薩摩 なた豆爽風茶」というお茶にしたら、2週間くらいで
鼻水のかたまりがドバーっと出てきて、そこから1か月間かけて症状が良くなっていきました。
時間は少しかかったけど、1か月間のうちにどんどん症状が軽くなるから気分的に楽でしたよ。

なたまめ茶にはカナバニンという排膿作用と抗炎症作用が期待できる成分、コンカナバリンAという抗腫瘍
作用が期待できる成分が含まれています。そのうえで体の中のいらない水分を尿にするはたらきがある腎臓
を活性化が期待できるウレアーゼという成分も含まれているのです。

ここまで後鼻漏や痰の異変に効果が期待できる成分が含まれているうえに、基本的な健康にもいい成分が
含まれています。

体に老廃物がたまる原因になる便秘を解消する成分

後鼻漏や痰の異変は、体に老廃物がたまりやすくなっていることで起こります。
体に老廃物がたまりやすくなっているのは、便秘が原因です。

便には体の中の毒素が80%くらい含まれています。
便秘は80%以上の毒素を出せていない状態なので、健康にとても悪いです。
鼻水や痰などの老廃物が出にくい体質になっても、おかしくないですよね?

なた豆茶には食物繊維とミネラルが豊富に含まれているから、便秘解消効果も期待できます。

有酸素運動をして痰を出しやすくしよう

白い痰が出ているということは、それだけ老廃物がたまっているということです。
しかし痰が出ているということは、老廃物が出やすいタイミングということでもあります。

このタイミングを逃さないように、有酸素運動をして深く呼吸して痰をさらに出しましょう。
喉の奥に痰が絡んでいるときに本格的なスポーツをすると、呼吸が苦しくなって大変ですが、軽い有酸素
運動なら気軽にできますよね。

例えばいつもの駅よりも一駅前で降りて、毎日歩くとか。テレビを見ている間、ストレッチをするとか。
バランスボールに乗りながら部屋で過ごすなどしてください。
これだけでも自然と筋肉を使って自然と呼吸が深くなるから、痰を出しやすくなります。

なた豆茶を飲むだけよりもこうした対策をいくつか同時進行でやっていくと、効果が出やすいですよ。
効き目がある対策は人によってちがうので、どれが効いているのか確認しながら行うといいと思います。

また、もし白い痰が緑や黄色に変色したら、かなり鼻水が副鼻腔にたまっていた証拠です。
治療には時間がかかるかもしれません。