痰が切れないで喉の奥にずっとある場合の対処法は?

痰が切れないときは気になるし、仕事が忙しかったり、大切な用があるときは困りますよね?
「痰が大量に喉の詰まっていてとれない」「痰が少しだけ喉に絡む」など人によって症状はさまざま。

でも、痰が切れないときの対処法はどんな人でも同じです。
私も後鼻漏で悩んでいた時によく痰が切れないで、苦しい思いをしていました。

痰を切るためには、ちょっとしたコツがあります。
これを守らないと喉を傷めることになるので、ここで私と一緒に勉強していきましょう。

痰を切る正しい方法まとめ

痰は肺や気道などから分泌される粘液で、細菌が肺や気道に入ってくると痰の量が増えて口から吐き出さ
ないといけなくなります。

また、後鼻漏という症状で鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水が喉の奥に流れてくることもあります。
後鼻漏で悩んでいる人は鼻水が食道や気道につっかえて息がしづらくなったり、つばを飲み込みにくくなります。
こうなると、日常生活を送りづらくなるから大変です。

正しい痰の切り方を知って、息苦しさから解放されましょう!
正しい痰の切り方について、調べてみるとかんたんにできるものばかりでした。

いろんな人の体験談に書いてあったのは主に2つで「温かい飲み物を飲むこと」「上半身を腰から折る姿勢に
なること」。前者は温かい飲み物で痰に水分を与えて、喉の働きを良くして自然に流れるようにします。
後者は気道や食道の向きを逆にして物理的に、口から出やすくするのです。

喉を思いっきり占めて、意識的に咳をして出す方法だと喉を傷めてしまいます。
喉の粘膜の毛細血管を傷つけることになるから、やめておきましょう。
私は外出中は温かい飲み物、家では上半身を折る方法がいいと思います。

痰の塊は飲み込むと大変なことになる

痰の正しい切れ方を説明しましたが、痰が切れた後は飲み込まないようにしましょう。
とくに気道や食道にたまっている痰が大量にある場合は、飲み込むと危険です。

ある男性の体験談には、「喉の奥の方に喉をふさいでいる痰の塊がずっとあった。これのせいで息がしづら
かったんだけど、温かい飲みものでとれるらしい。さっそくやってみたら今度は食道の途中で詰まってしまった
みたいで息苦しさが続いてる。また温かい飲み物を飲んでるけど、今度はなかなかとれない」と書かれていました。

温かい飲み物で痰を流し込んでしまうと、喉から肛門までのどこでまた痰がつまるかわかりません。
痰なんてかんたんに消化できそうですが、意外とそうでもないので胃もたれを起こす原因になった人もいます。
ある女性の体験談には、こんなことが書かれていました。

「痰を切るために温かい飲み物だけを飲むようにしていたら、ある日仕事中に大きい痰が喉の奥からこみ上げて
きた。もうすく取引先がくる時間だったからトイレに行こうと思えば行けたけど、「まぁいいか」と思って、
飲み込んでしまった。そしたらその日の夜に激しい胃痛が来て、丸1日食べたものを吐いてしまった」

痰は、肺からの分泌物や鼻水が喉の奥から降りてきたものです。
体にとって老廃物だから、飲み込むと胃痛や胃もたれ、便秘、下痢になってしまう可能性があります。

ほかにも、後鼻漏でドロドロの痰の塊が出てきたけど、電車に乗ってたから飲み込んでしまった人の体験談に
「飲み込んだ日の翌朝に緑色の米粒大のドロドロした塊がたくさんあるゲロを吐いた」と書かれていました。
この緑色の米粒大のかたまりは鼻水です。

副鼻腔にずっとたまっていて透明から緑に変色して、ドロドロになった鼻水をたくさん含んでいる痰を飲み
込んでしまったせいで、胃もたれを起こして結局吐くことになったのです。
忙しいときや急いでいるときはしょうがありませんが、痰を吐こうと思えば吐けるときは吐いてしまいましょう。

