痰が喉の奥に絡んで息苦しいときはどうすればいい?

痰が出ていて息苦しいときは、結核や肺がんなど重大な病気になっている可能性があります。
こうした場合はすぐに病院で治療をしてもらえるので、完治する可能性が高いです。

結核や肺がんなどの命にかかわる病気は研究が進んでいるから、効果が期待できる治療法があります。
しかし、困るのは命にかかわらない病気になったときです。

痰が息苦しさを感じる症状に後鼻漏というものがあります。
鼻水が喉に流れるだけで命に別条がないから、具体的な治療法がまだないのです。

命に別状がないけどとても苦しい後鼻漏

結核は昔命にかかわる大病だったし、肺がんは今でも命にかかわる病気です。
こうした病気になったら、効果が期待できる薬はあるし、治療法も確立されています。

しかし、後鼻漏には効果的な治療法も薬もありません。

後鼻漏とは慢性副鼻腔炎などで、鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまってしまって発症します。
鼻水は体の中にたまると細菌が繁殖して、悪臭を放ったり、ネバネバになってしまいます。
副鼻腔は8方向に分かれているし、洞窟のように入り組んだ形をしているから、ネバネバの鼻水はなかなか出ません。

でも、健康な人でも鼻水は毎日6リットル喉の奥に流れるから、この仕組みでネバネバの鼻水は少しづつ喉に流れます。
喉に流れないとずっとたまっているから困るのですが、流れてくると口の中がネバネバになってしまいます。
口臭もひどくなるし、喉の奥に痰になった鼻水がつっかえて息苦しくなることも。

おまけに後鼻漏は慢性副鼻腔炎などでいつもよりも多く鼻水が出るようになっているから、鼻づまりも起こっています。

鼻でも息ができない、喉の奥も痰で詰まって息がしづらい、となると息苦しさはかなりのものです。
私は後鼻漏のとき少し走っただけでぜぇぜぇ息切れしてしまうくらいに、呼吸が浅かったです。

しかも、ふつうに呼吸しているだけでヒューヒュー音がなってしまうから、電車の中が静かだったり、劇場で
劇が始まる前にみんながシーンとしているときに自分の呼吸音だけがうるさくて、恥ずかしい思いを何度も
しました。

呼吸が浅いと体力もなくなるから平日は家事と仕事だけでへとへとになっていて、趣味を楽しむ余裕もありません。
週末に気になる映画を観に行きたくても、疲れ切っていていく気力がありませんでした。
毎日やらないといけないことだけをこなしていると体力を使い切ってしまうから、やりたいことができない…。

楽しみがない生活でストレスは限界に来ていました。
ここまで苦しいのに後鼻漏は命に別条がないから医師に心配されることがないし、治療法が見つかっていないのです。

呼吸音がひどいし、息苦しいけど喘息ではない

後鼻漏は呼吸音がひどいし、息苦しいのですが喘息ではありません。
とてもよく似た症状なので、「私、喘息かもしれない」と不安になっている人もいると思います。

喘息の症状は息苦しい、咳込む、呼吸音がする、夜寝ているときに咳が出る、走ったり運動したりすると咳が出るなど。
このような症状は後鼻漏にも起こります。
でも、後鼻漏は痰、鼻づまり、胃もたれ、鼻声などの喘息にはない喉以外の症状があります。

ですので、あなたの症状が喘息か後鼻漏かを判断するときは、鼻の症状があるかどうかで考えてみましょう。
後鼻漏は鼻水を飲み込むから、胃に負担がかかって胃もたれを起こしてしまいます。
喘息では絶対にない症状ですので、胃もたれでも判断しやすいかと思います。

痰が絡んで息ができなくなったときの対処法

痰が喉の奥に絡んで息ができなくなると、誰でもパニックになってしまいます。
こういう時はできるだけ落ち着いて、飲み物を飲みましょう。

痰が絡んで息ができなくなるのは寝ているときが多いです。
寝ているときに痰が絡んで息ができなくなってから、ベッドから起き上がってキッチンへ行って、飲み物を飲む。
こんなことをするのはとても無理ですよね?