ティッシュをつねにポケットに入れておけば、いつでも吐き出すことができますよ。
ただ、痰の塊が大きいときは紙コップくらいの大きさの容器が必要です。
エチケット袋を持ち歩いておくと、安心だと思います。

後鼻漏の痰に去痰剤は効果があるのか

後鼻漏の痰は痰ではなく、鼻水です。
病院で処方される単の薬、去痰剤は効果があるのか疑問に思う人もいると思います。

でも私は後鼻漏で悩んでいた8年間、いろいろな病院で去痰剤のムコダインを処方してもらって効果があり
ました。痰を柔らかくして切りやすくする薬なので、ムコダインを飲んでいると痰が絡んでも少しだけなのです。
飲まないときは息苦しくなるくらいに痰が絡むし、喉に幕を張っているようになります。

これがなくなるので快適でしたが、飲んでいるときしか効果がありませんでした。
飲まなくなると、また痰が絡んで呼吸がしづらいのです。「このまま一生去痰剤を飲む人生は嫌だな」と思い、
いろいろ方法を調べていたら知り合いからいいものを紹介されました。

痰を切る薬よりも私に効果があったもの

病院で処方される去痰剤は痰を柔らかくして、切りやすくしてくれます。
とても呼吸が楽になるのですが、もっといいものがありました。

それはなた豆茶です。

鹿児島県産のなた豆を使ったお茶で、火山灰が降り注いだシラス台地で育っているから、ミネラルが豊富。
カナバニンという成分に排膿作用と抗炎症作用が、コンカナバリンAという成分に抗腫瘍作用があります。
さらにウレアーゼという成分に腎機能活性化の効果が期待できます。

なた豆茶を実際に飲んでみて、私が思ったのは抗炎症作用の効果が大きかったと思います。
痰は副鼻腔炎や肺、気道などに病原菌が侵入して炎症を起こすことで、出てしまいます。
ですので、炎症を抑えないと痰が出続けてしまうのです。

去痰剤は痰を柔らかくする効果はありけど、排膿作用もないし抗炎症作用もありません。
この2つの効果が期待出来て、しかもほかの効果も出るかもしれないのはうれしいですよね。
ほうじ茶のような味と香りで飲んでいるとほっとできるし、薬を飲んでいるときよりも精神的に楽です。

痰が原因で胃痛がひどいとき

痰が出すぎていることが原因で、胃痛になってしまう人がいます。
こういう場合はできるだけ安静にして、無理をして食事をしないようにしましょう。

痰が原因の胃痛だから、胃自体に炎症が起こっているわけではありません。
でも、胃に負担がかかっていることにはかわらないので、無理して食事をすると吐いてしまう可能性が。
ですので、にゅうめんやうどん、おかゆなどの消化にいいものを食べてください。

またりんごやバナナ、みかんなどの生の果物は食べ物を消化するときに必要な酵素をたくさん含んでいます。
胃に負担がかかっているときは酵素を多くとったほうがいいので、果物を意識的にとりましょう。
果物も食べる気にならないときは、スムージーにすれば食べやすくなります。

スムージーを作る気力がない場合は、グレープフルーツなどの水分量が多いものを選びましょう。
既製品のスムージーは加工されてからしばらくたっているから、酵素が減ってしまっています。
生の果物で切ったばかりのものがベストなのです。

痰を気にしないのもひとつの方法

痰は気にしはじめるとどんどん気になってきて、ちょっとつばがたまっているだけで「痰かもしれない」
と神経質になってしまう人もいます。

でもこれだと、ストレスがたまってしまいますよね?
ストレスがたまると人は肩に力が入ってしまうから、首周りの血行が悪くなって余計に喉の調子が悪くなります。
ですので、ストレッチをして肩こりを解消してください。

暇なときに大きく伸びをしたり、軽い運動をするだけで肩こりは解消します。
痰を気にしすぎないこと、肩こりをこまめに解消することで喉の奥の調子で切れない状態の痰も改善しやすく
なります。

何もしないで気にしないようにするのは難しいですから、いろいろ対策をして「これだけしてるから大丈夫」と
思えるようにしましょう。