私は後鼻漏で痰が絡んで息苦しいことはよくありましたが、息ができなくなることはありませんでした。
ある男性の体験談には、「寝ていると痰が絡んで息が詰まる。どうにか呼吸しようともがきにもがいて、やっと
息ができるころには全身汗だくになっているし、不安で夜眠れない」と書かれていました。

こうなると不眠症になってしまうし、睡眠をとるということ自体に恐怖を感じてしまいますよね?
でも、この場合は寝る前に準備をしていけば大丈夫です。
痰が喉の奥に絡んでいるときは、吐き出すのがいちばんですが息が詰まっているときに出している余裕はありません。

ですので、飲み物で痰を流し込んで呼吸を確保しましょう。
飲み物は体内に吸収しやすいものなら、何でもいいです。

コーヒーや緑茶などはカフェインがあるから、眠れなくなるのが心配です。
ポカリスェット、麦茶、紅茶などのすっきりしていて飲みやすいものがいいですね。
そして、体の水分循環をよくするために厚着をして体が冷えないようにして、部屋を加湿しましょう。

最近は電気を使わない加湿器があるから、飲み物と一緒に用意しておいてください。
また痰を吐き出せるように、マグカップなどを枕元に置いておくといいでしょう。

痰が絡んで息苦しくなる時にしてほしいこと

息苦しくなっているときは、運動をしたりストレッチをするのがつらいものです。
ですので、ツボ押しで喉のはたらきをよくしましょう。

喉に効果が期待できるツボは、足にあります。
膝から足首にかけての中心から、指1本分外側に行ったところに「豊隆」というツボがあります。
実際に触ってみると固く出っ張ってるところがあるので、すぐにわかると思います。

この豊隆を10秒強めに押して10秒離して10秒押すというのを、繰り返してください。

豊隆は痰を切るツボなので、ここを毎日刺激していれば、痰が切れやすくなるかもしれません。

ツボ押しだけでは信用できない人はなた豆茶を

ツボ押しだけでは効果がいまいち信用できない場合は、なた豆茶を飲みましょう。
なた豆茶を飲むことで、痰が切れやすくなりますよ。

なたまめ茶には排膿作用という効果があります。
体の中の膿を排出する作用なのですが、鼻水や痰なども膿の仲間です。
ですので、なた豆茶を飲めば痰が排出されやすい体質になることができます。

そして、抗腫瘍作用もあるから、痰がたまって腫瘍になっている場合でも効果が期待できます。
更に腎機能活性化の作用もあって、体の中のいらない水分を尿に変えるはたらきを後押しする効果が期待できるのです。
体の中にいらない水分がたまってしまうと、いちばんよわっているところに集まってしまいます。

後鼻漏の人は鼻の機能が低下しているから、体中のいらない水分が副鼻腔に集まってしまうのです。
それでどんどん鼻水がたまって、痰になって喉の奥に詰まります。
この循環を断つためには、水分の循環を良くしないといけないのです。

なた豆茶で水分循環を良くしてください。

水分循環のカギを握るのは下半身

水分は血管を通って全身を循環しています。
だから、血行が悪くなりやすいところは水分循環も悪くなりやすいのです。

人の体の中で血行が悪くなりやすいのは、下半身です。
静脈が重力に逆らって流れているし、心臓から遠いので流れが滞りやすいのです。
だから下半身をマッサージして循環を良くすれば、体の水分循環もよくなります。

下半身のマッサージは、足先から足の付け根まで撫で上げるようにするのが基本です。
重力に逆らって流れている静脈の流れを、後押しするのです。
マッサージクリームを両手につけて、足先から付け根まで贅肉を引き上げるようにマッサージしてください。

膝の裏は手をグーにして、グリグリ押すようにマッサージすればセルライトが流れますよ。
私は最初このマッサージをするとかなり痛かったのですが、今はぜんぜん痛くありません。
たまっていた水分やセルライトが流れて、水分循環が良くなったからだと思います。